フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
08 « 2017 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/03/02 Sun  08:16:16» E d i t
 » しがらみネットワーク 
 先日、地元の幼馴染と酒を飲んでいてお互いに丸くなったなと思ったのが、

 「ずっと しがらみ がイヤでイヤでしょうがなかったけど、これと自分が噛み合った時に生まれる力ってあなどれないと思わない?」
 「思う思う、強烈に思う。」


 しがらみは自分を束縛するものだとばっかり思ってたけど、自分の出方次第では強力な地盤となって、自分をグッと押し上げる追い風吹かせたりするもんだよな。

 自分の角が少し取れてきてその しがらみ の中に入って行けるようになったからなのか、年齢的にそういうのに入れてもらえるようになったのか。

 近所付き合いだとか、親戚付き合いだとか、親の力だとか、そのなんだかんだイロイロなものが鬱陶しくてたまらなくて自分ひとりの力を試したい時期を経て、疎外感を感じて、孤独を感じて、自分なりのつながりを作って、周囲を見渡した時に誰かに支えられて、誰かを支えている自分がいて。

 重荷に過ぎないのだと思い込んできたものは、実は宝物だった。
 
 感謝です。感謝するから変われるのか、変わったから感謝できるのか。そのどちらでもあるんだろう。お互い子供が生まれて、どうしたらこの子がより良く生きて行けるだろうかって考えた時に、たくさんの人の手を借りて生きているということのありがたみが胸に沁みたんだろうね。

 けけけけけけ。オヤジになったもんだぁ~
 オヤジだも~ん。良いんだも~ん。




 響いた。良い言葉だった。





 ・・・他の話題は酔っ払っててほとんど覚えてないんだけどね~・・・あぁ。ハンセンのラリアットが最強だって話したのは覚えてるけど・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
え~、考えすぎかと思われますが・・・
 私は田舎生まれの田舎育ちで、学生時代は町の外に出ましたが、生まれ故郷に戻ってきたクチです。
 完全に田舎モノで、都会の感覚からは大きくかけ離れているモノの見方でこの記事を書いているかもしれません。

 しがらみよりも何よりも「自分の過去をみんなに知られているという後ろめたさ」みたいなものがプレッシャーになり続けてきたんですよ。私の場合。生まれ故郷に住んでいるとなおさら、過去からのしがらみに雁字搦めにされているような気がして。別に、子供の頃悪い事してたワケじゃないんですよ。反対に大人に褒められるような良い子だったんですよ。

 常に何かを期待されて、常に結果を出す事を求められて。

 そういうように見られている と、感じていたんですよ。だから、自分が(成功という)結果を出さないと自分は自分じゃなくなる って思ってましたから。

 仕事するようになって新しい世界に飛び込んで、実力もない、何に向かって努力すれば良いのかも分からない、目先の目標さえも立てられない、与えられる目標も無い、空回りする自分に苛立ちを覚えて、そうやって苛立ちながらも結局何も出来ていない、結果を残せていない自分がいて、何をどう誰に相談すれば良いのかも分からずに、ガムシャラにもなれない時期がありました。だって、ガムシャラって目標あってこその破れかぶれですからね。
 当時の自分を気遣って、優しく声をかけてくれた古くからの友人に辛く当たって傷つけたりもしましたよ。
  
 でも結局は、誰がどう見ていようと今の自分は今の自分なんですよね。
 過去から来て、今こうなってるけど、じゃあ、未来もこのままか?って聞かれたら「それは違うよ」って、今なら自信を持って言える。

 「精一杯の今」を積み重ねて行って、失敗してもまた違う角度から挑戦して、諦めないで、何度でも挑みかかる、そういう人間の姿勢に私は惹かれます。勝とうが負けようが、結果が出たところで人生は終わりではない。
 ならば、自分もそういう潰されても起き上がってくるようなタフな人間であれば良いと、自分で思えるようになりました。

 そして、潰されても立ち上がるためには私のようないいふりコキ(格好つけ)には自分を納得させる理由が必要なんです。  

 応援してくれる仲間のために。
 自分を少しでも理解してくれるみんなのために。
 家族のために。
 妻のために。
 子供のために。

 そして、それら全てが、自分を中心に広がって行く同心円状に点在していて自分が描いた人生の軌跡になって行くのだと思うのです。
 お互いの人生を響き合わせて行けると思えるような人に出会う喜び、楽しさ。相手からそれを引き出すために、まずは自分が開いた人間でありたいのです。
  
 ダメな自分、カッコ悪い自分、酔っ払って泣く自分、熱くなって親友と口論してる自分、意外と引っ込み思案な自分、言いたい事を言えなかった切なさを愚痴る自分・・・自信満々で言い放つ自分、その割に上手く行かなくて落ち込む自分、ふさぎ込む自分

 自分がそういう経験して、思い知るから他の人に優しくなれる。口から出任せの責任を伴わない優しさじゃなくて、同じ視点に立って選択肢を提示できる優しさを身につけることができる。見た目は厳しい事言っていてもそれが自分から見える真実ならば、相手に嫌われようとも別にそんなの問題ない。間違ってたら素直に謝れば良い。

 優しくなれれば、自然と人の輪・人の和が広がって行く。

 そんな感じですかね。

 それでも、こんな俺でもちゃんと生きてます。皆さんのおかげで生きさせて頂いてます。って、感謝しながら生きてます。
 できれば、少しずつでも感謝の気持ちを行動や形でお返ししたいと思いながら、生きてます。

 難しい事ではなく、友人が懐かしいなぁと思えば連絡すれば良いと思いますし、他の人と何か会話するでも無理に話をすり合わす事もないでしょうし、「自分はこう思うんだけど、アナタはどうですか?」ってな感じで良いんでないでしょうか?
 それで響く人はどこまでも響き合うし、響かなくてもいつかどこかで響いてくるかも知れませんし。

