フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/09/17 Wed  06:30:56» E d i t
 前回(から、随分と間が開いてしまったけど・・・)写真で見たような、そもそも海の魚をあまり食べるという食生活のない中国の片田舎に立派な水産加工の工場があるのは、日本の商社が商品のコストを抑えるために人件費の安い中国へ製造の拠点を移したことに起因する。


 中国は資本主義国が発展して行くのを横目で見ながら社会主義の失敗を体験してきた国だ。なぜそうなったのかは別な時に改めて書きたい。
 社会主義の根幹を残しつつも資本主義経済の制度も拾うという、まさにデタラメな政策が功を奏して今や中国は「世界の工場」の名を欲しいままにしている。私達の常識や知識からすればデタラメに見えても、人の命が懸かっている・・・国の危急存亡の危機に変なこだわりを持って国を滅ぼす方がどうかしてるのであって、何と何が混ざろうとそんなのは関係ないのだ。生き残り、そして他に抜きん出て初めての繁栄である。

 話を戻す。

 中国の工場は、中国人が計画して作ったものではないものが多い。
 日本を始めとする先進国の商社・企業が安価な労働力を求めて進出した結果、世界の技術が中国に集積してしまったということの方が多いのだ。

 つまり、だから昭和20年代の風景の中に超近代が突然現れるのだ。

 中国は国策として経済発展を推進したい。企業側は安価で豊富な労働力で商品を製造して行きたい。
 先進国の国内では教育・情報の時点で経済を下支えしている製造業の重要さを教えるよりも「ブルーカラー=肉体労働者=頑張ってもお金をあまり稼げない人たち」と軽んじるどころか疎んじるような風潮があり、働く場所があるのに働かない、働きたくない、働かなくても食って行けるという中途半端に裕福な状態が生まれ、経済の閉塞状態に陥り気味な中で、大量の雇用を生み出していた一次産業・二次産業はどんどん高くなっていく人件費と困難な人材確保の中で効率化を目指し機械による製造を推進することで、ますます肉体労働者が働く場所は無くなり、「人が働かない・働けない・働く場所がなくなる」の悪循環によって国内での行き場を失ってしまった末に、比較的安価な人件費で、ハングリーさを持ち合わせていて人口の豊富な場所への進出が企業の命題となった。

 中国と先進国の商社・企業のニーズが一致し、中国への企業展開は90年代後半からこの10年、加速的に進んだ。

 先進国の商社・企業はそれまで国内で試行錯誤と長い時間を掛けて練り上げてきた技術体系をそのまま中国での工場作りに活かしたし、中国もまた経済を牽引してくれることを期待し開発の支援、税金の優遇などの措置でこれを応援。
 
 例えば日本で考えたら、企業は新しい技術体系に至ったとしても、これまでの工場を壊して新たに立て直すという作業が必要になる。それも全て企業が自腹を切った上で、高い施工料金、高い設備投資をしなければそれを実現できないという状態の事を、中国に行けば何もないところにいきなり、中国と言う国家の支援を受けて、全ての計画を実現させることができる。
 ならば、答えは簡単。
 「中国でやりましょう」となる。

 折りしも日本では、スーパーが消費者に向けては価格破壊宣言を出して大量廉価販売が横行する時代にあって国内での高すぎる人件費、人件費分の労働をしてくれない労働者、高騰する原材料、価格転嫁できない製品・・・適正価格をはるかに下回る安売り合戦の中で倒れて行く企業。企業が倒れればそこに雇用されていた人々が吐き出されてしまう。
 そして、その人たちは行き場を失う。
 行き場を失った人たちの生活を保護しているのは何のお金?そう考えて行くと、事情がハッキリ見えてくる。

 

 日本の不況の元はこれですから。
 すべてはコストダウンの旗の下、国内での経済の下支えが崩壊してしまったことに由来してる。
 それは成熟した経済、情報社会にあっては致し方ないことでもある。
 崩壊してしまった経済の基礎を、依存し続ければいかに安価な労働力とは言え国内のカネは中国に流れ続け、継続の中で中国に生産技術は蓄積され、遂には「我らには遠く及ばぬ貧困国」と見下げていた国に逆に見下される時が来るだろう。


 さて中国。
 そうして超一流のハードは整ったけれど、そこで働く労働者の意識はどうなのか?
 だって、そこら辺に立ちションしたりトイレはあるけど仕切りが無い所でみんなでウン○して、ろくに手も洗わなかったり・・・教育とか衛生概念とか一体どうなってんのさ?って感じだし。

 次回は働く人の意識面について書きたいと思います。
 



 ・・・そのうち(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニセモノ
 ふと思ったんですが。
 著作権とか特許とか侵害して、例えば裁判で中国側が負けて、賠償金というか罰金と言うか払うような判決になったとしても、それを「執行する権力」ってなさそうな気がしませんか?

