フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/07/09 Wed  07:02:34» E d i t
 私は高校の時に始めたラグビーをもうかれこれ17年も続けている計算になる。
 時には怪我で戦列を離れたり、時には所属してるチームの状況が良くなくてやめたくなった事だってある。
 
 運動に関して言えばどう見たって、私には天賦というものが無い。
 ほとほと無い。

 徒競走で一等になったこともなければ、マラソンで入賞したこともない。
 握力も平均を上回る事も無いし、垂直跳びやら幅跳びなんて目も当てられない。
 ゲーセンのパンチ力を測定するゲームをやれば手首をおかしくするし、球技のコツみたいなのをパッと理解できるセンスもない。

 なぜそこまで言い切れるか?
 私の周りには、幼い頃からそれらを圧倒的にやってのける存在が常に、必ず存在してきたからだ。
 私は、彼らに憧れ、尊敬し、そして今でも彼らと友人である。
 
 そして、知っている。そんな彼らでさえもを上回る存在がいるということを。
 
 「なぜ自分にはそういう才能が無いのか?」若い時には大いに悩んだ。

 でも、当時からすでに明確では無いにせよ信念は持っていた。
 「才能が無いなら、努力でカバーすれば良い」
 今にして思えば努力には方向性があると思う。ガムシャラにやっても方向性を間違っていれば、遠回りになったりする。今ならそれが分かる気がする。けれど、ガムシャラだった。

 盲目的にガムシャラにやってきた。「目の前の事に熱くなれずに、明るい未来が拓けるか」って。
 くたびれもうけもした。嫌にもなった。バカも見た。ひとりぼっちにもなった。
 だけど、遠回りした分いろんな発見をしてきた。

 何よりも大切な発見は「努力は、その時は役に立たない・・・間違った~と思っても、後から必ずそれを必要とする出来事に遭遇する」ということだろう。

 人生は、何かひとつの目標に向かって生きているワケじゃない。
 向かいたかった道に上手い具合に接続しなくても、伸ばした道は必ずどこかの道に繋がって行く。
 夢の軌道は、自分が動き続ける限り、どこまでも続くよ。


 自分が働きかけることで、運命は変えていける。
 

運が味方につく人つかない人―幸田露伴『努力論』を読む (知的生きかた文庫)運が味方につく人つかない人―幸田露伴『努力論』を読む (知的生きかた文庫)
(2001/09)
幸田 露伴

商品詳細を見る



 祈ること、望むこと、強く思うことは大事な事だ。

 でも、その方向に自分たちが働きかけなきゃ、いつまでも自分は「理想の自分」においてけぼりを食らってしまう。新しい自分たちを創って行くのは、自分たち自身。だから、そう思えるから、進んで行ける。進むんだ。夢を叶えるのは他の誰の力でも、何の力でもない。自分達の力なんだ。


 自分が出来る事、他の人が出来る事、一人じゃ無理でも二人なら出来る事、三人で出来る事・・・
 自分が出来る事を全部出し切ったら、絶対に仲間がそれに呼応してくれる。
 だから、自分を全部出し切ること。それによって全部を引き出すことが、私の出来る事。

 天賦を与えられなかった 私 が、彷徨いながら掴んだ 宝。
 選ばれなかったから、自分で選んだ 道。 


 出て来た力を束ねたら、想像もつかないことが出来る。出来るんだ。
 チームプレイでも人数が多いラグビーは、なかなか心をひとつにしにくい競技のひとつだ。
 だが、大人数の心がひとつになっている一体感の中にある時、あるいはそれを見た時、自然と人の心は震える。それが、チームだ!フィールドの15人だけがチームじゃない。
 見てる人、応援してる人、あるいは対戦相手さえもがみんな同じ仲間なんだ。

 

 出し切ってカラッポになったら、また新しい自分を詰めて行ける。
 努力のための努力が、ツライ思いに耐える自分に酔うための努力が、今の自分を創ってきた。
 だから、私はこれからも私であり続ける。 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トラブルは素晴らしいチャンス
 「どんなときも。」懐かしいスね~。
 他にも「それが大事」(大事マンブラザーズバンド)とかね。俺は高校の時だったスよ。

