フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/09/23 Tue  06:27:24» E d i t
 » 朝青龍!朝青龍!朝青龍!! 
 「狡兎(こうと)死して、良狛(りょうく)煮らる」
 ずる賢い兎を退治した後は、その時役に立った犬さえも煮て食われる。

 『狡兎死して良狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵われ、敵国敗れて謀臣滅ぶ。(ずる賢いウサギが死ぬと良い猟犬も煮て食われ、高く飛ぶ鳥がいなくなると良い弓はしまい込まれ、敵国が滅びると知謀の家臣は殺されてしまう。)』



 漢の高祖・劉邦の家臣・韓信が楚を平定した後、粛正された時の言葉。




 朝青龍は、白鵬が昇進するまで長い間ひとりで横綱をつとめ、その強さと荒々しさ故に横綱らしからぬ奔放な言動が度々話題になり、大相撲という競技あるいは興業から離れて行く世間の目を必死に引き止めて来た。
 良く「識者」と呼ばれる人たちはこう言う。
 「大相撲人気が凋落している中、横綱のああいった言動は人気低迷に拍車を掛ける」と。

 朝青龍が何かをする度に周囲が騒ぎ立て、より一層朝青龍に注目が集まるように仕掛けてきたのだとしか思えない。ワイドショーである程度継続して騒がれるほどの力士なんて、若貴の後は高見盛くらいしかいなかった。朝青龍はヒール(悪役)であるが、紛れもなく低迷する大相撲の光明であり「良狛」で有り続けた。ワイドショーに出るという事は、普段相撲を見ない人たちの目にも触れるということであり、相撲を全く知らない人たちにも 「よこづな・あさしょうりゅー」 を刷り込む機会になる。そんなワイドショーを見てた人の10人に1人くらいは「朝青龍ってどんなもんよ?」と思って、土俵を見るかもしれない。そしてそこには 強い強い朝青龍 がいる。

 「どこが人気低迷に拍車を掛けているんだ?」とか常に思い続けてきたのだが、まぁまぁ、きっと相撲を盛り上げる立場を踏まえた上で、いろいろともっともらしい苦言を呈しているフリをした方がワイドショー的に盛り上がることを利用していろいろやっているんだろうな・・・と、世間をプロレス的視点から見ながら内舘牧子さんとかやくみつるさんの「上手さ」にはいつも感心している。


 さて、その朝青龍の元気がない。

 大相撲秋場所9日目を終わって4敗。先場所もヒジ痛から途中休場したものの、初のモンゴル巡業を成功させ波に乗るかと期待された。気迫が抜けてしまったような負けが目立つ今場所。どうやら休場するらしい。
 しかし、新聞とかを読んでいても誰も心配も同情もしていないところが救いだ。心配や同情よりも「朝青龍が元気がないと張り合いが無い」とか「鍛え直して出直せ!」とか言われている。
 強さで売ってきた者が「今まで頑張ってきたんだから、少し休んでまた頑張れ」とか同情されるようになったら勝負の世界では生きられない。
 勝負の世界で生きられなくなったら人情の世界で生きるという道もある。魁皇や千代大海のようになんだか良く分からないけどそれなりの成績を修めて、上がるでもなく下がるでもなく人気つなぎの相撲を取るという道だ。

 ただ、彼らは大関だから、そして朝青龍という絶対横綱がいたから成績不振でも人情の道が残っていた。横綱は今までの番付の解釈上そうは行かない。横綱には事実上降格が無いから、成績が悪いと即引退という暗黙のルールができている。つまり、朝青龍には退路が無いことになっている。
 横綱は横綱で、絶対無敵だから横綱なんだ。だから無様な負けっぷりで人情ドラマを描くことは許されないんだ。ただ、許されているのは勝つことのみ。しかもガムシャラではなく他を圧倒し悠然と勝つこと。という、暗黙の了解がある。
 
 混迷していたひとり横綱という状況から、白鵬という安定感抜群の横綱が誕生し成長してきたことによって、朝青龍の「良狛」としての役割は終わってしまったのだろうか。人気低迷という時期を下支えしてきたスキャンダルは、興業の世界と世間一般の考え方の差異があって騒ぎにはなるものの解決には向かわないという「グダグダでありながらも、時間稼ぎに持って来い」な性質があったが、とうとうロシア人力士による大麻という世間一般のルールで完全に判別されるような疑惑が浮上してしまったことで下支えも何もなくなってしまった感はある。

