フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/08/12 Tue  17:22:28» E d i t
 中国に降り立って初日。印象は・・・なんちゅうデタラメな!ということでした。

 このデタラメに頭をヤラレてしまって、何をどうやって表現すれば良いものか逡巡してしまっていたわけなのですが、時間を経て気付きました。自分がいかに白紙ではないのか、すでに日本の常識という色が染みついているのかということに。

 デタラメな事をデタラメだと認識するためには、自分の中にそれを感じ取れるだけの基準がなければならないということになると思います。

 物事を見るに当たって、やはり基準は自分の経験や生活習慣に基づくものになりますからいくらその枠の中でニュートラルなモノの見方を心掛けていても、もともと根本というか基礎になっているものがそこにあった上でのニュートラルであるということになかなか気付けません。

 ですから、私が中国をデタラメだと感じるのは日本の常識というフィルターを通した場合であって、逆に言えば・・・極論的に書けば「それが世界に誇るべき精神である」と信じ込まされて育って来た・・・日本の美徳というものがいかに面倒臭い束縛であるかを思い知らされ、同時にその独自の束縛体系が生まれ育った歴史や風土をもう一度検証したいと思わせるに十分な衝撃でした。

 ま、とにかくデタラメなんです。 

 
 ●デタラメな交通事情

 私は大連という大都市に到着したのですが、ここら辺は司馬遼太郎の「坂の上の雲」や「殉死」あたりの作品を読んだことのある者にしてみれば一入の感慨を覚えざるを得ない場所です。
 すぐそばに旅順があります。

 が、しかし。

 私は、取引先の方にくっついて食品工場見学の名目で行っているので観光してる間もなく会社のお抱え運転手さん(日本語会話不能)が運転する車に案内されて、350kmだか400Kmだか離れている北東の北朝鮮の国境付近にある町へと移動です。ロ~ングロ~ングディスタンスです。

 さて。

 中国の交通事情です。

 と、その前になぜか会社の客人送迎用の車の助手席に小学生くらいの男の子が乗っています。
 偉い人の息子さんかな?とか思って取引先の方に聞いてみると
 「え?知らない。見た事無いなぁ」だ、そうで・・・え?・・・なんてデタラメな・・・
 運転手さんの知り合いの子だと思い込む事にしました。とりあえず日本語通じないし。

 車は右車線走行。アメリカスタイルですね。

 大連の市街地に入ると・・・もう、車のスピードがデタラメ
 早い早い・・・高速道路でも何でもない普通の道路を100キロくらいで走行。しかも、渋滞までは行かなくてもそれなりに混雑する道路をバンバン飛ばす。道路はきちんと整備されているから乗り心地は悪くはないけれど・・・あぁ思わず後部座席に居ながら右足はブレーキ踏んじゃいます。

 しか~し。デタラメなのは車だけではないのです。

 この高速で往来する片側三車線の直線道路を、人々が容赦なくズカズカと横断してくるのです。ズカズカですよ。老若男女ズカズカ。
 
 危ねぇから!死ぬから!!

 なんてデタラメな!
 日本では見られませんよ。
 子供の頃に「車道に飛び出すということはすなわち死ぬということだ」と徹底的に教えられますから。ずっと信号の無い片側一車線の田舎の道路でさえも左右確認を何度もしてやっと渡り始めるくらいに徹底されてますから(あ、オーバーですか)。

 「阿吽の呼吸」という言葉が日本にはあります。

 

 あうん‐の‐こきゅう【阿吽の呼吸】
  二人以上で一緒に物事を行うときの、互いの微妙な気持ち。また、それが一致すること。
検索辞書:大辞泉 提供:JapanKnowledge



 もうコレですね。
 ルール無用の中でお互いがお互いの呼吸を読みながら交通安全を成り立たせている。

 確かにデタラメに感じはするんですけど、KY(空気読めない)を連発している日本国民が忘れてしまった大事なモノを体現している情景であるようにも感じたんですね。不思議なことに。
 日本で100kmで往来してる車道に飛び出したら、歩行者は撥ねられるでしょうし、車は急ブレーキで事故を誘発するでしょう。それを思うと、この情景が成り立っていること自体がデタラメなんですよ。

 あまりにもスピードが速く感じたのでメーターを見てみたら市街地を120kmで走行。
 最高260kmまで出るようです。
 え゛っ!?260kmぉ???
 ポルシェか何かですか?中国産の車なんですけど・・・この車ぁぁあああ(涙)。

 それでいながらさすがは会社のお抱え運転手さん。運転が荒くはない。
 助手席では例の身元不明の少年がすやすやと眠っている。

 で・・・デタラメな。

 大連市のきちんと整備された高速道路を悠然と180kmで走行する運転手さん。
 そして、高速道路なのに時折でっかい収穫ザルを担いだ爺さんが道端を歩いてたり、高速道路なのに昭和20年代のドラマで見るような豆腐屋仕様の自転車が横断したりしてるし・・・

 く・・・デタラメな。

 高速道路を降りると、いきなり道路が細くなってロバやら馬やらが荷台にドカッとワラを山積みしたのを引いてポカポカと歩いてる横を80kmくらいで通過するかと思いきや、対向車線からは大型トラックをエラい勢いで追い抜いてきた車が、荷馬車の横をスレスレで通過する我々の車のミラーをかすめるような距離で・・・

 あぁ・・・うぅ死んだなこりゃ(泣)。 

・・・すれ違って行くし・・・・
 
 いぃ・・・生きてたぁ。

自転車の前輪を取っ払ってリヤカーの荷台をくっつけて改良された荷車が平気で車道のど真ん中を・・・もう、クラクション鳴らしっぱなし、鳴らされっぱなし!荷馬車と自動車とトラックとリヤカーと三輪タクシーとヤギと自転車と・・・なんだよ?なんなんだよぉ~。

 な・・・なんてデタラメな。ここは昭和何年なんですか?

