フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/12/11 Thu  17:51:26» E d i t
 朝、ほとんどの場合、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めます。
 しかも良い塩梅に2~3分前がほとんどです。
 毎朝のことながら、何が凄いのか良く分からないけれど、モヤモヤと寝起きが悪いよりもスパッと目覚める方が偉そうなのでひとりでこっそりと勝ち誇って目覚まし時計に仕事をさせなかった私を自ら褒め称えます。
 
 私一人が突出して早起きで仕事に出るので、どちらかと言えば目覚ましが鳴る前に目覚めると家族に迷惑も掛からないのでベターです。

 さて、そんな根拠無き密やかな自慢を打ち砕くような説が・・・

→yahoo!ニュース「朝、時計が鳴る前に目が覚める」 働き盛りに多い「過緊張」ほっておくと危ない

 要約します。


 朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めるのば自慢してる人いるっしょ?
 それって、自慢どころかやばっちいかもしんねぇぞ。「仕事にいかねばなんね」って過度の緊張がその現象ば引き起こしてっから、それが続けばストレス溜まってきて「病気」とまではいがねくても「健康」ではねぇっちゅう「未病」って状態になるど。
 それだら、やべぇべや。
 



 へ? しかもこの記事、ものすごく断定的に書かれています。
 
 朝、寝起き際がシャキッとしているのは、どちらかと言えば羨ましがられるような性質だと思い込んできましたけれど、いやいや、実際に羨ましがられながらこれまで生きてきましたけれど、これが几帳面な人が陥りやすい未病状態なのだと・・・


 はっはっは。笑わせるぜ!

 
 そりゃまあ、私が早起きしないと色々と困る事が発生するわけですから「キャシャーンがやらねば誰がやる?」みたいな意気込みで朝は起きますよ。それは緊張状態と表現しても何ら差し支えないでしょう。何事にも一生懸命で几帳面、まじめ、頑張りすぎる人と言われて悪い気がする人は少ないでしょう。私は「何事にも」ではないにしてもその性向は強いと自分で思います。

 だがしかし。

 その程度の緊張感や使命感は人生を張りのあるものにすると私は考えています。
 一生懸命にやらずに、何事も達成されるほどの才能を私は持ち合わせてはいないので。
 確か、童話などで幼児期から繰り返し繰り返し刷り込まれる日本人の美徳と呼ばれるもののほとんどは、そういう緊張感や使命感の大切さだったような気がするんですけども?
 だから、運動しようと酒を飲もうと、あるいは残業しようとも次の日は(ほとんどの場合)ちゃんと目覚まし時計がなる寸前に目覚めますよ。
 

 多分、このニュース記事で言う所の「まじめな人」はこのニュース記事を読んで自分を省みてちょっと恐怖感を煽られてリラックスする事に今度は必死になるのでしょう。

 必死にリラックスするってなんだよ~?

 良いじゃん。
 目覚まし時計が鳴る前に目が覚めて「よし!今日もまた、より一層すごい俺になっていっちゃるぜ!そのために頑張るぜ!」って燃えてる人ってカッコイイじゃん。一方では確かに「過度の緊張状態」と表現するかもしれないけど、「自分を自分たらしめる緊張感や使命感」なんだって言う事もできるよ。
 そういう人の全てが何でもかんでも頑張りすぎる性向があるわけじゃないから。そういう人が多いから気をつけなされや!ってだけでね。
 

 あんまし気にしないで、今までどおり目覚ましかけて今夜も寝るべさ。
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ムムムぅ。
 あ、そういえば最近は目覚ましもケータイのアラーム使ってるんですけど、その前はアナログのあのマンガに出て来るようなデカいベルをガンガン叩くような目覚まし時計を使って、ご近所に迷惑を掛けていた記憶があります。
 そう。ご近所さんのためにも目覚ましを働かせてはいけない!という過度の緊張感を味方につけて目覚めておりました。

>でもその記事を読んだら・・・養命酒でも飲もうかな・・・という気になってきました。

 それって、朝の目覚めにあまり関係なくそういう生活リズムに変化して行く第二次性徴期なのではないでしょうか?
 最近の「ツン」の弱さと反比例するように丸みを帯びてきた感じを受けるあたり、やはり第二次性徴にあてはまるような印象を受けます。