 朝青龍のスキャンダル性は、もう、いらなくなってしまったんだろうか。
 
 しかし、朝青龍の行動がスキャンダラスに騒がれた頃、よく言われたものだ。
 「横綱としての品格が足りないから、角界から追放・・・あるいは降格処分も有り得る」などと。それはワイドショーを盛り上げる為のリップサービスに過ぎないと私はその時は聞き流していたが、横綱審議委員がそう言ったのだから、降格という路線も無きにしも非ずなのかもしれない。

 ガムシャラに強い朝青龍を見てきたから、強くなければ朝青龍じゃない!と思ってしまうところも確かにあるけれども、良い意味でも悪い意味でも型破りな横綱だから、絶対的に強くはなくてもその先にある朝青龍を見てみたい気もする。型破りでやって来たんだから、我々が常識だと思い込んでいるプライドの壁さえもぶっ壊して欲しい。

 どんな形になろうとも、私は朝青龍を大相撲の功労者だと信じているし、最後まで応援します!!

 頑張れ!朝青龍!!!
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
現実として
 弱くなってます。というか、不調です。
 肉体的な疲労、年齢的からくる瞬発力の衰え、稽古不足による勝負勘の鈍り。
 弱くなっている と言えるのは比較の対象があるからで、その比較の対象は勝ち続けていた頃の朝青龍自身です。

 周りがごちゃごちゃ言い過ぎ、突然のルール変更、確かに彼を縛る要因は多いです。が、それは全ての力士も同じ条件です。
 
 ひとつ具体的に言わせてもらえば、出足・踏み込みが全く変わってしまった。頭が前に行き過ぎて腰が高すぎるから変化について行けなくなってしまった。 これはスランプ・不調の力士全てに言えることですが、腰高で勝てる力士なんて私が見てきた中では、貴ノ浪くらいです。 
 
 いろいろ複合的に絡んで不調になってしまった朝青龍ですが、気分屋である部分も多いにあるので、良いことあったらすぐに元気になると思います。

 そんな子供みたいな朝青龍が好きです。見てて楽しい。だからなんだかんだ言われながらも人気者なんですよね。
 憎まれっ子世にはばかる!
 結構なことじゃないですか。
2008/09/25 Thu 17:37:15
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
白鵬の華
 白鵬、華はありますよ。ただ、土俵でしか咲かない華なんですよね。相手を組み止める、自分の型をつくる、そして勝つ。
 相撲を普段から見ていない人には分からない華ですよね。調子の良い時の白鵬は何人も寄せ付けない気迫を感じます。
 優等生タイプは本来ならば称賛されてしかるべきだし子供たちの手本とかになるはずでこちらを大々的に取り上げてテレビ番組でもなんでも作れば良いはずなのに、日本人の風土はそのようになっていませんよね。

 アンチヒーロータイプが持つ魅力というのは、多かれ少なかれドロップアウトというものを経験した多くの人たちに希望を感じさせてくれるからなのかもしれませんよね。
 私は、どちらかと言えば白鵬タイプの少年時代を過ごしたので白鵬の悲しみが身に沁みて分かります(涙)。また、その後挫折も経験して適当に生きてた時期もあるのでアンチヒーローに憧れもあります。・・・はい。都合良い人間です・・・

 良いものは騒いでも銭にも視聴率にもならないからワイドショーは求めてないんですよね。
 
 対して天衣無縫な朝青龍に私たちが求めるのは「型破り」。決して枠に収まらない野生味。相撲自体が無手勝流だから、ずっと見てきた相撲ファンや協会には渋い顔をされます。
 でも、勝った者が全てを握る勝負の世界で、キレイも汚いもありません。悔しかったら朝青龍に勝てば良いんです。そういう力士を育てれば良いんです。それだけの話ですよね。そうして相撲全体が盛り上がれば万々歳なはずです。
 
 人気商売はつらいですよ。
 今じゃ聖人ぶってる貴乃花だって、整体師だの親子の確執だの、兄弟の問題だのと心から砕けて行きましたからね。
 土俵に関係ないところでテレビで騒がれて、あちこちでテレビを見た下世話な衆人にどうでも良いことをいちいち聞かれて「有名人なんだから仕方ない」なんて開き直れるわけないですよ。横綱でも何でもたかだか20代の青年ですから。