 同乗してた少年を何やら学校のような場所で降ろす。
 目的地が近いのかと思いきや、そこからさらに1時間程度恐怖のドライブが続く。

 一体、誰だったんだよ、あの少年??


 とにかく、出だしからそんなデタラメ三昧でした。
 ただし、
 私はそういうものを  お~んもしれぇぇ~ と、受け止めるタイプの変態なのです。

 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/14 Thu 11:32:58
| # Edit 
あぁ、ヤバイっすよ。
 今回の場合はですね、やはり取引先の客人として行ったというのが一つのポイントですね。
 自分ひとりで旅行に行ったとしても、お抱え運転手の運転とかを絶対体験できないですもん。

 その代わり、バス・タクシー・電車を経験できたかも知れませんけれども。

 正直言って、未知は怖いです。
 でも、私の場合、好奇心が恐怖を超えますし、自分の常識で捉えられない経験をするからには、自分の血肉となる何かを獲得したいとイヤラシくアンテナを全開にします。

 その結果、恐怖の対象だったものが実は素晴らしいものであったと気付く事も多々あります。

>昔は日本もそうだったようなきがする

 いや、日本が近代化してくる中で、未来に残しておくと不都合な文化とかが色々と抹消されて来たんじゃないかな?って思うんです。
 法が支配する文化じゃなくて、人と人の触れ合いの中にある文化のようなものが。

 まだまだデタラメはあります。
 書きます!期待されると燃えるタイプです(笑)!が、しかし、燃える気持ちに行動が伴わないタイプでもあります(爆)。 
2008/08/14 Thu 07:08:26
URL | フクフク丸:to 一刻者 殿 #oKAhFFW. Edit 
はい。ド変態です。多分。
 ええ。ええ。
 とんでもないですよ。ええ。
 日本人は日本人の常識で捉えられない物を「中国四千年の歴史」という言葉に集約して敢えてピントを外す事で理解するわけでもなく受け入れて来たのでしょうけれども、今回のコレは別に四千年の歴史は関係ありませんからね。

 これもまた結論から先に書くと、生活の基盤(上下水道・陸路充実・情報伝達などの)整備は急ピッチで行われていても、そこに住む人々の意識整備が追いつかない状態なのだと思います。
 
 日本にも西欧列強に追いつこうとした時期に、そういうタイムラグが生じた時が必ずどこかに存在したはずです。
 

>え~? 変態なんですか ? (爆笑)
 
 ええ。ええ。
 そうです。ええ。

 変 「熊」 ではありません。ま、近所に「熊注意」の看板はありますけれどね(笑)。
2008/08/14 Thu 06:51:07
URL | フクフク丸:to エレクトラ仁子姐 様 #oKAhFFW. Edit 
逆もまた然り
>日本の事だって、他の国から見たらデタラメだらけ。

 まさにそれです。
 日本国内にいて不満に思っていても、なんだかちゃんと日々の生活はできるもんだから鬱々とはしながらも何がデタラメなのかも考える事もないです。
 
 今思っている結論から先に書いてしまうと、「個人が先か社会が先か」という部分のせめぎ合いだと思うんですよ。今の日本は法治国家ですけれど法が細部に渡って増えすぎていて、誰が何をどうしたとか言う度に裁判しているアメリカみたいな国になって来ていて、それは確かに一方で権益を守るということにはつながるのですが、一方で未来に向けて進もうとする足元に泥沼のように絡み付いてすべての前進への意志を絡め取っているような気がしてなりません。

 明文化されたルールは必要最小限を越えて誰かの権益のために存在してしまうと、社会の成長を妨げるどころか萎縮させてしまう諸刃の剣ではないでしょうか。

 ・・・って、あれ?
 私、これ・・・なんか凄く良いこと書いてませんか?
 
 中国に行って、中国に触れて、やっぱり考えるのは日本のことでした。日本人なんだな。私はやっぱり。そして好きなんだな日本を。
2008/08/14 Thu 06:35:33
URL | フクフク丸:to 鍵コメ 8/12 様 #oKAhFFW. Edit 
おんもしれ~!
いやはやなんとも・・・。
しかしおもしろいですなあ中国。
うん、昔は日本もそうだったような気がする。
あっ、もうすでに行ってみたい気になってるよ、俺(笑)

あんだけ怖いとか言っときながら・・(笑)

続きが早く読みたいので早々にアップしてよ~フク丸君!
2008/08/13 Wed 22:25:03
URL | 一刻者 #- Edit 
15回のデタラメの言葉を数えました~!
凄い体験で、よくご無事で何より。
丸さんの心の中は、そんなことではない気がしますが…。

え~? 変態なんですか ? (爆笑)
2008/08/13 Wed 01:33:54
URL | 仁子 #2SR1LeQs Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/12 Tue 22:47:51
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/867-94351ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。