フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/06/01 Sun  23:53:40» E d i t
 » 小橋を面白くさせるもの 
 ●小橋・本田・伊藤 vs 高山・佐野・杉浦

 小橋を面白くさせるもの。
 それは、正面切ってぶつかり合えるライバルたちだ。
 小橋が復帰してからは特に、腫れ物に触るような試合はまだ見た事がない。

 事あるごとに高山とやり合って、週刊誌では新しい世代の選手達にコテンパンにされている写真が多く載っている。
 小橋の強さは、受けの強さである。
 やられてもやられても立ち上がって、それ以上やり返すのが小橋のプロレスである以上は、小橋の本当の魅力を引き出せるだけの力量を持った選手が相手になるのが一番。

小橋を熱くさせるもの


 高山はその辺を良く心得ている。

 佐野も容赦ないし、今回は何よりも杉浦。

 今まで頑張ってNOAHを引っ張ってきたのは自分たちなのに、小橋が帰ってきたらそれだけで客足が増えるという、当たり前だけど許しがたい矛盾した現実に敢然と立ち向かう姿は実に雄雄しく、頼もしい。そう。歯痒い自分を許せないならば、自分を出し切れば良いのだ。

 (以降、試合結果あり)
 前回見た時よりも2回りほどビルドアップされた杉浦は強烈なパワーで小橋に突っかかる。
 こんな弾けるプロレスだったら、森嶋への挑戦もバッチリだ。

 チョップ一発で会場をひとつにする小橋の凄みは健在。
 オールドファンが集まった会場だけに、いつもの札幌大会よりも自然と声が飛ぶ。 

 試合中盤、高山の垂直落下式エベレストジャーマン・ドライバー、杉浦の投げ捨てオリンピック予選スラムが連続で小橋に炸裂ッッ!!
 
 小橋の魅力、全開ッッッ!!

 
 この試合、気が付いたのは杉浦の小橋へのジェラシーから来る憎しみと、高山の怒りだった。
 高山に至っては伊藤が挑発したお返しに会場が声を失うほどえげつない攻撃を繰り返した。

 試合は、佐野が伊藤を仕留めて終了。

 小橋、お帰りなさい。
 そして、ありがとう。 
 これを、北海道のファンのみんなも小橋本人に伝えたかったのです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/823-3e41cef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。