 生ぬる~い感じの人生の応援歌が流行した時代だった。それはそれで好きだったよ。良い歌詞だってたくさんあった。
 でもねぇ~・・・なんか優男っぽくてカッコ良くないんだよね。そうでしょ?そう思ってたっしょ?アニキも(笑)。

 その頃にさ、とんねるずの「情けねぇ」とか「一番偉い人へ」なんてのが流行ったんだよね。それがなかなかのメッセージソングでさ。骨っぽくて。「なに?とんねるず、いつの間に路線変更よ?」とか思ってた頃に部活の先輩がカラオケで長渕歌ってたの。

 銭はよォ 銭はよォ そォりゃほしいけれどよォ
 ナンボ積んでも ナンボ積んでも 譲れねぇ物があるゥ♪

 先輩ながら下ッ手クソな歌でねぇ(笑)。その分、強烈な歌詞がいつまでも胸に焼き付いて。とんねるずなんてぶっ飛んだよ。「へぇ。『とんぼ』とか『乾杯』のヒトがこんな歌うたってんだ~」って。
 焼き付いてはいたものの、その頃ちょうど尾崎が死んでね。テレビやラジオで特集するカリスマの死に完全に煽られる形で俺の高校時代は尾崎の言葉に十字架に架けられたみたくなった。

 ♪自由になりたくないかい?熱くなりたくはないかい?思うように生きているかい?自由って一体何だい?どうすりゃ自由になるかい?
  
 いや、窓ガラス壊したりはしなかったけど。おとなしかったから。

 心の中で熱くなってるのに、現実の自分は何もできずに何か言うたびに周囲から孤立して行くように感じたあの頃なんて、本当は全然思い出したくなんかないんだけれど、ものすごくきらめいた思い出になって蘇ってくる。・・・ああ青臭い。

 その後、基本的に音楽に関して雑食の俺は、色んな音楽聴いて、色んなのに影響受けて大学に行くようになって長渕のベストが出るってんで妙に懐かしくなってGETしたのが「いつかの少年」。 
 これの1枚目の昔の歌と2枚目の後半あたりからの声や曲の違いに積み重ねた時代の流れを感じて、その哀愁に似た感覚が当時の俺にしっくり来てさ。
 そしたら長渕、桑田にケンカ吹っ掛けてみたり、覚醒剤で捕まってみたり・・・まあいろいろスキャンダルが続いて。
 俺はね、基本的に「歌」とアーティストは切り離して考えるみたいで、純愛をテーマに素晴らしい歌を作るバンドのボーカルが不倫してても、絶大な支持を得るカリスマがホモでも全然気にしないタイプなんで、何かの事件で長渕という人間自体をどう思うとかそういうのはもともと無かった。 

 強く生きることを歌った尾崎が投げやりな死を遂げたことでさえも、歌と人生は別物として冷めて受け取ったくらいだから。
 
 でもね、「いつかの少年」に「親不知」が入ってなかったんだよね~。これがまた。で、知り合いの長渕ファンに「JAPAN」を借りて高校時代の先輩が歌ってたあの歌にめでたくご対面。

 「Captain~」が俺の中で大きな意味を持ってくるのは、社会人になってから。
 「自分だけは他の奴らと違うんだ」なんて根拠も無い虚栄心ばかりは一丁前で「幸せは誰かが作ってくれるもんだ」とみんなと同じようにどっかで思ってた自分がいて、現実は全然そんなもんじゃなくて、天狗の鼻はボキッと折られて軟弱な意志は踏みにじられて。
 絶望しましたよ。世の中をうらみましたね。俺を受け入れない世の中が悪いんだって思ってましたよ。完全に。孤立しましたよ。
 そんな時、甘ったれた自分をひっぱたくように「オマエがやれ!」と叫んだ声が頭の中で循環をはじめて。 
  
