フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
06 « 2017 / 07 » 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/12/30 Tue  01:37:11» E d i t
 »  
 今年の夏、知り合いのおじさんトコの息子が自ら命を絶った。
 その息子と直接の面識はゼロだったが、年は私よりもちょっと若いくらいだったと知ってショックだった。

 やるせなさが体中に込み上げてきて、脱力感に襲われた。

 直接知らない人なのに、その後しばらくはそれが私の心に引っ掛かりながら心の中で炎症を起こしていた。いや、知り合いのおじさんの宙の一点を見据えたこわばった無表情から伝わってくる憔悴感がヒリヒリと胸を焼いたのかもしれない。
 その時の葬儀に来ていた同い年の友人とその話題について語る機会があった。彼もまた、私と同様に「知らないんだから何もできないのに、何もしてあげられなかった自分」をどこかで責めていた。考えても仕方ない事なのに考えたくもないのに考えてしまう。

 時間は残酷な物で、どの瞬間にも留まる事もできなければ戻ることもできない。先に進むしかないから、いや、進みたくなくても進んでいくからいつしかそんなことを考える事さえも忘れてしまう。人間は・・・私は・・・便利にできている。

 
 何がどうなってそうなったのかなんて、知らないし知りたくもない。ただただ無責任な噂話は野放図に数滴、どこかで垂れ流された後に勢いを増し、激流のように周囲を駆け巡ってあっという間に流れ去った。



 いろいろ考えた。
 自分の生き方でさえ疑問符つきまくりなのに、考えたって答えなんて出て来ない。何を考えているのかさえも分からなくなる。元来、そういう質面倒臭いものを忌避する私でも、不本意ながら考えずにはいられなかった。
 いろいろ考えた末に、自分の生き方の方向性くらいはハッキリ思い出してきた。子供の頃からそれはなんも変わんない。
  

 強く、やさしくなりてぇ・・・。それが答えだ。


 強いっていうのは、柔らかくて折れない心。踏まれたらその分したたかに根を深く張って捲土重来を期す力。しぶとさ。
 やさしくというのは、正面から物事を見据える目。物事を複眼的、立体的に捉える推察力に基づいて駄目な物を突き放す冷たさと真剣さを受け止める温かさを兼ね備える事。信じて待つこと。
 
 
 私は、せっかく生きてるんだから、時代とか景気とか世相とかの影響を受けずにいることは不可能だとしてもそういうものに左右されずに、自分がやりたいと思っていて、できると信じていることを、その時できる順番に、できる範囲でこなして行きたい。
 

 そりゃ、思うとおりになんて行かないことばっかりだ。
 ホント、イヤになる。
 自分の力量不足も腹立たしいから時には落ち込めば良い。でもそればっかり責めてたら自分が辛くなるから、何が足りないか分かったら今度はそこを強化してけばいいや。遠回りになるけど、それが目標への最短距離だし。人生かけて成長するなら遠回りくらいでちょうど良い。
 
 もっと自分を信じて、自分の成長を待って。

 それ以上は、「タイミングが悪かった」とか「時期尚早だった」とかどっかに責任転嫁しときゃ良い。
 背負って歩けなくなるくらいの荷物なら、誰かと分ければ良いんだし、誰ももらってくれなきゃ自分がいくら宝物だと思っててもそれはゴミなんだから処分してしまえばいい。 

 どんなにツライとぼやいて待ってもウルトラマンは助けに来てくれないし、どうやら笠をかぶせてあげても地蔵さんが恩返しにも来てくれないらしい。
 救われない、報われないよ。
 一生懸命やれば報われるって教えられてきたのに、やって来た事が報われない結果だってある。いや、世の中のほとんどの出来事がそれだ。成就しない祈願ばっかりだ。

 でもなんだよ。それくらい。
 だったら、求められた時に助けに行ける自分になればいいだろ。恩返しできる自分になればいいだろ。人の思いに報いることのできる人間になればいいだろ。

