フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/08/26 Tue  06:31:48» E d i t
 » サザン・30周年・活動休止 
 だら~りと二日酔いで棒に振った日曜日。

 「笑点」の大喜利が終わった頃、ようやく頭痛から解放された私なのであったのだったのだったが、WOWOWでサザンのライブが生中継されることは番組表でチェックしてたので、ちびまる子→サザエさんという日曜終了黄金コンボを無視してWOWOWにチャンネルを合わせた。

 サザンオールスターズ。

 
 私は、別に彼らの熱狂的なファンではない。
 だが、育ってくる中で邦楽を聞く環境にあればサザンを避けて通ることはできないだろうし、時代時代のそこかしこでサザンが波の音のように流れていたはずなのだ。意識して聞きはしないけれども、それがサザンであることは曲を聴けば分かる。
 あの曲を聴けばあの時代を思い出す。いや、あの「夏」を思い出す。
 多くの人たちの各々の夏の思い出とともにサザンの歌は私の血の中にも流れている。


 高校時代に親友が「熱狂的なファンの息子」だったということで、親子二代で熱狂的サザンファンという人々を間近で目撃したことを考えれば、ともすれば親子三代でファンだという人たちもいるはずで、彼らがいかに日本の音楽シーンをリードして来たのか、いかにそのトップ集団で走り続けてきたのかが良く分かる。
 あ~。よく考えてみると邦楽はピンクレディー辺りから演歌方面にシフトチェンジを遂げたウチの母親の車のダッシュボードにはサザンとチャゲアス(ちなみに「チャゲ&飛鳥」の時代から「CHAGE&ASKA」へと表記は変わった物の、彼らも今年で結成29年!だそうで)のベストアルバムは入ってるなぁ・・・で、この前そう言えば我が家の娘と息子が「いまなんぢぃ~?」って「勝手にシンドバッド」を口ずさんでいた・・・あぁ、こんな近くにも親子三代が。
 熱狂してなくても、影響はある。
 そういう世代を超えて行くパワーがある。


 30年。
 

 私が2歳の時にデビューした彼らが今年、活動休止宣言を出し、その休止前の最後のライブだということで 「『真夏の大感謝祭』30周年記念LIVE」 がWOWOWで生中継されていたのだった。
 
 テレビ画面を通しても「打ちつける」という表現が実感できるような大雨の中、40曲を越える曲目を演奏した彼ら。

 明るくて、軽くて、元気で・・・切なくて

 日本が一番元気だった時代に寄り添うように流れ続けたヒット曲の数々が披露される。
 
 彼らの歌を聞くと、独特の高揚感に包まれる。
 それはやはり、色んな楽曲と経験を共有してきたからなのだろう。

 学校祭の夜、みんなで泣きながら歌ったのは「BYE BYE MY LOVE」だったし、昼休みの放送で夏といえば掛かっていたのが「稲村ジェーン」。「YOU」や「真夏の果実」を聞けばなぜか切なくなる。理想の恋愛の幻影を歌に見ていた時代があった。
 
 大学時代、弾けるような思い出は「太陽は罪な奴」と共にあるし、ロングドライブを始めて経験した時に流れていたのは「愛の言霊」だった。

 ちょっと聞けば「あ、サザンだ!」と分かるようなメロディーラインで夏独特のイロめかしいムードを醸し出したかと思えば、「稲村ジェーン」のセリフ「終わっちゃったね・・・夏」から展開される夏の終わりの波打ち際の夕焼けのような切なさも併せ持っている。

 サザンは夏であり、夏はサザンなのだろう。

 
 活動休止。
 

 日本の暑かった「夏」の時代が終わっちゃう気がして、なんだか寂しいなぁ。
 休止だからLIVEも「つづく」でフィナーレだったけれども、やはりひとつの時代にピリオドが打たれたんだなって気はしてしまう。

 夏はまた来る
 泣かないで
 いつかまた会える
 And my heart went zoom,with you


 か・・・。 
 
 いつの日か この場所で 
 逢えるなら やり直そう


 か。

 なんだかんだで、サザンジェネレーションなんだなぁ・・・。で、すっかり頭痛も消えたところで、気がつけば夜の9時半で。日曜日が終わっちまったわけで。
スポンサーサイト

テーマ:自分に力をくれるもの - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
軽く受けられる音楽
 >サザンや桑田の曲は…凄い♪
 >TV出演も見るし、ヒットする意味も解ります~!

