フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/05/24 Sat  06:21:25» E d i t
 » 茫漠たる砂嵐の中から 
 随分とご大層なタイトルを付けてみたが、別に面倒臭い話じゃあなくて。

 私がブログという、ある程度意味を持った文字列を記すにあたって脳みその内側や外側で何が起きているのかを追ったドキュメント記事である。


 ニュースやスポーツの結果には、当然自分なりの見方が存在するので評論家というものが存在する。その中で一番「もっともらしいことを言い続けて、その予想が的中し続ける人」が権威と呼ばれるようになって行くのだろう。
 私には私なりの見方や感じ方があって、幸いにして幼少時より同じ趣味や時事問題(身の回り程度)に対して熱く語り合える友人達に恵まれ続けて来たので、自分の見方や感じ方を口語体で表現するのはごく自然にできる。
 いわゆる、感想文ってヤツは得意中の得意だ。

 
 日記は、これはちょっと難しい。
 何が起こって、何を感じたか。そこまでは別に難しくない。
 私はその出来事の何に感動(心打ち震えるような体験を)したのかを伝えたい。これも 自分なりの視点や見方 が影響してくるだろうし、せっかく(良くも悪くも)感動したんだから誰かに伝えたいと思うから書く。
 それをどういう言葉で表現するか。
 その「言葉選び」には苦戦する。書きたいのに書きたいことがまとまらなくて、捨てる記事も多数ある。 
 一昔前のドラマとかで作家さんが、書きかけの原稿をグシャッとしてポイッというあの感覚。 

 茫漠たる砂嵐の中から「それ」を表現するのに適切な文字列を探し出すという作業を、私は多分、無意識の中で常に行っている。文章の流れやリズム感みたいなものが長文には必要なのだ。
 長文でも飽きないような、何を主張したいのか分かりやすい文章を書きたいとは心掛けている。

 ・・・「心掛ける」のと「実行できるかどうか」ってのは別世界のお・は・な・し♪だけど~。


 でも、書きかけで止まってしまった記事たちが、後々になって一本の線で繋がって良い文章(自分基準で)になったりするからグシャッとしてポイッしても、ゴミ箱の中に留めて置くことにしている。
 そして、自分で「いやぁ、我ながら名文だ!」と思ってアップした記事というのは、後から自分で読んでも「あら?俺って天才ちゃう?」とか思うほどグッとくることを書いていたりするのだが、大概説教臭くなっていてコメントは少ない。
 
 説教臭い自分の文章が私は大好きだ。
 ほんと、年寄り臭い。
 自分の書いた文章にドンッ!と胸を張ってりゃ良いさ。
 


 あと、これはブログなり日記なり文章を書いている方ならば味わったことがあるかもしれないが、書いている最中に自分が考えて書けるスピードを超えて文章が自然に作り出されていくことが私にはある。
 考えながら書くのではなくて、書いている本人でさえ制御できない勢いで文章という物が溢れ出てくる日があるのだ。
 ランナーズ・ハイというか、ゾーンというか、そういう状態になった日の文章を読み返してみると、まるで自分で書いたものとは思えないほど流れが良くて、主張も強くて思わず自分でコメントを入れてしまったりする。
 
 プロレスでも相撲でも、哲学的なことでもロマンチでも、どんなジャンルの記事を書いていてもあの状態が現れる日がある。
 あれは何なのだろう。茫漠たる砂嵐が止んでいる状態なのだろうか??
 奇妙な話だが、あの状態になると楽しいのだ。
 文頭に 脳みその内側や外側で何が起きているのかを追った と書いたが、多分これは私の脳みその外側で起こっているスパークであるような気がしている。

 ・・・スタンド能力か?
 スタンド使いはスタンド使いに引き寄せられるのか??