 「俺の世界を変えて行けるのは俺だけなんだ。」

 って気付くまでに、さらに時間が掛かるんだけど、今日はバカみたいに長くなったからここまでで。

 アニキ、パソコンじゃないの?携帯からコメント入力してくれてる?いつも長文、ありがとう。俺は、携帯からじゃ無理だなぁ。また時間のある時にでも、アニキの長渕物語を聞かせてください。

 >他人同士のいざこざ
 う~ん。悩みますね。

 みんな「もとに戻そう」とか思うじゃないですか。
 俺はそれは無理だと思うんです。シンプルに「シャッフル」だと思うことにしてます。また新しい、「前よりも素晴らしい関係を築いて行けば良い」んだと思うことにしてます。そうなれるように自分が何をできるかくらいは考えて実行しますよ。
 
2008/07/13 Sun 07:19:00
URL | フクフク丸:to ひまわりアニキ 様 #oKAhFFW. Edit 
ヘーイ!俺を誰だと思ってんだい?フクちゃん♪

一行目から最後まで、全くもって同感だ!!

いろんな「悔しさ」や「辛さ」、「心の痛み」や「迷い疑い」の日々があったればこそ、完成ではないが「今」の自分があるのだと思っているよ。
手探りしながらでも。

どうせ描くならどでかいどでかい夢を描け!

そのかわり枯れ果ててしまう程の 声で泣け!

ふさぎ込んだ昨日の横っ面を 拳で 打ち砕いたら 腹がよじれる程 まともに笑いやがれ!!

その通り。俺のような虫けらは 人に揉まれて 上等さあ!!(たかが虫されど虫!)

おーい、わざわざ揉んでくれてありがとうよ!とも思う俺なんだ。

後悔なんかしたくない

だから今を引っ掻いて、がりがりがりがり生きてくんだから!
(自分自身の物事は そのまま一緒!)

二十歳の頃はマッキーの
昔はよかったねと いつも
口にしながら 生きて行く
のは 本当にいやだから

でした!同じだろ♪

ただ生きてるなんて、俺だってやだよ!

挑戦はしていくさ!!

言われんでも♪(笑)

ありがとう!

ちなみに弱い部分は俺じゃない人同士のいざこざ・・・まったくもって役たたず。苦手なんじゃ♪(笑)辛いもんよ俺じゃないだけに♪
書き足りないけど

とりあえず~♪
2008/07/12 Sat 00:28:57
URL | ひまわり #- Edit 
チェックポイント
 昔はただただガムシャラで、努力を笑われて虚しくなったことも多かった。今は、「辛い思いをしてもいつかこの自分を笑ってやるからな!」って未来の自分に宣言して、困難に立ち向かえます。
 多分、色んな事を知って、覚えて、経験してきたからだと思うんです。

 なにもせずに「きっとあの時やってたらできただろうな」って未来の自分に後悔させたくない今の自分がいるんです。

 感動すらも外部発注になってしまいがちな時代に、挑みましょうよ。俺たちは作って行けるんだ。俺たちが作って行くんだ。進むんだ。未来へ。

 一緒に行きましょう。こうして仲間に出会えることも人生のチェックポイントだから。
2008/07/11 Fri 16:25:01
URL | フクフク丸:to ひまわりアニキ 殿 #oKAhFFW. Edit 
いい事書いてますね。

まわり道だって無駄じゃないと信じています。

ですが、なんとかなんとか無駄にしない為に、「刺激」の様な、または「包み込む」様な感動が必要だとも思っています。

なるべくなるべくは、良い感動をしていきたい!

どうせ死ぬまで生きるんだから。

感動って人生のゴールまでのガソリン(宝)だ。

高くなったもんだなあ。
今の時代。(笑)

今日もまた 何処へゆく

愛を探しに行こう!

いつの日か 輝くだろう
今宵の月のように!!

今。
2008/07/10 Thu 21:47:38
URL | ひまわり #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/849-426c58f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。