フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/08/14 Thu  22:30:11» E d i t
 ●デタラメな光景たち

 大連を離れるとずっと畑作地帯が続き、とうもろこしの茎や豆の蔓なんかが伸びている風景が続きます。見た感じ土よりも岩が多くて栄養分の少ないとされる赤土の土地を畑にしているんですね。
 その風景の中に忽然と建物の集合体が現れます。

 よく表現されるところの 東京ドーム○個分の!では表現しきれないほどの敷地を有する高速道路脇のその建物群は、どうやら家具工場らしいんですね。
 一面の畑作地帯の緑とミスマッチな小さな町くらいの集合体が窓の外を流れて行きます。

 ・・・180キロで走ってる車が何分掛けてこの土地の一辺を駆け抜けてるんだよ?

 とか突っ込みたくなるくらいに巨大なその建物群は家具工場らしく、取引先の方曰く「5~6年前にポッと2~3棟の掘っ建て小屋みたいなのが出来たと思ったら、数年でこんな大工場になったんだよ。それでアレ見てごらん。」
 
 ・・・建物群の向こう側、小高い丘がずっと連なっているみたいに見えたものを指差して

 「アレ、全部家具の材料ね。木材だよ。」

 な・・・なんちゅ~デカさじゃ。
 そして、なんちゅ~規模じゃ。

 なるほど、大量生産はこうして成り立っているのか・・・でも、ここで一体何万人が生活してるんだ???デカいよ。デタラメなデカさですよ。
 で。その建物群を過ぎるとまた畑作地。

 もう、その自然と人工、あるいは昔ながらの畑作と現代中国の生産力を象徴するかのような大工場群のコントラストのデタラメさは強烈な印象を覚えました。


  命からがらのカーチェイス (だと日本人はそう思うけれど中国の人はそう思っていない運転) で目的地へと辿り着いた私たちでしたが、目的地は観光地・・・と、までは行かないにしてもそれなりにちゃんとした町並みで、派手な看板が立ち並ぶ・・・え~っ?読めない漢字は多いんだけどハッキリ読める美容整形の看板がやたら目に付くんですけどぉ・・・やっぱそれってソレですよねぇ???当たり前なの?デタラメな・・・中に「○×酒店」というのがあって、そこに下ろされました。


 なに?え?いきなり酒を飲むの??
 ラオチュー・シンルチュー・チンタオビール何でも来いやぁ!こちとら子供の頃から「酔拳」見て憧れてんだ!酔えば酔うほど強くな・・・あ、え?「酒店」「飯店」って中国語で「ホテル」って意味なんですか?なんだ・・・そ・・・そんなこと知ってたさ。ああ、知っていたともさ



 そこに通訳さんが待ってくれていて、これがまた私の地元の先輩に瓜二つと来たもんだ。


 酒店の中に入る。
 でっかい関羽像がドド~ン!と飾ってある。三国志の劉備の義弟・関羽は商売の神様として崇められているらしい。あれ?福耳でおなじみの劉備は?張飛は崇められないのは仕方ないにしても・・・なんでまた関羽なんだよ?いるじゃん他にもさぁ~単福とか黄忠とか徐所とかさぁ・・・ってマニアック過ぎるか。(→三国志占い・趙雲でしたよ私は)
 
 関羽の前に透明のボックスが置いてあって、紙幣・硬貨がわんさかとその中に入っている。どうやらお賽銭のようなものらしい「・・・透明にしなきゃ良いのに」ってのは余計なお世話ですかね?だって何だか~だってだって、24時間テレビの募金箱みたいじゃん。


 とか一人でいろいろ思っているうちに先輩・・・じゃなくて通訳さんが英語も話してくれないフロントのお姉ちゃんと何やら中国語で談笑しながらチェックインを済ませる。
 

 意外とちゃんとしたホテルで驚くと共に、ほっと一息。
 洋式トイレだってちゃんと個室についています。一般的欧米風バスルームに。良く噂に聞いていた「仕切り無しの共同トイレ」、覚悟してましたんですが肩透かしを食らった形になります。


    ・・・


 いや、ほっと一息ついたらやっぱりまずは・・・ね。するじゃないですか。
 う○こ。(あ、イイです。別に同意は求めてません)

 え?しませんか??(ですから、同意は求めませんってば)
 新しいところについたら、まずうん○ですよ。(同意なんか求めてやるもんかぁ!) 
 さて、用を足してトイレットペーパー見たら

・・・あら?ラスト30センチ・・・いや、そこまでも無いか・・・

 な・・・なにも、こ・・・こんな所でデタラメさを発揮せんでも良いじゃないか!!や~ばばばい。
 

 なんでここまでちゃんとしてるのに、細部でデタラメるのか!!え~い!こんちくしょぉ~!!ちゃんとチェックしとかんかぁ~!!何か無いか?付近に何か使えそうな・・・なんだろうこの箱。何か漢字で書いてあるけど・・・って、なんで普通のホテルにコンドームが置いてあるんだぁ~!?いらん!そんなもんが必要なんじゃないんだぁぁぁ!!!
 