 
 残念な事にその状態にスイッチが入ることは少なくて、多くの記事はてきとーに気を抜きながら、てきとーにアホなことを、てきとーに力を入れながら書くのだった。

 そして、てきとーな記事の方がコメントが盛り上がったりして、そのコメント欄でのやり取りの中で、迷っていた事に対する何がしかの重要なヒントみたいなものが浮かんできたりして、これがまた面白い。 


 
 自分の文章が文章として生まれ出てくるプロセスをちょっと分解してみたら、面白そうだったから記しておこ~うっと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
図星、よりも。
  marさんの中に滞ってる「something」に非常に興味があるだけで。迷っていらっしゃる事を一緒に整理して行きたいな。

 「どうしたいのか?」とか、「そのためにはどうすれば良いのか?」の答えは、ほら、marさん自身がすでに気付いてる。
 気付いて言葉にできてる。
 そこまでできてるのに「でも、できない」って、自分の中に滞らせちゃってる。できてるじゃん、もうすでに。

 思いを持ってる、言葉も持ってる、興味も持ってる。

 それだけで私にしてみりゃ物凄い武器を装備されているように見えますけれども。
 
 >結構本音で切り込んでこられるので、私は反発する気持ちを持つこともある

 そうなんですよ。そこが大切だと私は考えています。反発なんです。「なぜそう思うの?」「なんでそんなこと言うの?」っていう部分がね。

 だってねmarさん自身「批判されてみたい」って願ってましたよね?同時に「それに対応できるかどうか不安でもある」と。
 批判するってことは、その文章を読み込まないとできないんですよ。それだけの思いの篭っていない文章に批判的なことなんて書けませんからね。真っ向から対立する意見だけが批判じゃありませんよね。
 ちょっと違った角度から同じ物を見てるってだけで、全然違って見えるから、そうやって物事を立体的に捉えてみたいだけで。
 (今のマスコミがよくやっている、言葉尻だけを捉えて揚げ足を取るのは批判とは言いませんからね~)
 
 思いを込めて書かれた文章だから、こちらの思いをぶつけたいんですよ。そこに書き方のテクニックとかはあまり関係ないと思ってます。私は。

 
 >「なぜ私の書いたものはつまらないのか」

 いやほら、それを好きだと言ってくれる人だっているわけだし。・・・正直、私は「あぁ~ゴメン、難しすぎ」「いや、それ私知らないし」って部分はあるかも。例えば

>鈴木孝夫さんの文章は・・・
 の部分に関しては、
「そうですか。でも、私、残念ながら鈴木氏を存じ上げません。ゴメンネ~」としか返せないし。

>「とても」「かなり」「感動した」
 別な言葉でそれを表現できたら、面白くなるってことなんじゃないでしょうか? 
2008/06/15 Sun 07:06:11
URL | フクフク丸:to mar 様 #oKAhFFW. Edit 
レンゲさんへ
そんなふうに言っていただいて、ありがとうございます(o^_^o)
何度も書き直すのは、一度で自分の気持ちにぴったりくる言葉が出てこないことが多いからなんです。
一度書いて読んでみるとデコボコしていて、出っ張ったり欠けていたりする所が多いんですが、そう感じる部分は、自分の正直な気持ちよりも多すぎたり、反対に正直な気持ちをしっかり出せていなかったりする所だと思うので、そういう所を本当の気持ちにぴったりくるように書き直しています。

たかだかブログですが、自分の思いを伝える場所にもなっているのだし、納得いくようにやりたいというのがありますよね。
といっても面倒な時はそんなに頑張ることもないし、気楽にやればいいので、ブログは気持ちを整理するためのいい場所になっています。
でも、一度で書き表せるなら、それに越したことはないですね。

レンゲさんの文章は最高ですよ。
時には深く深く真面目に、時には笑いで人を笑顔にさせるような優しさがあって。
どちらのレンゲさんも、私達を元気付けてくれていることは間違いないと思います。
こんなことを言うとレンゲさんが書きにくくなってしまうかもしれませんね。
そのままでいてくださいと言いたかったんです。
2008/06/14 Sat 18:04:27
URL | mar #.ihqtHQ2 Edit 
marさん、ワタシも
marさんの記事はいくつも印象に残ってますよ。
「瓶手紙」もそうだし、長渕関連、その他哲学系のヤツとかも。