 日本でもありますよね。
 某掲示板の管理人が訴えられて敗訴しても、請求に応じない。アレですよ。応じなければうやむやにできるものなんでしょうか?法律に詳しくないから分かんないけど。

 ベンツとかBMWって世界的に有名な自動車メーカーだし、どうなんでしょ。

 あ、トヨタ・ハイラックスサーフ という車がありますが、あれとそっくりな車が走っていたんですよ。私達が乗った車の前を。
 「あぁ、日本の中古車もたくさん流れてくるんだな」とか思っていたら、取引先の方が「あれね、中国産の車で、その名も セーフ って言うんですよ」と教えてくれました。「デザインのパテントとかあるだろうからセーフじゃねぇだろ!」って大笑いしてました!

 そんなもんです。
 パテントの概念が浸透してないんでしょうね。
 ま、日本人も五十歩百歩ですけど。
2008/09/22 Mon 05:36:37
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
前回の話で恐縮ですが。
この前読んだ中国大辞典の パート2だかなんだか、そういう類の本を、今回はコンビニで立ち読みしました。

まさかとは思ったけど・・・

やっぱりありました~!!
ベンツやBMW等、高級車のニセ物。
2008/09/21 Sun 07:21:35
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
結果オーライ!
 食料自給率が40%くらいだそうです。だからと言って危機感訴えても、自分で畑耕し始めた人が身の回りにどのくらいいますか?
 魚を釣って、満足に家族を食べさせられるだけの釣果をコンスタントに上げられる人ってどのくらいいますかね?
 
 普通に仕事して、それはムリ!って絶対思いますよね。

 ホントはやりたくないだけなんですけどね。
 私も、面倒臭いからスーパーに安い買い物しに行きますよ。

 そのスーパーも早晩、ダメになりますよ。
 お金が無い人たちに高い商品しかないスーパーなんてダメですよね。

 一度楽することを覚えたら、なかなか離れられない。人間ってそういうもんですよね。ずる賢く搾取する側にも回り切れない。中途半端なヒューマニズムにけっつまづいて。
 だから、楽を知らなくて憧れてガンバる人たちに追いつかれて追い越される。単純なことですよね。

 ダメになっても生き残れば良いですよ。そこに再起の芽が生まれますから。ただ、タイミング良く根絶やしにされたらオシマイです。日本人はサバイバルなからあまりにも遠ざけられすぎてしまったかもしれませんね。

 >なぎら健一
 ・・・あ~~!なるほど!!なぎケンですか!!私はてっきりジョン・ウェインあたりが出てきてしまうかと思ってドキドキしてましたよ。
 
2008/09/20 Sat 17:28:08
URL | フクフク丸:to 一刻者 殿 #oKAhFFW. Edit 
生活向上への意思
>いまや、中国も都市の人件費は上がっているので、山奥から、字も読めないような人を呼び寄せるわけです。

 海岸沿いの経済特区は富裕層がゴロゴロ。仕事もあふれているけれど、山間の農村部には今でも食うや食わずの人たちがワンサカ。質はさておき、労働力としての人間はたくさんいるんですよね。
 だから世界の工場になれる。 

>字も読めない人でも、金の為なら頑張る。根性が違うんだね
>ある程度、技術を学ぶと1円でも高い所に移ってしまいます。ある日突然。 逆に、ヘッドハンティングは、簡単。1円高くすればいい(笑)。

 そうですね。作業内容は細分化された没個性的な単純作業が続くので、頑張れば何とかなるという夢がありますよね。そして、要領の良い人間はあっという間に出世する。
 血族に対してはあれほどの執念をみせる割には企業への帰属意識が弱いのでしょうか、カネで動くという部分はなるほどと思いました。 

 >普通の生活習慣から教えなくては、ならないのは、今や日本も同じです。
>今年の新卒など、携帯で飲み会の話をしながら残業している者さえいます。
 
 ハハハ・・・苦笑いです。
 食べる為に必死じゃなくなった、向上への意思が弱くなったと言う事は一面では平和だと受け取れる良いことであり、また一面ではそういうたるみになって現れますよね。
 結局、それが見せかけの平和でありみんなが心のどこかで「そうじゃないだろ?」とか思いながら、この生活を続けざるを得ない今の日本の状況は病的なのかもしれませんよね。
 平和なら平和を謳歌すれば良くて、冬が来たらアリさんに泣きつきに行くって言うのも有りかな。ま、アリさんに拒否られて野垂れ死ぬオチなんですがね。
2008/09/20 Sat 17:06:19
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
うん、なんか・・
考えさせられるなあ・・。
あんまり難しい話は解らんけど、毎回中国の話は読ませてもらってる。

>生き残り、そして他に抜きん出て初めての繁栄である。

この言葉には頭をガツンとやられたよ。

え~話は変わりますが俺が影響を受けたアーティストは・・なぎら健一で~す(笑)
ウエスタンブーツが良く似合う!


2008/09/19 Fri 22:54:15
URL | 一刻者 #- Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/18 Thu 00:24:41
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/890-06b2aeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。