 私のここ数週間の忘年会という儀式で育成された体全体の丸みはそういうのとは一切関係ありませんので悪しからずご了承願います。
 
2008/12/16 Tue 05:15:10
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
ふーん。 ( ̄ε ̄;)
目覚ましが鳴る前に自分で目が覚める方が、絶対気持ちよく起きられるんだよね♪
夢の途中あたりに目覚まし音で起こされるほど不快なものはありませんよね。

でもその記事を読んだら、冷え性、肩こり等当てはまってしまって、特に最近は、まだ暗いうちに起床してるし、夕飯も遅いしで、体内リズムもかなり狂って来てる気がします・・・
養命酒でも飲もうかな・・・という気になってきました。
2008/12/14 Sun 13:47:47
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
零ちゃん便所でたそがれマイラブ
 Friday-early-morningというか、Thursday-nightの丑三つ時に覚醒していらっしゃるあたり、「深夜、無冠の帝王」の名を欲しいままにされる きすけ殿 の本領発揮かと存じますれば、百鬼夜行にはお気をつけめさるよう御注進申し上げ奉りまする。

 それと同時に、懐かしいフレーズが飛び出して参りましたので、私もひとつ便乗させて頂きたく思います。
 「人と同じじゃなくたっていいじゃないか。人と同じになろうなんて不自然きわまることだ。人に迷惑をかけん限りは自分の好きなようにやれ!笑われて恥じるな。そういうときはいっそのこといばってみろ!」
  
 
 あぁ、キム・ヨナよりもカワ・ユイだ。奇面組、マンセー!

 「早朝 はだかの王様 フクフク丸」
2008/12/13 Sat 06:35:25
URL | フクフク丸:to きすけ 殿 #oKAhFFW. Edit 
ふえ~
 一日3時間睡眠・・・って・・・。凄いですよ。
 私には到底無理ですね~・・・私の今の生活に必要な睡眠時間は6時間以上です。

 昔そういえば「短眠法」をやってたことがあったなぁ。その当時は3時間~4時間寝て、起きてる時間が長いのに勉強もせずにビデオ見たりマンガ見たり、テレビゲームやったりしてましたけどね。
 眠る時間が短いと、激ヤセしますよね。
 体調にお気をつけください。
2008/12/13 Sat 06:17:23
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
そうなんですよね~
 仲間がいたいた~(笑)
 そうそう、そうなんですよ。目覚ましより早く目覚めて設定解除した割には どよーん としてる時間が長くて・・・でもあれが気持ち良いんですよねぇ~。

 簡単に価値観が引っくり返る時代ですけど、もともと物事には一長一短があるものだとは思うんですよ。
 ただ、良い意味で意地張って「一短」の方は敢えて取り沙汰せずに「一長」の方を善い物と位置づける事で、そういうものを目指しましょう!って散々言って来たはずなんですよね~日本人って。

 私はそういう日本人的な考え方が好きなので、それが科学的に正しいとしても、恐怖を煽るような断定的な文章で否定すんじゃないよ! とか思うわけなのです。
 
2008/12/13 Sat 06:12:19
URL | フクフク丸:to たかぼう 様 #oKAhFFW. Edit 
道は違えど
寝坊と二度寝が大好物な私には、頭が下がる思いです。
しかし、羨ましがってばかりもいられませんので、寂しさと羨ましさを隠して笑ってみます( ;∀;)

朝早い丸殿と夜遅い私とは道は違うが似た者同士。お互いこの個性を重んじ、いつの日かギネスブックに乗る事を夢見て精進しようではないか!

妖ちゃんはもうチョイ、あと一絞りです。
2008/12/12 Fri 02:05:05
URL | きすけ #JwT7T6Sk Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/11 Thu 23:12:43
| # Edit 
わかります。
うんうん、確かにフクフク丸さんの言うとおり!

この記事、僕も読みましたがどことなーく「?」な感じだったんですよね~。
そしたら今日フクフク丸さんの記事を読んで「そーだその通りだ!」と納得。

そういう自分も毎日目覚ましが鳴る4~5分前に目が覚めます。そしてその残り時間をまどろみながら楽しむのが最高なんです(笑)

2008/12/11 Thu 20:45:00
URL | たかぼう #SFo5/nok Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/964-5fd55103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。