フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/08/30 Sat  07:07:34» E d i t
 「オイッ!ズレてるぞ!!!バキューン!!バキューン!!」

 と、これだけを見て何だかピンと来る人は・・・いませんよね?
 ワーナーマイカルシネマズっていうシネマコンプレックスで映画を見るとき最初に流れる上映中の注意の時に出てくる一場面です。
 「音や映像に乱れがあったら遠慮なく係りに申し付け下さい」という意味の注意を説明する時に出てくるガンマン風のキャラクターのセリフです。


 ・・・日常生活でいませんか?思わず「オイッ!ズレてるぞ!!!」って突っ込みたくなる人。


 物凄く勉強家で、物凄く理論的で、独自の哲学というか人生論を持っていて、それをあたり構わず振りかざして「俺って凄いだろ」オーラを出しまくりの人が知り合いにいます。
 たまたま偶然、仕事の合間に数年ぶりでその方に遭遇しました。

 私は、この手のタイプの人が別に嫌いではありません。持論が極端であればあるほど興味が湧くほどです。
  
 ただ「いい加減にしてくださいよ」と思い始めるタイミングはあります。


 極端な持論や意見というのは、得てして自分自身の状況にのみ適合可能な論であって、それが誰しもに通用するわけではないはずなんですね。ところが、極端な持論を持っている方の多くは持論に揺るぎなき自信を持っているがために、世の中の全ての人に持論が当てはまると思い込んでいて、世の中の道理の方を持論の方に捻じ曲げて強引に話を帰結させてしまったりする部分が多々あるような気がするんですね。他人の置かれている状況を無視して。


 ただ、他人の置かれている状況を無視して持論を展開されるのもあながち無駄というか不毛なことではないんですね。私にとっては。
 なぜならば、限定された状況の中で閉塞している時に、その枠を取っ払ってくれるアイデアが隠れたりしていることもないこともないですから。極めて少ないですけど。

 「せっかく熱心に語ってくれてるんだから、きっとこの方は私をどこかに導いてくれようとしているのだろうな~」くらいにありがたがって聞きます。

 
 最初のうちは「こう思うんですよ」「だと思うんです」ってやってたのが、話が熱を帯びてくると厄介な物で「ね?そうでしょ?」「そう思わない?」が多くなってくる。そうなると私はうんざりしてしまうんですね。


 「そう思ってない」から。
 むしろ、「その極論はズレてるぞ!」くらいに思ってるから。


 自分がそう思っていない持論を展開する人に対して自分の意見を伝えるのはなかなか容易ではないですよね。でも思っていないことに頷いて、後々面倒な事になるのも嫌だから一応、自分の意見くらいは伝えようと試みます。


 まずは自分の置かれている状況を伝えることから始めなければいけないのですが、最初に「いや、僕はそう思っていません」なんて言おうものなら、本人が疑うべきもないと信じ込んでいる持論を否定されたと思い込んで腹を立ててその後は一方的にまくしたてられるのでデンジャラスです。
 
 だから正直にこう言います。

 「あなたの意見は大変参考になりましたが、今の私には消化できないようです。
 私には私をとりまく環境があって、その中で最善を探しています。あなたのお話は、私に新しい選択肢を広げてくれました。
 ただ、いくつか疑問に思う箇所があったのですが・・・ 」

 
 うん!ズルい!!
 そして、良い!!

 相手が帯びた熱を活かしながら、自分の意見を疑問としてぶつけてみるんですね。 
 お互いに考えていることや持論が整理されて、とりとめなく続けれられる一方的持論の中の核心部分がこれで見えてくる場合が多いです。もちろん、そうならない場合もあります。
 
 全くの思い込みや情報の鵜呑みで相手が持論を展開している場合は、答えに窮してしまうこともあります。哲学的な思想にまでいたっている場合は、これまで私に叩きつけるようにまくし立てていた言葉が、緩やかになります。相手は敵じゃありませんから。


 これはお互いの理解のために物凄く役立つことだと思います。
 「ズレてるぞ!」と思っている自分の方がズレていることだってあるでしょうから。お互いにそのズレを自分の思っている方に良い方向で修正していけたら、こんなに素晴らしいことはありません。 



 そうして増やして行ったその当時の自分が消化しきれなかった選択肢という玉石混交の宝箱の中で、アレとコレが混じり合ったり、アレとソレとがぶつかり合って削られて磨かれて輝きを放ち始めたりする自分の持論が出来上がってくるから不思議な物です。




 あぁ、私も早く「おい、この頑固オヤジ、うぜーよ」くらいに若者に思われるような持論を展開できるオッサンになりた~い。!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういう部分もありますね!
 >理解に苦しむ人がいる

 う~ん。うぬぬ。
 まぁ、理解しようとせずに「そういう人なんだろうな~」くらいに思ってます。思うことにしてます。

 いろんな方々と話をすると、相手に対して自分が開いていない方だっていらっしゃるでしょう。自分に対して自分を開けていないんだろうなぁ~と感じる人もいますよね。

  相手はどうあれ、私は、ある程度は開いていたいんですよね。「ある程度」ってのが秘密臭くて胡散臭くて素敵ですよね。自分で言うのもなんですけど(笑)

 まぁ、自分が自分に対して開けてないなぁ~って感じる時が私自身にもあります。記事の更新が滞る時は忙しい時か、そういう時期なのです。
2008/09/01 Mon 17:42:03
URL | フクフク丸:to 鍵コメ② 様 #oKAhFFW. Edit 
なんと言うか
>>一方的な押し付けな意見でも、自分と全く同じなら、 そこで大盛り上がりになるわけで・・・
 
 同じ事柄を伝えるのでも、言葉の選び方があると思うのです。受け取り手の状況を考えずに自分のベースで考えて自分のペースで語って同意を求められても、私はそれには簡単には同意できないですよってことですね。

 ただ、考えてもらいたいことや、問題意識を持って欲しいところについては押し付けるところは押し付けますけど。私も。
 分かってもらいたい という願望が強いから、私は分かりやすさ を追いかけています。
2008/09/01 Mon 17:31:53
URL | フクフク丸:to 鍵コメ① 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/30 Sat 18:15:51
| # Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/30 Sat 12:54:00
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/880-c0a1d3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。