フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/08/24 Sun  16:48:09» E d i t
 » 中国の話④タイムマシーン 
 ♪タイムマシーンがいつかできたら もう一個のふたりに会いたい
 あなたとわたしは一体 どこへ向かう途中だったんだろう

 川本真琴「タイムマシーン」

 川本、学生時代にハマッたんですよ。メジャーなとこでは2枚アルバム出してんですけど、1stアルバムはもうぶっちぎりで良かった。え?知らない?そうそう。その頃、世の中では小室ファミリーとパフィーが席巻してましたから。
 継続した話題性が無ければ興味が湧かないのは世の常です。そして、小室ファミリーもパフィーも話題には事欠きませんでしたから。でも、音楽として、文学として凄まじかったのは川本だった。川本だったのだよ!!

 はい。あ、冒頭から余談なので「おいおい、中国どうしたよ?」って感じですか?失礼しました。


 唐突ついでに質問。
 「みなさんはタイムマシーンがあったら、何をしたいですか?」
 

 私は 「もうちょっと違う選択肢あるじゃん!」 って過去の自分に言ってやりたいことは山ほどあります。

 現代はとにかく時間の流れが早く感じますから「三丁目の夕日」に出て来るような風景の中に戻ってのんびりと生活を送りたいとか、ちょっと未来に行って自分がどうなってるか覗き見してみたいという願望は誰にでもあると思います。

 
 ただ、時間の針がどちらかに振れるということは想像しても、同時に過去と未来が現れるということを想像したことはないはずです。過去と未来は「現在」という一点を仲介にして存在し、これから存在して行くわけですから。
 端的に言うと、 「中国では過去と未来が同居してる」 んですよ。


 ・・・

 ・・・


 あ、「何言ってんの?バカじゃねぇ?」 って思いましたね。思ったでしょ?

 いや、私もこれが一番衝撃だったんですから。想像だにしない感じ。


 ●段階的発展。それは日本の歴史であって、中国の歴史ではない!
 
 以前の記事にも書いてきましたが、道路にロバやら馬車やらと自転車と荷台を自転車にくっ付けた乗り物とオート三輪とバイクと日本車とベンツが共存している風景を想像してみてください。

 はい。想像できましたか?

道


 それです!しかも道路はところどころアスファルトが切れて砂利道。

 大きな道はアスファルトで舗装されていても小路は砂利道で、私たちを乗せた車はその幅の狭い砂利道をも容赦なく80kmで埃を巻き上げながら疾走。今じゃ日本ではとんと見かけなくなった汚らしい犬やら猫やらが道端で昼寝をしています。

 両サイドに壁に何やら「一人っ子政策」を啓蒙するような言葉がペンキで殴り書きされたような古びて朽ちかけた赤レンガの建物と高く積み上げられたワラ山が印象的で、道端の診療所の側では抱きかかえた赤ちゃんに点滴をしながら歩いている母親らしき女性が・・・おい!安静にしてやれよ!!男たちはペッぺとそこらにツバを吐き、立ちションしたりでまぁまぁ・・・臭いんですね~これが。
 
 昔、我が家の近所にあった公衆便所のようなかぐわしき香りが、光化学スモッグだかただのモヤなのか分からないモヤモヤが渾然一体となって モヤモヤ~ン マダムヤ~ン と辺り一面を覆っています。

壁



 あぁ、山村部はやはりこういう風景なんだぁ・・・と眺めていたんです。
 日本人が普段、「お金が無いのって大変なのねぇ~」と哀れみを少なからず込めて思い描いている中国の田舎の風景そのものが目の前に展開されていたんですね。


 「多分、上下水道もろくに整備されていないであろうこの山村で、一体どんな食品加工してんだよぉぉぉ?」と、日本人ならば呆れ気味に誰もが思うはずです。思うに決まってる!思うさ。私だって思ったのですから。

 しかし。


 世の中はどうかしてる。
 だから日本の常識で考えるから脳ミソがフリーズしちゃうんだってば。
 でも、なんだこれ?

 嘘でしょ~!?

 その山村の砂利道の道端の一角、明らかに時代錯誤な建物が建っている!
 時代錯誤って普通、時代遅れのものに対して使う言葉ですよ?で~もでもでもでも、この場合、この言葉を使って正解だとしか思えません。

 外観がすでに近代的だ。その工場の一角だけ。

工場


  
 なぜ、日本の昭和20年代の風景の中に突如として近代が出現するのだ!?

 
 デデデデデデデ・・・デタラメだ!デタラメすぎる!!!夢だろ? 

 工場内がさらにビックリ(撮影禁止)。

 病院の集中治療室に入った事はありますか?
 まさにアレです。全員がソレです。宇宙服みたいな作業衣で全身覆って、作業は円滑に、工場内は常に作業直後に清掃を繰り返し、衛生状況は万全。
 日本の多くの中小食品加工業者にとって、それはもう夢を見ているかのような理想郷。

 水は工場地下より湧き出る飲用可能な軟水を使用して万全の衛生管理態勢を整えています。



 な・・・な・・・

 なんじゃこりゃぁああああ!!! 

