フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
10 « 2017 / 11 » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/12/25 Thu  05:45:44» E d i t
 » 拳闘スピリット 
内藤が4度目の防衛-WBCフライ級 →スポーツナビ「

内藤、4度目の防衛=山口にTKO勝ち-WBCフライ級



 最初に書くが勝利者インタビューで「いやぁ~、ダメだ俺」と言った内藤の言葉は山口に対して失礼だと思う。

 内藤が「己の敵は己である」というレベルにまで到達しているのは分かる。不人気競技の地味な王者が世界14位の話題選手・亀田弟と戦うという世間の注目の中でリスクを冒して勝ち取った人気は、内藤本人の類稀なる「いいひと」キャラが追い風となって私が亀田弟戦の後で予想したような「三ヶ月も経てばみんな忘れている」どころか、一年を経た今でもあれだけテレビ出演をこなしている状態にまで化けた。
 その中で内容は不服だとは言え、あのポンサックレックと引き分けて、さらにヒヤヒヤするような逆転劇で日本王者・清水の挑戦を退けてきた。
 テレビ出演のごくフツーの田舎者の内藤大介と、リング上の結果との相乗効果で内藤のボクシングには客が来るようになった。

 完全に相手を研究しているくせに試合前に「俺が楽しんでボクシングする」としか言わないのは駆け引きの上手さだろう。完全なシュミレーションをして、その通りに体が動くように徹底してカラダを鍛えぬく。与えられた環境と時間制約の中で不足でも超過でもなくイメージどおりの動きが出来るポイントに照準を絞って準備を万端にすることは、トレーナーと内藤の阿吽の呼吸が生み出す「内藤大介の凄まじさ」の原点だろう。臆病だから準備は万端にする。臆病だから強くなれる。

 内藤の物語は「臆病が生み出す勇気」の物語だ。

その「理想の内藤大介のボクシング」に上手い具合に到達できなかったから、冒頭の言葉が出て来る。

 「いや~、ダメだぁ俺。」「俺ってセンスないなぁ」
 これがまた、何ともいえない田舎くさいしゃべりで、見てる方もなんだか和んでしまう。
 あぁ、そうなのかいそうなのかい。お疲れ様だったねぇ・・・と茶のひとつでも差し出したくなってしまう不思議な魅力がある。

 トップアスリートだけが浸れる世界。己の敵が己の作ったイメージだという世界。
 しかし、理想のボクシングに到達できなくてもボクシングの試合(に限らず、競技と呼ばれるもの)は相手があってこそのもののはず。己のイメージと戦った内藤はごく自然にその言葉を口にしたが、多くのファンは「?」と感じたはずだ。
 仮に内藤のイメージを突き破って前進を続けた山口への賛辞が最初に出てきたら、この試合はもっともっと締まったはずだ・・・と、私は思う。

 ただ、これはごくごく一般の「勝負の世界」に生きていない私の戯言で、内藤がインタビューの途中でサラッと言ったように「や~っぱ結果が全てなんで」の世界では、勝者が敗者に言葉を掛けるとすべてが上から目線で侮辱してるように思われることだってあるのだろう。
 
 
 さて試合だが、1ラウンドから火の出るような打撃戦。
 内藤はトリッキーなパンチ。山口もカウンター狙いとか言ってたくせに前に出て打ち合う。

 それにしても内藤のボクシングは「あしたのジョー」で「ボクシングの基本はジャブ。左わきの下からひじをはなさぬ心がまえでやや内角をねらい えぐり込むようにして打つべし」「左ジャブで相手の体勢を崩し、突破口を見出せば すかさず右ストレートを打つべし。これ、拳闘の攻撃における基本なり」と基本教育を受けてきた私から見れば異質も異質。
 両脇開きまくりでテレフォンパンチ(モーションの大きなパンチ)振り回して、顔面守らずに全身でフェイントかけて相手のリズムを崩して自分のペースに持っていく「変則ボクシング」はすごくインパクトのあるインサイドワークだ。
 インパクトがあればこそ、研究されると虚を突かれてしまう。
 山口陣営(TBSは何度も何度も「渡嘉敷陣営」と呼んでいたが、それは選手に対してちょっと失礼なんじゃないだろうか?)は内藤のトリッキーな動きを封じる為に徹底的に変則ファイトを研究して、内藤の踏み込み際に爆弾をセットするようなカウンターと、動きを止めた後仕留める為の連打を準備してきた様子。
 
 その準備してきた持ち玉をお互いが全て使い尽くすような試合が「噛み合う試合」と表現するのであれば、この試合はまさに歴史に残るほど噛み合う試合だったと思う。
 お互いの持ち玉をぶつけ合って、最後の最後までお互いが逃げずに前に出て打って打たれて、殴って殴り返されて・・・ボクシングというより高度な殴り合い。まさに「拳闘」。殴り倒す!それだけのシンプルで崇高な試合。カラダを超えて、魂がぶつかり合い、その振動が見ているものの魂をも揺さぶりかける!