 本気で良い自分も悪い自分も出して行けば、それがその人の魅力になっていくような気がします。
 他人の評価や見方なんて、自分次第でなんぼでも変わって行きますから、気にはなるけど気にしすぎないのが私流ですね。
 
2008/03/11 Tue 07:02:34
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
今その”逆の道”を歩んでいる(悲)
自分も”しがらみ”というものに悩まされ、いつしかそういった”しがらみ”を除去するようになっていたのですが、気が付くとやはり周囲からの”距離”が生まれていて、新たな”交流関係”を作ろうにも、そういった”気質”が一度付いてしまうと、そこでも周囲がそれを察知して自分から”距離”を置くようになっているように思えてならないのです。

僕は元々”人付き合い”がそれほど得意な方ではないし、そこで妥協すると大概”損”な役回りをする事が多かったり、そうなるといつしかその”しがらみ”から距離を置くようになり、やがて周囲も自分から遠ざかって、結局”孤独”になってしまう(寂) けど、「いざ!」という時に”1人”ほど不利な事は無いでしょうね。

お笑い芸人の犬井ヒロシじゃないけど、「自分でやりたい事を求めるために”孤独”を選ぶか、何か”窮地”に立たされた時に助けてもらうためにも”しがらみ”を我慢してたくさんの”仲間”を作るかは、”自由”だ!」とは思えど、「でも、完全に1人になった時、家に”空き巣”が入って財産全てを持っていかれて、そして誰も”助け”に応じてくれなくなっても知らんで。」みたいな風にはなりたくない。しかし、でも自分にしか出来ない事、自分にしか解らない事って結構あると思うんですよ。それが出来ないまま一生を費やすのもどうなのだろうか?と思う時もあるし・・・。これは難しい問題ですなぁ。

大学時代の友人とは半年前に会って「今度どこどこ行こうよ!」みたいな”口約束”をしたきり一度も連絡取れていません(汗) 正直、その”約束”自体が自分があまり気乗りしない部分もあって、結局こちらからはあえて連絡を取らなかったのですが、やっぱりこれじゃ駄目なのかな?ここ最近思うようになりました。しかし、今唐突に連絡取るのもなんか”きっかけ”が必要だし、それに基本的に”単独行動”我好きである僕はやはり”そちら”の方でやりたい事が山ほどあったりして、でもどっかで”妥協”しないと駄目なのでしょうね。

それから、行きつけの”居酒屋”で知り合った人もいますが、そこにもそう毎日はいける訳でもないし、しかし行かなきゃ行かないでそういう人たちとも”距離”があく訳で・・・。”仕事場”に到っては、自分が今いる部署の人員が極めて少なく、他の部署との距離も開いてしまっているし、逆にそうしなければこちらの仕事もしにくくなるため、結局他の社員との交流も殆ど”無”に等しくなるし、また、そういった人たちと会社帰りに飲みに行く事もできるでしょうけど、帰り道の”方向”が他の人と違う、というのもあったりで・・・、どんどん”しがらみ”から遠ざかって”孤独街道まっしぐら”になってしまっています(涙)

いや、そういう”たった一人”の状態から這い上がってきた人もいっぱいいる訳ですから、無理して他人に媚びへつらうよりかは、ある程度は”自分自身”で何かを切り開くしかないのかもしれませんね。
2008/03/09 Sun 15:11:37
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
選別は必要かも・・です
 しがらみって、自分の過去に起因するモノと、生まれながらにしてすでに親だとか親戚だとかなんやかんやで しがらんでいた モノに大別できるような、できないようなそんな気がします。

 子供の頃は、ワケの分かんない大人の関係に振り回されるままになりますが、それが鬱陶しく感じる年代を経て嫌って遠ざけることによって再度、複雑にしがらむ関係性の中に身を置かざるを得なくなった時に鬱陶しさよりもある種の懐かしさを伴った安心感を感じるようになると思います。

 あぁ・・・面倒臭い言い回しになってますね。
 ごめんなさい。脳みその回転がよろしくありませぬ。

 続けます。
 んで、自分の過去の言動に起因するしがらみはこれはこれで厄介ですよね。こちらの方が「自分を束縛するもの」としての「しがらみ」という言葉を的確に表現しているのかもしれません。
 過去から自分を知る他人(親・親戚・兄弟・幼馴染・友人など)からの評価と言うのは、なかなか無視できませんし、時として人生を左右するほどに重たい影響力を持ってしまいますから、これは厄介です。

 でも、自分の行きたい方向が漠然とでも見えているのであれば、解けないしがらみはないと考えています。
 ただ、時間を掛けてでも解くべきしがらみなのか、時間を掛けるだけ無駄なしがらみなのかは注意して選別する必要はあると思います。無駄なものに構ってるヒマなんてありません。放置しておけば良い。

 その判断基準は飽くまでも、自分たちお互いのためになるかならないかという部分ですよね。
2008/03/04 Tue 05:35:37
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
難しいとこですね。
「しがらみだ~」って感じる部分は、やっぱりあったりして、それは鬱陶しかったりもして、切りたいしがらみは正直あります。(^_^;)
まだまだしがらみの全部が「宝」とは思えないんですが、やはり確かに支えられていますよね、色んな人たちに。
ただ「しがらみ」と言う言葉自体、嫌なもの・邪魔なもの・面倒くさいものという前提な気がするから、「しがらみ」と感じなくなった時点で、宝と思えるようにもなるのかもしれませんね・・・。
2008/03/02 Sun 16:52:11
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/752-73c271ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。