 さあ、このピンチをどうやって切り抜ける!?
 

 当然、ウォシュレットのような気の利いたような便利発明など装備されてなどいないんだぜぇぇぇ!!?



 良かった。日本を出て来る前に駅前でもらった「出会い喫茶」のポケットティッシュがズボンに入ってて

 
 「へ~。出会い喫茶ってこんな料金体系なんだぁ。なるほどね。で、こんなシステムなんだ・・・」って、日本にいる時には全然読みもしないのに、この時ばかりはこのポケティが紙様・・・いや・・・神様のように感じられ詳細にそれを眺めてトイレに座っている私がいたのでした。
 
 デタラメな!・・・のはこの場合、私ですね。


 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私の場合はラーメンマンから
 百戦百勝脚!でおなじみ、キン肉マンからのスピンオフ漫画「闘将!!拉麵男(たたかえ!ラーメンマン)」→「らんま1/2」の流れで中国に触れました。私は。

 ジャッキーはそれ以前から存じ上げておりましたが、リーさんは大学生時代に総合格闘技が流行した折にシークンドーという彼が編み出した護身術を紹介した雑誌記事をキッカケに映画を全部レンタルしてきて見ました。その後、もちろん黄色い全身タイツを探しました。ネットも充実していなかった・・・「キル・ビル」も無かった当時、黄色タイツは届かぬ夢でしたよ。

 今となっては体系的にブルースと言うよりもむしろトゥルース(真実)に目を覆いたくなるばかりです。
 サモハン・キン・ポーみたいな(泣)。

 誰にも触れて欲しくなかった(爆!)心の傷「うん○」の話題に直に触れて頂き、誠にありがとうございます。えんがちょ。
 どこの国に行っても出るもんは出るので仕方ないですよね。我慢してれば病気になるしぃ~。
2008/08/22 Fri 16:40:34
URL | フクフク丸:to 一刻者 殿 #oKAhFFW. Edit 
酔拳!
俺も好きだった~(笑)
そうそうブルース・リーとジャッキー・チェンで中国に興味もったようなもんでね。
あっ、遅くなりました一刻者です!
第3弾アップされてたの見逃してた・・(笑)

う○こは必ず行かないといかんね。
身も心も軽くして旅には望むもんですな(笑)

しかし「出会い喫茶」のティッシュが紙様・・あっ失敬、神様のように感じたってのは笑った・・。

さてさて次はどんなデタラメが待っているんでしょうな~(笑)
2008/08/21 Thu 23:39:23
URL | 一刻者 #- Edit 
切り抜ける!
>フランスのホテルだって安いとこには紙が無いとこもあります。お湯の出ないシャワーも。
全部が五つ星なわけじゃありません。

 田舎のホテルの割にはちゃんと立派な作りでしたよ。価格もオリンピック便乗価格でなぜか普段より何割か増しで徴収されたらしいです。先輩・・・じゃなくて通訳さんがそう言ってました。

 なのに・・・紙がないとは。
 その状況を切り抜ける運の良さが私にはあるという自慢話でした。

>規模がなにもかも大きいのは目に浮かびます。
>なにしろ12億人ですからね。

 規模が大きい上にハングリーですから。
 労働力は人権主張よりも生活のための金を得る事を優先させますし「代わりはいくらでもいるんだよ方式」ですから 自分達の居場所を確保するために必死で働くと聞きました。

 >全部が国営だから、国がお金貸しますといったら、何でもできてしまう。

 あれはどうやら「貸す」ではないらしいです。
 返さなくて良いらしいんですね。どういうシステムなのか知りませんけど、デタラメなのでそうなのでしょう。
 だから、才能があってコネを持っていると何にでも挑戦できるし、結果として失敗してもそれを教訓にしていくらでも再挑戦できるらしいです。

 全体数として失敗の方が多くても、それをカバーするだけの成功が一つ二つ生まれればそれで良いというイケイケな発想です。
 
 日本の個人企業の金回りの限界を悠々と突破して行ける根拠がここにあります。羨ましい。
2008/08/15 Fri 11:47:38
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 08/15 様 #oKAhFFW. Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/15 Fri 00:21:23
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/868-2019d3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。