そもそも、ワタシは個人的にmarさんの文章が好きなんですよね。

慎重に慎重に、言い回しを考えながら何度も推敲して書かれてるな~というのが伝わって来るんです。
人柄が出ているというか。

ろくに見直しもしないでアップして、しょっちゅう見た人に訂正されてるワタシとは真逆ですね(爆)
(人柄が出てる・・・凹)
見習いたいと思います。
2008/06/14 Sat 13:37:43
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
図星
「整った文章でつまらない」よりは、「整っていないけれど面白い」の方が好きですね。
「整っていてしかも内容も面白い」だったら最高だと思いますが、ちょっと自分には難しいですね。

私は大袈裟な表現で人に楽しまれる文章よりも、「ことばと文化」の鈴木孝夫さんのような文章の書き方に憧れています。
鈴木孝夫さんの文章は、内容は堅くてとても抑制されているけれど、文にリズムがあって文学的なものさえ感じるところが好きです。

私は「とても」「かなり」「感動した」と言い過ぎてしまう方で、自分で読んでもうそ臭くなってしまうので、大袈裟に表現しないように気をつけているんです。
自分で読んで気持ち悪くなることが多いので、大袈裟に書きすぎたと感じる箇所は、後から必ず間引くことが多いです。
「言葉が過剰で自分でも気持ち悪く感じる」よりは、「言葉が足りなくて味気ない」ほうがまだ好きなので、そう心掛けているような気がします。

…だからつまらないのね(^▽^;)

でも、書き方の問題もあると思いますが、やっぱり「内容が薄いからつまらない」というのが、私の文がつまらない一番の原因だと思います。

オチもなく、感動もなく、「…だからどうした」という内容が多いんですが、こればっかりは、自分自身にいろんな思想や人生経験を身につけないと、小手先ではどうにもならないことなので、道は遠いと思います。
でも、いろんな分野の本を読んでいると、だんだん自分なりの考え方の下地ができてくるので、楽しいですね。

私はフクフク丸さんの「カズノコ、バリボリ」のカテゴリーを読んで面白いなあと思いました。

それから、フクフク丸さんは結構本音で切り込んでこられるので、私は反発する気持ちを持つこともあるんですが、後から考えるとその本音の部分の意見に腹が立つのは、図星だからかもしれませね。

これでも後から考え直して、フクフク丸さんの意見を参考にさせていただいているつもりです。
2008/06/14 Sat 10:45:13
URL | mar #.ihqtHQ2 Edit 
いやぁ、照れるなぁ。
 例えば。
 ガチガチの文章スタイルで「ありがとうございます。お褒めに預り大変嬉しいです」って書くのと「いやぁ、照れるなぁ」って書くのとでは印象的にどうですかね?

 別にお金もらって書いてる文章じゃないんですから、整った文章でなくても良いんでないでしょうかね?整った文章を書く練習としてブログを書いてるならそれはそれで良いんでしょうけれど、marさんは「面白い文章を書けるようになりたい」と書かれてましたもんねぇ。

 楽しいなぁ~って思いながら書いた記事は、楽しいですよ。きっと。いやぁ~、面白い!と思いながら書いた記事は面白い。

 要するに感性が近い人たちが引き合ってコメントのやり取りが始まるんだろうと思うので、楽しかった事を最大限に楽しく表現したり、悩んでる事をオーバーに書いてみたり、大袈裟に表現してればもっと面白くなると思いますねぇ~。

 その点、「瓶手紙」は良かった。めちゃ印象に残ってますよ。
 ネタの出所なんてどうでも良いんですよ。アレとコレがくっついた発想でも、継ぎ合わせでも何でも良い。他人の意見とか文章・あらすじをそのまま載せるんじゃなくて、自分の味付けをすればmarさんは相当面白いブロガーさんに変身しちゃうと思います。
 
 変身しちゃえ~!
2008/06/13 Fri 06:05:51
URL | フクフク丸:to mar 様 #oKAhFFW. Edit 
面白いですね
この記事を前に拝見した時に思ったんですが、文にリズムがあって読みやすいし面白いですね。
私がもしこの長さで書いたら、多分何かの検索とかで来られた人には、2,3行目で去られると思います。