 私は私の人生を生きれば良い。
 



 しかし。
 私は、たまたまそう思えるだけの「人の輪」と「運」に恵まれただけのことだ。 
 実生活でもネットでも私の周りには明るくて前向きで、ひたむきで勇気ある人たちが多いから、思わず自分もそれにつられて今、それなりに強さとやさしさに向き合うことができている。その循環がみんなの気持ちを強くする。
 本当にありがたい。


 誰かに肯定されたい━━━。

 弱い自分が「強くなりたくて、やさしくなりたくて」虚勢を張っている。
 でもきっと、本当は誰もがそうなんだ。だから、私は敢えて言おう。
 虚勢だと自ら知って、何を恥じる事があろうか。カラ元気も元気だ!


 
 命は循環する。 
 こうして何かのきっかけがあって誰かの気持ちの中で何かが起こって、それが文章となってまた誰かの心に届く。それが波を起こして次の命に波紋を伝える。

 
 何かのきっかけでこの文章を読んだあなた。
 私と一緒に考えてくれませんか?自分の大切さを。
   
スポンサーサイト

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
楽しくやっていきます!今年もよろしく!
 弱いんですよね。人間って。
 だから、強くなれるんですよね。

 弱ささらけ出して強くなろうとして、弱かった自分を忘れてハマって、また最初の気持ち思い出して。

 その繰り返しで(笑)。
 成長してるの?って問うけど、別に成長なんてしてなくても良いや。成長するために何かしてるんじゃなくて、何かしてたらそのうち良くなってくだろ?的な感じで良い。自分は自分に「自分って何さ?」って問い続けながら小さな答え見つけて行けば良いような気がしてます。その積み重ねをブログで書いてるワケで。

 いつもありがとうございます。
 今年もよろしくお願いします!
 
2009/01/06 Tue 19:20:07
URL | フクフク丸:to ひまわり 様 #oKAhFFW. Edit 
道を往く者
 年末年始を挟んだということ以上にバタバタと気ぜわしい日々で、返事が遅れましてすみません。

 目指すところがあって歩き出すんですけど、多くの人たちは忘れてしまう。あるいは、道のりが遠すぎて辿り着けないという自分自身の気持ちにブレーキ掛けられてそこで立ち止まってしまったり。それで、結果出した人たちを眺めて立ち止まってる自分と比較しては「俺もああなりたかったよ」「そうなってみてぇもんだ」とため息ついて。 
 「自分はダメだな」って。

 多分、これ伝わる人とそうじゃない人がいると思うんですけど、本当はさ、これで良いんだよね。きっと。だってさ、俺らだって立ち止まるもん。一生懸命なはずなのに追い越されて悔しい思いして立ち尽くしたり「俺ダメだぁ~(by内藤大介)」って思うこともあるもん。
 俺ら、みんなどっかにゴールがあって競争だと思ってるからそういう卑屈な気持ちが生まれるんですよね。きっと。
 
 人生に目指すところはあったとしても、漠然とした「強くなりてぇ、やさしくなりてぇ」にゴールはないもんね。「そうあり続けること」でしかそれに辿り着かないもん。だから、休んでも転んでも立ち上がって歩き出す。
 誰かにそういう自分の姿をそう思われてればそれはすごい幸せなことだし、思われてないならそれはそれで仕方ない。
 自分が思う「強い、やさしい」を実行して、実行できた自分を褒めたいですよ。 
 その点に関してはストイックすぎない自分の性格が大好きです(笑)!すぐ「いや、俺すげー!」「俺、天才♪」ってやってる。
 
 そうあり続けることでしか、自分ができていかないのであれば、そうあり続ければ良い。
 僕の後に道ができる!迷わず行こう!
2009/01/06 Tue 07:08:37
URL | フクフク丸:to きすけ 殿 #- Edit 
Re: 運命
> 何度か死にそこなってるので死にたい気持ちは良く解る
> 魔法がかかったように、死ななきゃって思う
>誰が周りにいようが、全く関係ない。
> 周りは、何もしてあげられなかったとか思いますが、それは思い上がりもいいとこなんですよ。
> してあげられるわけないんです。
> 一切、見えないのですから。