 それが、運良く騒がれなかった時代をのうのうと過ごしたのであろう年寄りの協会のお偉いさん方が、事あるごとにごちゃごちゃ言っても(いや、言うのが仕事だから言わなきゃいけないんですけどね)ピント外れてる感じがするのは否めません。

 マスコミに良いだけ叩かれた経験がある琴錦とか若乃花とかが協会にいて、マスコミ対策協議会とか作った方が良いかもしれませんね。

 ・・・そう考えると、そういう面倒ごとを避けて相撲に集中してる力士が強くなるのは当然の結果ですよね。白鵬は、やはり賢い。土俵で魅せることに徹しているから。
 でも、朝青龍という突出したトラブルメーカーがいるから目立たないだけで、あるでしょうねきっと。根掘り葉掘り調べられたら。
2008/09/25 Thu 17:21:03
URL | フクフク丸:to にゃ~ご姉 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/25 Thu 12:22:01
| # Edit 
全ての言動をいちいち監視され、バッシングされ
それでも勝ち続けなくてはいけない朝青龍。
最近覇気がないのは体の傷はもとより、心の傷もかなり悪化してるのだと思います。


来場所はマスコミもアンチも吹っ飛ばすくらい強い朝青龍であってほしいと思いますが、
もうモンゴルに帰って、別の花を咲かせるのもいいかな・・とも思います。
まだ27歳なんだからどんな花でも彼なら咲かせられることと思います。

角番大関がお約束のように千秋楽で何とか勝ちこすような、なぁなぁな相撲を日本人のほとんどが望むならそうなればいいと思います。

品位などとうになくなった日本人が、
二言目には品位、品位というのも少し滑稽に感じます。

白鵬はすばらしい横綱ですが、優等生すぎて面白くも何ともないですww
(白鵬には華がないんでしょうかね・・)

私はやっぱりやんちゃで天邪鬼で品位にかけた・・(漫才師の横山やすしを思いだしました^^)強い朝青龍が好きだなあ!

・・・とはいうものの、朝青龍の土俵を生でみたことがありません。

早いうちに観ておいた方がいいかも知れませんね。


でも、まぁもう少し、私も言おうかな・・

頑張れ!朝青龍!!






2008/09/25 Thu 12:01:37
URL | にゃ~ご #MvSKUjhA Edit 
あぁ朝青龍
 時代が変わったんでしょうね。
 ニュースもワイドショーもごちゃまぜになって、もう私生活もプライバシーもあったもんじゃない。
 昔はカメラ小僧とかが個人的にやってた下世話な有名人のプライベート撮とかも、今や銭に変わる時代ですからね。

>本人は、何も変わってないのに・・・

 いや、変わりましたよ。見るからに弱くなった。
 成績が出なければ弱気になる。弱気になると成績が悪くなる。全ては心技体の「心」から始まります。


>元気がないのは、いじめによるストレスだと思うな。 親方も悪い。

 品行方正であって欲しいというのは理想ですけど、そればっかりじゃ面白くない。白鵬が強いのに人気がイマイチなのはその最たる例です。
 相撲を見る人にしてみれば白鵬は救世主にも思えますが、それじゃ一般の人たちが「じゃ、白鵬見てみようか」とかなりませんから。

 朝青龍は出る杭ですから、確かに打たれてます。でも、出てる杭がなければ誰の目にもとまりません。出ててナンボの朝青龍です。
 また、打たれる事さえも話題になるのですから、どこまで朝青龍人気で食わせてもらっている大相撲界なのか分かろうというものです。
 
 頑張れ!朝青龍!!
2008/09/25 Thu 06:17:07
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/23 Tue 13:18:51
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/902-5918a3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
朝青龍が休場=来場所以降に進退懸ける-大相撲秋場所 大相撲の横綱朝青龍(27)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=が左ひじ負傷のため、秋場所10日目の23日から休場した。9日目の取組後に東京都内の病院で「左ひじ内側側副靱帯(じんたい)
2008/09/23(火) 14:05:38 | ブログ界の正論
朝青龍が10日目から休場のようです。 → 読売オンライン:「朝青龍、左ひじ損傷で秋場所休場…名古屋に続き2場所連続」 とりあえず言...
2008/09/24(水) 23:44:06 | David the smart ass
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。