「なぜ私の書いたものはつまらないのか」と時々考えるんですが、それが分からないんですね。

自分で過去に書いたものを読み返すことがあるんですが、自分でさえ読むのが面倒になって、5行目くらいで「つまらんなあ」と思ってしまうんだから、おかしなものです。

それでも、30個に1個くらいは、自分で面白いと思えることがあるんですが、何がどう違うのかはよく分からないでいます。
多分、「見栄をはらずに、素直になれているかどうか」だろうと思うんですが…・。

「自分が考えて書けるスピードを超えて文章が自然に作り出されていく」と書かれていましたが、私も過去にほんの数回だけそんな気がしたことがあります。
普段は、書いたものを何度も何度も書き直して、それでも全然面白くならないのですが、珍しく自然に一気に書けた時は、ほとんど書き直す所もなかったりして、不思議だなあと思ったことがあります。
2008/06/12 Thu 12:18:03
URL | mar #.ihqtHQ2 Edit 
ブログはニュースではなくても。
 ブログとかBBSってニュース性が低くても構わないと思います。
 なぜならばニュースはニュースでやっているわけですし、タイムリーな話題で盛り上がっているところはいつでも盛り上がるでしょうけれど、常に先取りして書き続けなければならないという宿命も同時に背負う事になるでしょうから。

 しばらく静観し、じっくり後から書くというのもブログの面白さかもしれません。私の最近のプロレス記事なんて、北海道の遅~いテレビ放送を見てからですからね・・・。

 私は、野神氏の 詳細な説明 と共に語られる、自己主張の文章が好きです。真っ直ぐな主張は時として誤解されやすく、何かと批判的なコメントも時折見られますが、自己主張は自己主張ですからね。

 そんな批判を受けようとも、持論を展開する中でも相手を尊重し、議論として成立させようと試みていらっしゃる野神氏の文章スタイルに大いに影響を受けている私です。
 
2008/05/30 Fri 08:10:03
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
前世・・・だとしたら
 >前世が、動かしてるんですょ~♪

 だとしたら、もうなんて言うかメチャクチャ思いを残して無念の死を遂げたのでしょうね。で、こういうチャンスが巡ってくる時期に合わせて生まれてきたのだと・・・だとしたら、是非、もう一息頑張って頂いて、これで飯の食えるステージまで上がって行きたいところです。
 カネにならなくても、飯のタネになるような・・・

>何でこんな事思い付いたんだろ?

 いや、その疑問の前に「俺、スゲーッ!天才ッッ!!」と思います(笑)。

 本は本当にあんまり読みません。ただ、面白いと思った本(主にマンガ)を何度も読み返してみたり、ガツンと来た音楽を何度も繰り返して聴いて血肉に刷り込むという作業はしてきました。

 なので、幅広くよりも 奥深く が私の主眼かな。
 
 この表現をした時に、作者はどんな心理状況で何をどうやって考えたらこんな言い回しでここまで感動できるんだろう?とか、衝撃を受けながらも分析している自分がどこかにいますね。
 
 どんなに凄い作家の表現でも、同じ人間の表現なのですから、俺にできないわけが無い!とか思ったりすることもあります。そういうのをマネする時点でオリジナルには絶対に到達できないんですけどね。色んなのを真似て、いろんな色が混じってオリジナルになることはあると思うので。

 濃い色同士を混ぜて、変な色になってるのが私です。

 そんな自惚れ屋v-238な自分が大好きです。
2008/05/27 Tue 16:29:38
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
スイッチが入るタイミング
正直、僕は”文章”が上手いとはとても思えませんので、とりあえず思った事を自分なりの適切な表現で書いてるだけなので、たまによーく読み返すとおかしな言い回しになる事が多々あります(汗)