 
 返事が大変遅くなりました。年末に身の回りで「命」を感じる事件が立て続けに起こりました。忙しいのは仕事ばかりではなかったので、なかなかコメントも書けずにいました。
 そうですね。「死にたいなんて思ったこともねぇよ」って言ってる人はよっぽど恵まれた環境で育ってきたのか、あるいは虚勢でしょうね。
 多かれ少なかれ思ったり、口走ったりしたことあると思います。

> その魔法にかかる前に、日々自分を変えていくしかないのだと思う。
> それは、夢中になるものがあるから。
>いつ再び魔法がかかるかわからないけど、自分で変えるしかないんですね。
> 環境も大事なんですが、その環境を見つけるのも自分なんです。


 「環境の中の一員」というキーワードはすごく重要だと思います。自分が楽しめる環境は向こうで用意してくれている事は滅多にありません。誠意を尽くして精一杯やっても届かないことだってあります。

> 極論で言うと「一人で生きていける力」を付けるって事が大切なのでは。
> 生まれる時も死ぬ時も一人なんだから、くらいに思っていられる人間でいたい。


 「環境」が無条件で自分を受け入れてくれるのはきっと自分が子供の頃だけ。それでもその「環境」の中には不文律が存在していて、その「律」に従うように子供も教育されます。「良い子にしていないと鬼が来るよ」「勉強しない子はどうなっても知らないよ」「~しないと、~だよ」という単純で最もあざとい形でそれは隅々から滲み出てきます。
 大人になってくると「環境」を作って行く方に回ります。
 その時に、やはり仰られるように「最悪の場合、環境を見限る事ができる=一人で生きていける力=誰かに何かをあてにされるだけの力量」は絶対に必要だと思います。別に孤独や孤高という言葉に縛られる必要はないですよね。。環境というか集団なんて「前進するために力を合わせる集団」もあれば「ただ同じようなのが集まってもたれ合ってる集団」もあるでしょうし、見渡せばどこにでもあるのですから、例えばAという団体で上手く行かないのであればBという団体で上手く行けるような自分であれば良いんですよね。 
 
 ひとつのことに雁字搦めに縛られる自分じゃなければ良いんだと思います。
 私に取ってはそれが「一人で生きる力」の解釈になります。
 言葉通りの「一人で生きる=孤独」というよりも「自分が生きる」みたいなニュアンスですね。自分も生きて自分が所属する環境も輝けば最良みたいな感じです。

> そうすれば淋しさも感じ無いので、死にたい魔法がかからない。

 v-218死にたい魔法の種は「淋しさ」なんですよね。「淋しくない自分」に出会う事ができて本当に良かったですよね。笑ってても、泣いてても、怒ってても、憤慨してても、それは周りに誰かがいるからできることで。これが「生きてるってこと」で間違いないです。
2009/01/06 Tue 06:47:51
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #- Edit 
明けましておめでとう!!
フクちゃん今年もどうぞ宜しくお願い致します。

心の中で うんうん  と頷きました。
不思議と感じる部分であたり前なんだけど、人間同士なんだなあ。と感じました。

素敵な文章を、今年も楽しみにしています♪v-221
2009/01/02 Fri 12:18:26
URL | ひまわり #- Edit 
ガツンときましたよ。すごく。
強く、優しくありたい。
俺も小ちゃい頃から望んで来た事はそれだった。
今、自分がそうなれてるのか自信は無いけど、改めて丸殿を見習って「命」そして「自分自身」を見失わない様来年も頑張ろうと思わせてくれる文章でした。

丸殿ありがとう。
良いお年を。
2008/12/31 Wed 00:45:10
URL | きすけ #UBxiBZH2 Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/30 Tue 13:12:20
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/979-e2eec6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。