フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
10 « 2017 / 11 » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/10/10 Fri  05:29:46» E d i t
 いやぁ、私は思いましたね。

 「稲葉サン、力石じゃん!」って。




 NHKスペシャル「メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~」を見ました。

 私は、「やけっぱちのクソ根性」とか「火事場のクソ力」とかを実はあまり信用していません。
 もっとも、普段の生活ではお目にかかれるような現象ではないので危機的状況に置かれた時に出てくるハイパワーと言う物があるというロマンチックな事は信じたい反面、そこまで追い込まれないと出せない力なんて頼りにならないじゃんと、醒めてます。

 ただ、似て非なる「涙ぐましい」とか「血の滲むような」とか「狂気じみた」と修飾される努力は信用に値するし、危機的状況に追い込まれなくとも自分の能力を引き出せるようにしておく準備・・・それは本当に肝心な場面に於いて自分を裏切らないと思い込んでいます。

 「いつも準備だけをしている人間はつまらない。」
 私はかつて、そう言われた事があります。

 でも、高いステージを目指すならそういう準備は必要なんだ・・・。
 ただ、私の場合はその努力が「あてどない努力」だった。目指す所の無い準備。準備のための準備。きっと役に立つだろう・・・立たないかも知れない、きっと立たない・・・けど、役に立って欲しい努力。それをきっと人は「骨折り損のくたびれもうけ」と呼ぶのでしょう。いつか役に立って欲しいですけど(笑)。

 B’zの準備は、自分達の築き上げたステージを下げない、より高みに押し上げていくという目標があっての準備だ。しかも、常人離れして徹底している。


 ライブに向かう準備。これがこの番組の第一部だった。

 松本孝弘サンはあれだけのギターの才能を持っていながらも、なおもギターを抱いて「練習」を続ける。ライブツアーの楽曲を練習する合宿で煮詰まってしまったバックバンドメンバーに休日を申し渡した日もひとりでホテルの部屋に篭って8時間、練習を続ける。好きだとか仕事だとか何だとかそういうレベルの話ではないのだろう。ギターをいくら好きだからといって、それを職業にしている人が休日に一日の三分の一に当たる時間を共に過ごすなんてメルヘンチックすぎる!それを現実にやってのけているのだ!
 
 例えば、自分の気持ちや世界を表現するに当たって私が伝達手段として「言葉」をチョイスするところを、松本サンはギターの音色で表現できる。それは、聞き手によって幾通りにも広がる無限の世界であって、ギターを自分の世界の一部に取り込まなければ到底なし得ない芸当だ。ギターを自分の世界に取り込むためには才能はもとより、共に過ごした時間とその濃度がモノを言うのであろう。

 
 稲葉サンは3時間のライブを飛び回り、歌い切る体力を養う為にトレーニング。
 44歳であの体型で、あの声。努力なしでは有り得ないことは十分承知してはいたが、声帯を手術していたとか、真夏でも冷房を使わないどころか廊下からの冷機を完全遮断する為にホテルの部屋の扉の隙間にテープを貼るとか、医療用の吸入器で一日3回吸入して喉を潤すとか、食事制限をするとかツアー中はアルコールを口にしないとか・・・

 人間だもの、そして多くの人の力を借りてやることだもの、ツアーにだって宴席くらいは用意されていることだろう。人間だもの、暑い日にはちょっとくらいはクーラーで涼みたいと思うに決まってる。誘惑はごしゃまんと人を取り囲んでいる。だが、自らの信念のために妥協を許さない!
 ツアーに向かう時の稲葉サンはもう、そういう欲望レベルの世界は解脱しているのだろう。
 「完全無欠のロックンローラー」というものがあるとしたら、きっとそれは彼の事を言うのだろう。

 歌に掛ける思い、それに向かう姿勢がハンパじゃねぇ!!