でもって、最近仕事がちょっと忙しくなって、家に帰る時間もちょっと遅くなると、ブログを書きたくても全く”脳”にスイッチが入らず結局何も書けずに終ってしまいます。途中でやめるならまだしも、”タイトル”を書いた時点で、「やっぱりめんどくさい。書くのやーめた!」という事がよくあります(汗)

でも、今日みたいに休みの日に久しぶりに何か書こうと思い、そして一度書き始めると気が付いたら勝手に頭の中に”文章”が浮かんで、勝手に指が文章を打ち込み、そして気が付いたら”長文”になっていた、という事がよくあります。特に”プロレスネタ”や”音楽ネタ”ではそういうのは多いですね。短くまとめようと思っても、そういう時に限って頭の中から”文章”が清水のように沸いてくる。そして、フクフク丸氏が仰るように、もはや自分でもそれを抑制できないまま”長文”になっているんです。

何か”得意分野”の中で何かしらの”ネタ”が見つかった時、その事ばかりを集中して考えた場合、人間の脳はそこからあらゆる”情報”を引き出して、更に集中すればそれが次から次へと沸いてくるように出来ているのではないでしょうか。しかし、それほど興味の無いネタを一応”タイムリーな話題”として書こうと思っても、中々”文”が浮かんできませんからね。そういった意味でも、中々書きたくても書く機会がなかった”中邑VS武藤戦”、”飯塚の裏切り”、”諏訪魔の三冠奪取”等の”プロレスネタ”や、サザンの”活動休止”に伴う”サザンネタ”は書きましたが、中国四川の”大地震”に関しては結局書けていません(汗) 重大な”惨事”なんですけどね。
2008/05/25 Sun 19:39:57
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
それは・・・
前世が、動かしてるんですょ~♪
お前、コレも言っとけ!コレも言っとくかぁ~!と指令を出しているんですょ・・・きっとね。

後で、読み返すと
何でこんな事思い付いたんだろ?とか思うじゃないですかぁ。
きっと、そうだ。

それにしても、教授もレンゲさんも単語や表現が、沢山有りすぎ(笑)。羨ましい!
私のダメなとこは、本を読まないって事だよな~反省。
脳みそ、ちょっと頂戴!
2008/05/25 Sun 08:13:41
URL | hi_me #- Edit 
朝からテンション上がりますわ~あっはっは~
 いえ~い!ほ~めら~れた~♪うれし~。

 メッセージ性の強い音楽を聴き、メッセージ性の強いマンガを読み、メッセージ性の強いドラマにしか興味を示さず、今に至る者です。

 ボキャブラリーは・・・多いのかなぁ?
 気に入れば漫画は隅から隅まで何度も読み返し、歌詞カードはそれこそボロボロになるまで読み直し、ドラマはセリフを書き出したりしちゃいますね。

 で、その言葉の響きリズム感とかを刷り込んでるみたいな感じかなぁ。自分をそれに同調させると、今度は同調した自分が新しく誰かを響かせるみたいな・・・。
 波紋に似てます。

 >ランナーズハイ
 ありますか。やっぱり。私の場合、感情が先走ってスパークしていると言葉につながらない気がするんですね。どちらかというと、その自然に溢れてくる言葉たちに自分のカラダが興奮して打ち震えてしまうようなそんな感覚です。

 アレ、何が溢れてんだろう・・・?
 
2008/05/25 Sun 06:24:43
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
丸ちゃんの
文章力にはただただ脱帽ですよ。
自分の言いたい事を、たくさんある言葉の中から最も近いものを選ぶには、それだけ言葉を知らないといけないわけで・・・。
ワタシなんかそれが大の苦手で、いつも苦労してますが、結局適当な言葉が出なくて・・・悔しいけど「グシャ!ポイ!」しないでそのまんまです。
だって、考えたってボキャブラリーが少ないんですもの~(涙)。

しかし、ランナーズハイっぽい状態になることは確かにありますね!言葉を選ぶとかいう次元を超えて、手が勝手に動くような感覚で。感情が脳みそから溢れ出ちゃうと ああなるんでしょうかね。
2008/05/24 Sat 07:48:02
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/817-a2618184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。