フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/11/04 Tue  17:27:01» E d i t
 » I'm proud 
 頑張れ!頑張れ!小室哲哉。

 小室哲哉が詐欺容疑で逮捕されました。
 朝からニュース番組等で繰り返し流される街頭インタビューで、私と同年代のお姉さんがこう言っています。

 「一時代を築いた人ですから。ショックです。」

 そうなのだ。ショックなのだ。別に彼がどうなろうと何をしていようと全く関係の無い私だが、なんだかショックなのです。
 80年代にTMネットワークは新世代のテクノロックで我々世代の心をキャッチし、90年代ヒットチャートは小室ファミリーが席巻。
 
 私は、あれもこれも好きだというわけではないけれども「数撃ちゃ当たる」方式で、メチャクチャ好きな歌というのも数曲はある。

 TRFにも篠原にも安室にも華原にもhitomiにもダウンタウンの浜田にもglobeにもヒット曲はあるけれども、聞けばその時代の記憶が鮮明に思い出される曲があるけれども、小室ファミリーの中で一番愛が溢れているこの曲を、今、小室哲哉に贈りたいのです。

 それは 「I'm proud

 正直言って、私は華原朋美というキャラクターはキライです。
 歌手としても好きではありません。

 でも、この歌を初めて聞いた時には何かこう、キラキラしたものが伝わってきてグッと来たのを今でも鮮明に覚えています。なんなのでしょう。作り手が伝えたい「思い」を歌い手が大事に受け取って、大切に聞き手に届ける作業が理想的な形で完遂されたとでも言うのでしょうか。


 才能のある者が成功・富・名声を掴んで、それでどのような生活を送ろうとそんなことはどうでもいいことで、貧乏人のヒガミ根性でそれをどうだこうだとつつき回すようなことをしたくなる気持ちは分からないわけでもありませんが、私はただただ、小室哲哉を非難するでも擁護するでもなく、応援してあげたいのです。あの時、私がもらった感動を今はただこういう形で返したい。


 誰よりもぶっちぎりで先頭を全速力で走り続けて、誰よりも突き抜けてしまったがゆえにそこがどこなのか分からなくなってしまった私たち世代のスーパースター・小室哲哉に今、「I'm Proud」 を届けたいのです。

 自分を誇れるように・・・
 崩れそうで壊れそうな情熱をつなぎとめるように・・・。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
それはそれで
>KEIKOは良い妻を演じて

 ま、宣伝だと思えば・・・(汗)

 でも、KEIKO 改め KCO だけでは・・・何ができるんでしょう。
2008/11/13 Thu 05:18:59
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
ずれてますよ!
 いや、本題からずれているということじゃなくて、鼻が・・・です。

 KEIKO改め KCO さんの鼻は、現代二大整形大失敗例のひとつですよ。
 
 もう片方は宇多田ヒカルですけど。ご存じないか。
http://yaplog.jp/utadasan/
2008/11/13 Thu 05:15:57
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/10 Mon 03:41:35
| # Edit 
あのぅ・・・
本題とずれてしまって申しわけありませんが・・・
KEIKOの鼻の件ですが、どの画像が「今」なんでしょうか。
え!良くない方がアフターってこと!?

何とかしようにも、またかなりお金がかかりそうですねぇ。
2008/11/09 Sun 16:20:46
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
そうそう。離婚してないそうで。
 慌しさのつれづれに返事が遅くなりましたことをお許しくださいませ。許してくれたらジャガイモあげます(笑)。
 
 小室の才能というか作品を作り上げる力はどのくらい残っているんでしょうかね。実際、内面から溢れ出す才能よりも莫大なお金を掛けた、その時代の最先端の音楽的設備と彼の才能がマッチングした中で生み出されて来た部分は多いように思うのですが、何にも無くなってピアノひとつ、ハモニカひとつ、ギターひとつに立ち返ったところで小室は何を生み出せるのか、それに興味があります。

>罪を償ってもう一度やり直すことは不可能なことじゃないと思います。

 クスリとは違って、完全に世の中のたくさんの人々に現実的な被害を与えちゃってますからねぇ。
 ただ、何年かかってもやりなおす姿勢が見えるのであればファンは見放さないし、そうして残るのが本当のファンなのかもしれませんよね。