 腹というか、「月士」って書く(すんません。変換されませんでした~)方のハラに、ズシンと響いてくるような人生論や哲学的な歌がある一方で、波の音のようにあの日もこの日もただ繰り返されながら記憶されるメロディがあって、どこか懐かしくてどこかにそれが残る。

 サザンは波の音かな~。

 明るい時代に寄り添うように流れていた・・・から、私たちの心の中ではやっぱり永久に明るいムードなのでしょうね。
2008/08/31 Sun 05:51:52
URL | フクフク丸:to 鍵コメサザンファン 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/28 Thu 09:19:46
| # Edit 
天才、しかも努力するし
 好きになれなくてもスゲーもんはスゲー。

 そうなんですよね。別に「好き」になる必要はないと思います。
 ただ、そこにある みたいな感じでいつの間にか自分に染みて来てて、自分の一部になっちゃってるみたいな。

 「好き」になると、積極的に自分に刷り込んで血肉に変えて行こうとするけど、私にとってサザンはそうじゃない。

 でも、ちゃんと一部になってる。

 空気とか水みたいに。
 不思議ですね。
2008/08/28 Thu 07:05:23
URL | フクフク丸:to ひまわりアニキ 様 #oKAhFFW. Edit 
え、そうなの?なんで~
 >桑田氏が子供の頃からどちらかと言うと苦手なほう

 エロいから(笑)?
 軽いから?
 
 「見た目がフツーのオッサンだから!」
 
 認めたくない・・・認めざるを得ないって。それほどまでに嫌いなの?
 え~なんでぇ~?
 
 声に出して歌うって、良いですよね。意外と聞いてるだけじゃ伝わりきらない事ってありますからね。私の金曜ロマンチも声に出して読むと意外な事に気づくかもしれないように作ってます。
2008/08/28 Thu 07:00:59
URL | フクフク丸:to mar 様 #oKAhFFW. Edit 
なぜか知ってる♪だからサザン
 >みんなで歌えるのは楽しい。

 そうなんですよね。
 多くの人たちが知っていて、みんなで歌える歌って大事だなって思うんです。

 聞かせる歌 があれば、 歌い継がれる歌 ってのもある。

 「いとしのエリー」なんて、完全に歌い継がれる歌ですし。それも、世界に!!たった一曲でも、そういうのがあれば凄いのに、それが何十曲もある。サザン、やっぱハンパないですよ。
2008/08/28 Thu 06:52:23
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
うん。フクちゃん同じ感じです。

特別好きではないですが、と言いながらも思い出の1曲位はきっとあるもんね。

認めてるよ~。桑田さん。
いまいち好きにはなれないけど。天才と思うね。

「真夏の果実」切ないね~。(笑)
2008/08/26 Tue 23:23:51
URL | ひまわり #- Edit 
認めざるを得ない人気と実力
サザンというか桑田氏が子供の頃からどちらかと言うと苦手なほうだったんですが、このところ、テレビでサザンの歌がよく流れるので、気になってしまいます。
「認めたくない、でもこれだけ多くの人に求められている歌だから、認めざるを得ない」という複雑な感じです。
槇原敬之氏が他のアーティストの曲ばかりをカバーしたアルバムの中に、「ミス・ブランニュー・ディ」が入っていて、改めていい曲だなあと思って、よく声に出して歌っていました。
歌はやっぱりいいんですよね。
2008/08/26 Tue 20:04:19
URL | mar #.ihqtHQ2 Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/26 Tue 12:59:01
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/878-f3b59aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。