 面白い試合だった。凄い試合だった。手に汗握って見てた。声出して応援してた。
 山口選手、ありがとうございました。内藤選手、ありがとうございました。

 こういう試合を専門誌だけじゃなくて、もっともっと、もっともっとニュースやワイドショー、新聞、週刊誌は取り上げてほしいものだ。「話題になれば何でも良い」みたいな下世話な世界とスポーツを無理矢理くっつけて根掘り葉掘り詮索して記事をつなげることを夢見たはずじゃなかっただろ?こんな素晴らしい試合=上質の素材を料理して番組や記事を作るような気概や信念を見せてもらいたいものだ。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よかった!
 今年も熱い議論を出来てとても感謝しています!
 お互い、いろいろと忙しくなってしまい、思うようには書いたりやり取りしたりできなくなってきてはいますが、やっぱり野神氏と私は「噛み合う」と思います!ありがとうございます!!

 スポーツは神聖なものじゃなくても別に構わないし、お茶の間に届きやすいイメージのキャラが出しゃばってもそのスポーツ全体に客を寄せてくれるのであればそれはそれで美味しく利用できれば、それに越した事はないと思います。プロは見てもらってナンボの世界ですから、キッカケ作りは大切。

 ただ、番組制作でも最近はやっと少し気をつけて報道するようになりましたけれども、「ちゃんと練習しているところ」「真剣に取り組んでいるところ」をもっともっとやらないと、今までみたく罵り合いみたいなインタビューとかそれまでの会見のまとめみたいなのばっかりじゃ一般層に「ハードな訓練・研鑽をして、選ばれた者のみがそのリングに立てる」という一番大事な部分が伝わらずにいたと思うんです。

 内藤が王者になってTBSの年間視聴率トップ3を独占したんですよね。内藤の試合の前に、何百段の階段をダッシュで何十回往復するとか、スパーリングはこうだとか、こんな練習をやって来たという風なビデオをちょこっとやるんですよ。
 どんな競技でもそうですけど、一朝一夕でトップレベルと言うフィールドに立てるわけではないし、没頭してるから世間一般とは考え方がズレちゃう人だって突発的に出現します。オグシオみたいにルックスを兼ね備えた人だって中にはいるでしょう。そんなタレント性ばかりをクローズアップしてしまうとその人の努力が影に隠れてしまって、そうなると一番肝心な部分が全く届かなくなってしまうんですよね。

 まったく最近じゃ世間もテレビゲームの感覚でスポーツを「見下して」見るものですから、選手へのリスペクトとかよりも楽しさ優先ですよね。でも、やっぱりテレビに出るほどのレベルの競技者は我々一般ピープルからすれば「憧れ」すなわち「見上げる」存在ですよ。

 スポーツだけに限らず、ちゃんとリスペクトが生まれる社会にするにはマスコミが下世話な世間話に迎合しないで、敬うべきものは敬うという流れをちゃんと考えて番組を作って行くべきでしょうね。なんだかんだ言ってもテレビの影響力はあまりにも絶大なのですから。
2008/12/31 Wed 09:01:12
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
残念ながら・・・
>「話題になれば何でも良い」みたいな下世話な世界とスポーツを無理矢理くっつけて根掘り葉掘り詮索して記事をつなげることを夢見たはずじゃなかっただろ?

これが今の”スポーツマスコミ”の現実なんですよね(悲) 今、その煽りをNOAHが受けそうになっているんでです!(泣)

もはや、今のマスコミは、どんな手段を使ってでも”スポーツ”を一般層に伝えられて”視聴率”につながればそれでいい、という腹積もりなんだと思います。

”格闘技ブーム”が事実上下火になった今、もはやそれまで”娯楽スポーツ”としてはみなされなかったスポーツの中から無理やり”スター”を作り出して、それをメディアが大々的に煽り立てる事によって世間の注目を集める、という暴挙に出てしまい、そして世間がいつもの事ながらそれにまんまと騙されている、というのが今の”スポーツマスコミ”の現状なのだと思います。だから、内藤にしたって結局”亀田潰し”をやってのけたから今の”人気”と”名声”がある訳で、実際はそれ以上の”実力”、”資質”があるとしても今の”スポーツマスコミ”としてはそんなものはあまり重要視していないのだと思います。「1に”視聴率”。2に”内容”。」なんです(呆)