 

 そうか。 力石だな。 


 創作の現場。これがこの番組の第二部だ。

 松本サンは曲のつなぎのたったの数小節のギターアドリブにGOサインを出すまで3ヶ月を要した。
 「あの時もっとああしておけば良かった」という後悔をしないために、自分の「野生の勘」が曲に違和感を感じるうちはGOサインを出さないのだそうだ。
 それをNHKは 変更以前 、 変更後 の曲をシンプルに比較するという、いかにもNHK的なベタな手法を使って紹介。そのシンプルさが逆に松本サンの曲作りに対する情熱を際立たせていた。

 稲葉サンは松本サンの曲を聞いて、受け取った世界観からイメージに当てはまる言葉探しをして行く。
言葉というものはイジワルで、音楽から受ける世界にピッタリと言葉がはまり込む事は稀だ。
 たった一言、だが、その一言が曲の肝となって聞き手に届くのだから、言葉選びはイメージの世界を輝かせも殺しもする。その一言を探し当てる旅を稲葉サンはずっと続けているのだ。

 なによりもB'zというバンドの一番のファンはこの二人であって、決してそのファン達は妥協を許さないからストイックに未来系のB'zを求め続け、それに呼応すべく二人は全力で突っ走っているということなのだろう。そして立ち上ぼる希望に向かって今でも飛べるだけ飛んでいる。熱いSOUL振り絞り、ぶっ倒れるまで飛び続けて行くのだろう。

 
 なんて壮絶な。
 
 力石だろ?




 私は、正直なところ「生まれつきの才能というものがあって、それが突出した二人が才能によしかかって気ままにやってる」というイメージでB'zを見てきました。
 それが全くの間違いであったこと。確かに才能は突出しているけれども、錆びさせない努力どころかさらに研ぎ澄ましてより高いステージに備える準備を続けていることに衝撃的に感動しました。

 感動したのです。
 ええ。感動。

 しばらく離れていたB’z、また聞くでしょう。

 最後にライブでの稲葉さんの「もっと勉強して、もっと練習してきます」というMCで番組は締めくくられた。
 最高到達点でありながら、常に次の出発点なのだろう。
 先に先に進もうとするその姿勢に、やはり「完全無欠のロックンローラー」を感じたのだった。

 飛べるだけ飛ぼう地面蹴りつけて心開ける人よ!行こう!「RUN」 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
飛べるだけ飛びますね!
 やっぱり 運 ですか。そうですよね。そもそも、「会場に入れる事自体が奇跡」みたいな状態ですからね。人気があればあるほどに。
 
 >昔なんてファンはほぼ女性だった

 え?今はライブに男性ファンも増えてきたのですか?
 そうかぁ~。時の流れと共に、ファンだった子が成長して彼氏なり旦那なりを連れて会場に行って、それがやがて子供を連れて・・・と、世代を超えていくのですよね。
 B'zはサザンのような溶け込みやすさや明るさが無いけれども、虜にしたら離さない真っ直ぐな熱さがあるように感じます。
 間違いなく、世代間の壁を突き破って新しい世代にも届く音楽です。

 で・・・森高ですが「崇拝対象」でしたよ。
 「90年代初頭」という時代を思い出すときには、必ず「非実力派宣言」でウェイトレス姿をした森高の写真がイメージ画像に使われるように、その時代を代表するほどのスーパーアイドルでしたから~♪。

 私から見れば全然そんなこと無いのですが、世間的に「オバサン」と呼ばれるお年頃になった彼女ですがカレーのCMとか見る度にミニスカートでも全然イケるじゃん!と胸がトキメキます。♪ミニスカートはとても~無理よ~若い子には負けるわ♪って歌ってたのを思い出して。
2008/10/14 Tue 06:44:02
URL | フクフク丸:to エレクトラ仁子姐 様 #oKAhFFW. Edit 
チケットは運です ! それからは毎回どんどん後ろの方になり、今年なんか、宗家と一緒に参戦したライブは5階席の5階i-229
もっとも、B'zが売れたからチケットゲットも大変です。
喜んでいいのか ? 悲しんでいいのか ?