 
 なにがどうしてこうなったのかは、つづく。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ロバヤギベンツアウディトヨタホンダヒュンダイ・・・
 ベンツ・アウディ・各日本メーカー・韓国メーカー・中国国産車・・・いろいろ走ってましたねぇ。
 成金や中産階級の人たちは田舎にもいますからね。さすがに値段の高い車のフェイクは作る方が難しいでしょう。
 
 ロバとヤギ数頭、ヒモで縛りもしないでハイジのペーター並みにバシバシと棒ッキレで叩きながら車道の端を移動してる人たち。
 どっかの映画か何かで見たような、麦わらを山積みにして馬に引かせる馬車。

 で、上の写真のように車道をバンバン自転車が・・・

 
 点滴は、あれはアレすることによってあれになるので、あれはアレでアリなのかもしれませんね。「立って歩けるんだろ?じゃ、歩けよ。」みたいな。
 でも、針の処理とか自分任せ?
 それとも、点滴終わったらワザワザまた医者に戻るのかなぁ?

 
 工場の中が撮影禁止なのは、万が一でも異物の混入を防ぐ為に徹底的に持ち物の持込を制限されるからです。
 ドモホルンリンクルとかの宣伝で、めっちゃキレイなトコでジーッと雫が滴り落ちるのを見つめてる人の宣伝があったじゃないですか。
 あの環境を思い出してください。
 あんなスゲェ環境で食品加工です。

 考えてみれば、一般家庭の流し台は言うに及ばず、有名料亭の調理場よりも、食品加工場の方がキレイだったりする事実はありますよ。
 



>東京でもたまに、高層ビルの谷間に昔のトタン屋根の家があったりしてびっくりすることありますよねw。

 ん~~マンダム!
 少ない割合でも、日本の都市部にだって残ってますよね。タイムマシーン。
2008/08/27 Wed 06:14:33
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
タイムマシーンがあったら
 タイムマシーンがあったら、まず今、銀行から預金を引き出してぇ~例えば10万だったら10万、できるだけ昔の貨幣にしてもらって、その貨幣の発行された年に戻ってぇ~さらにその時代の銀行に行って、その時代のできるだけ昔の貨幣に両替してぇ~・・・を数回繰り返す事によって、明治始め辺り~大正あたりに10万円を持って行けばぁ~・・・くふふ。豪遊。

 そういうこと考えませんでした(笑)?

 中国は今まさに混在ですね。
 北京辺りでもテレビで特集してましたけど、マラソンコースに不自然に新しい壁があって、その向こう側は昔ながらの・・・日本で言えば長屋町のようなところで、裕福とは程遠い身なりの人たちが生活してる。

 それが都市部の実態であり、また、その格差を格差として受け止められるような教育も完全には普及されていない状況なんじゃないかなぁ?

 例えば、裕福なボンボンは寺子屋に通えるけど、一般の子供たちは学校に行く暇よりも食うための身銭を稼ぐ手段を考える必要があるような。
 
 これも、義務教育がすでに常識と化した日本人から見たら常識外ですよね。でも、世界から見たら日本の義務教育が恵まれているということですよね。

 
 工場に関してはこれから述べますが、日本(や世界)で培われてきた技術の最先端の設備が作られるので、「思ってたよりも」のレベルではなくて「度肝を抜かれるほど」キレイです。

 水は・・・フツーの水道水はまず×。
 私の行ったトコの工場の地下水は細菌検査を毎日行って世界でもトップクラスにうるさい日本の検査基準を楽勝でクリアしているそうです。

 伝聞です(笑)。
 
2008/08/27 Wed 05:55:41
URL | フクフク丸:to 一刻者 殿 #oKAhFFW. Edit 
過去と未来の交差点
 >昭和30年代の日本とおなじ。
 >発達して行く途中というのは、徐々にではなくて入り乱れて行くしかない

 そうです!
 まさにそれなのだと思います。

 私は田舎生まれの田舎育ちですので、砂利道が舗装道路に生まれ変わってドブ川が埋め立てられて下水溝に整備されて行く風景を間近に見ながら育ってきました。
 それでも、ロバやら馬やらはいなかったですよ・・・。
 草むらに立ちションしてるオッサンは今でも見かけますけども。

 インフラ整備は、技術力0の土地にいきなり現在の世界標準技術の100に近いものを持って行くことになるので入り乱れますよね。

 言われれば当然なんですが、目の当たりにするとショックですよ。
2008/08/27 Wed 05:39:58
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 様 #oKAhFFW. Edit 
想像力はあるほうなんですけど、ベンツとロバが一緒に走る風景は想像できませんでした。
ところでそのベンツって本物?(笑)

東京でもたまに、高層ビルの谷間に昔のトタン屋根の家があったりしてびっくりすることありますよねw。

点滴と言えば、これまたギョーテン中国大図鑑に、「点滴をゴロゴロしたまま町をショッピングできて便利~♪」なんてのがありました。

その工場の中、そんな衛生的なんですか?撮影禁止なのは衛生面からなのか、それとも・・・と、つい勘ぐりたくなります。

続きお願いしまーす!
2008/08/26 Tue 23:43:05
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
タイムマシーンがあったら・・
あの時の自分に助言してやりたいと思うよ俺も。
「こうすればどうなってたかなあ?」って時折妄想することはあるね~(笑)

さて中国。過去と未来が同居?うん何となくニュアンスはわかる気がする。
写真を見ても色んなモノが混在しているという印象を受けるねえ。

工場に関しては思ってたよりも綺麗なんやね!
でも水飲めるん?地下水とはいえちょっとそこが心配なんよな~(笑)
2008/08/24 Sun 22:21:18
URL | 一刻者 #- Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/24 Sun 20:39:32
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/877-5add21ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。