>離婚はしてないという情報もありましたね。
こんな時こそ支えてあげる妻であって欲しいです

 そうなんですよ。「小室 離婚していた」と一面で大々的に報じたスポーツ新聞は、あれは何だったのでしょうかね?
 誤報?それとも籍は抜いているけどKEIKOが寄り添う形?いずれにせよ、KEIKOにとっても不本意な形ではあれ再び脚光を浴びる機会です。

 鼻をどうにかして、がんばれKEIKO!
 http://gazoudaisuki.blog85.fc2.com/blog-entry-488.html
2008/11/09 Sun 07:27:07
URL | フクフク丸:to にゃ~ご姉 様 #oKAhFFW. Edit 
地道にコツコツ頑張るピアノマン
 まずは、返事が超遅くなったことをお詫び申し上げます。全くネットの世界に到達できない日々が続いておりましたゆえ。

>ピアノ弾く方は好きなのですが (小田和正、ヨシキ、槇原敬之、V6の岡田くん )

 誰かお忘れではございませんか?
 あの、私の大好きな(時期があった)KANはどこに行ったのですか?
 ピアノ弾きといえば、ビリー・ジョエルとか意外なところでQUEENのフレディー・マーキュリーとか尾崎豊もピアノ弾きで、私も大好きです。

 
>小室は、嫌いなのです。だから全く曲も知らないし、 安室ちゃんや朋ちゃんの曲も興味なし。

 はい。私も生理的に好きではない顔・雰囲気(テレビで見る限りでは)です。でも、青春時代のすぐ隣に小室ミュージックが連れ添うように流れていましたので、思い出深さはあります。

>お金と女性が・・・

 成功者にはよくある話です。ドラマで競演した同郷の女優とどうこうとか~よくある話です。
 でも、金持ちにならないとその気持ちは分からないし、そういう男(+才能=金)が放って置かれるワケでもあるまいし。
 ホリエモンのように(+才能=金)があっても、女性が寄って来ないタイプもいるだろうし・・・
2008/11/09 Sun 07:01:27
URL | フクフク丸:to 鍵コメ2番 様 #oKAhFFW. Edit 
小室さんほどの才能をこのまま葬りさるのはいかにも残念です。

他人ごとだから言えるのでしょうが、人殺しをしたんじゃないのだから、罪を償ってもう一度やり直すことは不可能なことじゃないと思います。

私も応援したいと思います。

離婚はしてないという情報もありましたね。
こんな時こそ支えてあげる妻であって欲しいです。
2008/11/07 Fri 00:21:24
URL | にゃ~ご #MvSKUjhA Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/05 Wed 16:05:43
| # Edit 
なんというか。
>ついに捕まったかぁ~「薬」と思いました。
 私も、少なからずそう思いました。

>本当に人間としてダメだと思います。
>親の愛情を受けずに育ったからといって、人を傷つける事が悪いということが解らなくなってしまっている。

 育ちがどうだから、どういうクセがあるとかという精神分析は確かに当たっているのかもしれませんが、小室哲哉という人間ではなくて巨大な利権のみに絡まってきた人たちの権謀術数に飲み込まれてしまって見失ってしまった部分は大きいかもしれません。
  

>最後の要だった、今の奥さんにまで見放されそうになっている。
 
 KEIKOさんとは離婚したらしいですね。
 彼女の鼻も心配なんですけど・・・(汗
 
>才能があっても、人間としてダメな人は、やはりこういう過ちを犯してしまうのですね。

 お金が人生を狂わせるとは良く言ったものですが、私は残念ながら今のところ大金持ちになった経験を持ちませんので良く分かりません。
 「全てお金で買える」と思い上がるほどの富豪に成り上がることに憧れますよ。少なからず。男なら。

 ただ、それになれないからヒガんで「清貧」とかカッコつけてる部分は多い。
 それを自分で分かってるからこういうのを非難できないんですよ。
 
 金持ちには金持ちの悩みがあって、私は小室哲哉を音楽プロデューサーという側面からしか見てなかったんだから、そういう面から応援し続けたいと。

 幸い、TMのあと二人(宇都宮・木根)は人間・小室哲哉を見放してはいないんですよ。根本はそこにあるんだと、私は信じたいんですよね。
2008/11/05 Wed 06:57:10
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/04 Tue 22:31:04
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/935-a492dc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。