宗家は、あの最前列でただ唖然と見ていましたよ(ーー;)
今では、ノリノリで…昔なんてファンはほぼ女性だったので「 女子高みたい 」と恥ずかしかったらしいです。
ピックすらゲットする余裕もなかったらしい !
今なら、ミーハーになり必ずゲット間違いない !
でも、そんな席は、今後2度と当たらないよv-406

丸さん…森高のファンでした ?
私は、彼女好きですね ! 江口さんと結婚した時は、嬉しかったですよ ! 一度は、ライブ見たかったです♪

力石を宗家に見せると「 似ている ! 」 と爆笑していましたよ(*^^)v
2008/10/12 Sun 01:24:14
URL | 仁子 #2SR1LeQs Edit 
おぉ、久しぶり!
 一人称が「俺」に変わって、良い感じに変貌したのですね。
 ややこしく考える時期は宝になりましたね。良かった良かった。

 え?めいクンもライブとか行ってんの?
 北海道に来る時はチケット取れないらしいよ。ファンクラブの人でもなかなか。
 そうだなぁ。もう10年くらいはアルバム買ってないなぁB'z。
 でも、シングルは聞いてて。

 「儚いダイヤモンド」も「LoveIsDead」も知らんがな。
 私は「さよならなんかは言わせない」とか「さよならなんかは言わせない」、あとは「さよならなんかは言わせない」が好きです。
 高校時代に、親友からギターを教えてもらったときにこの曲のイントロを教えてもらいました。

 ホント、挙げればキリが無いんですが。
 「あいかわらずな僕ら」とか。
2008/10/11 Sat 06:34:53
URL | フクフク丸:to めい 様 #vs2DhlnE Edit 
ストイック!
 ストイック という言葉を中学生頃に初めて聞いた時に、新しいファストフードだと思った私はその時点でストイック失格の烙印を押された気分です。

 B'zみたいにストイックな人たちには人間の努力の素晴らしさを教えてもらえるし、奥田民生みたいなその対極にいそうな人たちからは才能と脱力~リラックス~の可能性を計り知る事ができます。

 前者は実にNHK向けですよね。
 後者は・・・いや、でも民生はすごいんだぞぉ~
 
2008/10/11 Sat 06:24:58
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
その「私事」がめちゃ羨ましいんですが!
 はい、力石については昨日説明申し上げましたので、「私事」につきまして・・・
 
 う・・・うらやましいぃぃぃぃ・・・

 なにそれ?いや、そもそもがどうやったらその稲葉コロンのかほりがかほる場所をゲットできるのですか?そして、なぜ宗家様は必殺仕事人のようにピックをピシャッと人差し指と中指で挟むようにキャッチしないのですか!「あ~、うん。別にぃ。自分の持ってるからいらないよ~あはは~」みたいな感じですか?そんなスペシャルな席にスタンバってるんですから、もっとミーハーになってくださいよ!!
 そこで落ち着いて や~や~こしや~ やや腰痛いや~ ってやってる場合じゃないですよ!

 え?森高に対してだったらミーハーになりきれるけど、B'zのライブでなりきったら周囲にドン引きされるから敢えてクールを装ったんですか?
 あぁ、その「森高に対して」の部分は熱烈に共感できます!・・・って、勝手に森高ファンに仕立て上げてしまいましたので後はよろしくお願いします。

 ギター好きの男性ファンはライブ中に稲葉サンの方を見ずに、松本サンのギターに注目しているでしょうから視線が違うのでしょう。
2008/10/11 Sat 06:15:45
URL | フクフク丸:to エレクトラ仁子姐 様 #oKAhFFW. Edit 
ファン失格です・・
えー、ライブにいくほどのビーズファンなんですが・・・

番組を見逃しちまった

一ヶ月前から楽しみにしてたのに、考え事が多くてついつい忘れてしまった・・。
わざと地上波放送見れなくしてるので、それの影響もあるかも・・orz

ビーズの曲はまじ半端ないっす。
作曲した本人ですら難しすぎて中々弾けない曲もあったり
喉がつぶれるんじゃないの?ってぐらいハスキーな声を張り上げる曲も・・

日記で述べられているように「常に上を目指す精神」が今日のビーズを支えている。
シングル曲に限らず、アルバム収録曲にも名曲満載!