今回の内藤VS山口の試合は本当に”いい試合”だったと思います。お互いが最後まで”リズム”を崩さす、テンポのいい攻防だったと思います。でも、そういった部分は本当の”ボクシングファン”もしくは”格闘技ファン”に任せておけばいいのであって、”一般層”にはそれじゃ伝わらないから「いやぁ~、ダメだ俺」といったセリフだけをクローズアップして”視聴率”へと持っていこうとしているだけなのでしょう。

これじゃ、今の”スポーツマスコミ”は、スポーツをろくに知りもしない人達を”話題性”で騙してるだけの”詐欺”でしかなくなっているように思います。内藤以外にも素晴らしいボクサーあまたいるはずなのに、おそらく多くの人は亀田兄弟と内藤ぐらいしか知らないと思います(悲) ”他のスポーツ”にしたって、本来ならば”○○選手”と呼ばなきゃいけないのに、今ではゴルフの石川遼選手の事を「遼君」と呼んだり、卓球の福原愛選手の事を「愛ちゃん」と呼んだり、フィギアスケートの浅田真央選手の事を「真央ちゃん」と呼んだり・・・これじゃまるで”タレント”じゃないですか(呆) 確かに”視聴者”には伝わりやすいけど、これが”スポーツメディア”を駄目にしている要因でもあると思います。

しかし、このような形で、これまで”娯楽スポーツ”としては扱われなかったスポーツがたちまち”茶の間”に注目されるようになったのと裏腹に、今プロレス団体”NOAH”は”地上波放送打ち切り”の瀬戸際に立たされているんです(涙)

やっぱり、”スポーツ”は”話題性”もいいけど、もっと”内容”を大事にするべきだと思います。
2008/12/30 Tue 18:56:05
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
できました!
 コメント入るようになってよかったです!
 改めまして、よろしくお願い致します。

 いじめられっこは臆病です。頭ごなしに存在を否定されて、自分を肯定できなくなってしまうんですよ。だから、自分が輝ける場所・輝かせてくれる人・輝ける時を見つけたときには抑圧されたパワーが全開になり、それを推進力として爆発的に飛躍します。
 良くも悪くも。
 内藤は世間一般に善とされる方向性で飛躍したのでしょうね。そして彼がボクシングやテレビ番組を通じて送り続けるメッセージは「あきらめんな!」ということなのでしょう。

 
 >寒い写真
 一面、粉砂糖を振ったような景色になる日は・・・マイナス7℃以下です。
 寒いよぉ~。
2008/12/27 Sat 06:06:08
URL | フクフク丸:to 風鈴 様 #oKAhFFW. Edit 
渡嘉敷
 トカちゃんと親しまれるキャラクターでたけしに可愛がられ、引退後のボクサーとしてはかなり良いステータスだと思います。世界チャンピオンクラスといえども引退後は大概、解説者になるか全く別の世界に飛び込むかですから。

 山口は渡嘉敷ジムのボクサーなのです。
 で、渡嘉敷会長と内藤の宮田会長が舌戦を繰り広げてみたりと、試合前に微妙な盛り上がりはあったのですよ。
2008/12/27 Sat 05:55:38
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
できるかな?
内藤選手 私ファンなんですよ
試合は見てませんがテレビのワイドショー?
お母様と出演されてて・・・
小さい頃はいじめられっこだったとか
有名になられてもお人柄が変わらず
素朴でいいですよね
あのお母様あっての内藤君みたいです^^

↓のお写真いいですね
シャキッと輝いていて でも何故か砂糖菓子みたいに甘く感じられるんです
言葉もとても素敵詩人さんですね^^
>すべて一瞬で時を止めた放熱の瞬間
>生まれ出でし大地に触れる事さえ叶わなかった
>老葉を包んだのは希望という光の乱反射
自然の摂理は果てなく神秘的です☆
2008/12/25 Thu 18:53:03
URL | 風鈴 #drF/yX6o Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/25 Thu 12:30:04
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/974-7d2500f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前記事の「激動の2008年(芸能編:下半期?)」の方でも触れましたが、日本テレビが放送55年目にして”プロレス放送”を打ち切る事を検討...
2008/12/30(火) 18:57:30 | コラム・de・ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。