そんな俺のお奨めは「LoveIsDead」と「儚いダイヤモンド」かな。
いや、あげればキリがないけど・・w
2008/10/10 Fri 20:10:02
URL | めい #j.d64WD2 Edit 
力石徹とは?
 え~、力石についてちょ~簡単に説明します。

 ボクシングは殴り合いのスポーツッッッ!!
 殴り合いにおいて、体重の違いは破壊力の違いッ!
 体重が違いすぎる者同士の戦いは極めて危険ッ!危険ッッ!危険ッッ!!

 100kgの体重のプロボクサーと50kgの体重のプロボクサー、一撃の破壊力はどっちがあるか?それは火を見るよりも明らか!!

 だから競技スポーツとしての安全性を確立するために階級を設定し、選手は計量が義務付けられていて、計量に合格できなければ失格負けとなるのだ!!

 はい。ボクシングの階級表。あ、私もコレみないとちゃんと分からないんですけどね。えへへ。
 http://www.boxing.jp/data/class.htm

 力石はウェルター級(63~66kgくらい)で、ジョーがバンタム級(52~53kgくらい)の階級だったんですね。
 で、まぁ、いろいろあってジョーと戦うために10kg体重を落とす事になるんです。プロボクサーは普段から節制を重ねてどうにかこうにか自分に合った階級にとどまるんですよ。それなのにさらに無理な減量して。それが壮絶なんですよ。
 ただジョーと戦うために。それだけのために水も飲まずに10kg減量。

 そして、壮絶な減量の末、ジョーに勝って死ぬんです。

 ストイックおよび壮絶という言葉がつくと、ほとんどの男は 力石 を思い浮かべるのです!
 力石 あるいは ラオウを。

 なんで? って聞かれても知りません。
 そういうものだからとしか答えられないのです。

 あ、コメントの返事はまた明日ぁ~(笑)
2008/10/10 Fri 17:36:02
URL | フクフク丸 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/10 Fri 12:38:59
| # Edit 
力石 ?
あしたのジョーの力石の性格は、全く漫画を見ていないので分かりませんが、上半身の筋肉と鼻とアゴは似ています(爆)

昔からのファンの私は、この放送が楽しみで楽しみで録画をしながらTVの前から離れませんでした~。
放送後も録画を何度見たことでしょう…!

良い事、いっぱい語っていたし音楽に対しての姿勢。感動しました !

稲葉さんのクーラーは、有名で喉の手術も知っていました。それだけボーカルが喉が大事な事なのか、ずっと努力をして来ているんです。

私事ですが。
稲葉さんが長髪の頃、最前列で2日間ライブ参戦のときに松本さんは、ダンナめがけて「 ピック 」 を投げてくれたのですが、うちのダンナは、拾うこともせず後ろの女の子が拾って、ダメだったのでもう一度松本さん投げてくれたのに、やはり後ろの彼女が拾ってv-412
最近、聞いた話ですが松本さんはギター好きの男性ファンは分かるらしい…。
あの時の稲葉さんのコロンの香りは今でも覚えています"^_^"
「 いなばさ~ん ! いなばさ~ん ! 」 と凶変した私の事を、今でもダンナは、息子に話すv-411
2008/10/10 Fri 12:01:03
URL | 仁子 #2SR1LeQs Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/914-a0dcd5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。