フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/02/21 Thu  17:45:53» E d i t
 » オバマ氏オーラ 
 アメリカの大統領の選挙なんて興味ねぇ。
 別の国のトップが変わったから、俺の晩飯が豪華になるわけじゃねぇ。
 何を熱くなって別な国のトップがどうなる?とか激論してるの?ワケワカンネ。

 どちらかと言うと、私はこんな感じでアメリカ大統領選挙を見ていました。

 「所詮は金の力がモノを言うのと利権団体にとって都合の良い人間が大統領になるんだろ?」
 
 アメリカ大統領選挙の仕組み→NHK週刊子供ニュース「アメリカ大統領選挙のしくみ」

 毎度毎度日本のマスコミでも頻繁に取り上げられるほどヒートアップしてるアメリカ大統領選挙ですが、今回はどうも様子がオカシイ。私の様子がオカシイ。見ていて面白いのだ。ワクワクするのだ。私が年齢的に政治や経済に関心が出て来たから?アメリカの政策が日本や世界に及ぼす影響やそれが生活に直結していることに気が付いてきたから?


 どうやらそのどちらもそうなのですが、一番の理由は、やはり「女性候補・ヒラリー・クリントン」と「黒人候補・バラック・オバマ」が騒がれているからです。


 どこの先進国でもタテマエでは「機会は平等」ながらも、依然として性別や人種による差別が厳然と残り続けるこの時代に敢然と、そして颯爽と立ち向かうが如く飛び出した二人の候補。イギリスではすでに女性宰相が鉄腕を振るっていた時代がありますが、アメリカでは女性や黒人にはいくら能力があってもある程度の政治的階層よりも上に上がる為のチャンスすら開かれていなかったように私は感じています。

 ・・・詳しいことは勉強してませんから、過去にもこういうチャレンジがあったのかもしれないんですけどね。

 
 どうでしょうか?
 アメリカは二大政党制で、この2人が所属する民主党の代表(指名候補)としてどちらが大統領選に望むかという段階なのですけれど、この時点ですでに候補者はこの2人に絞られているも同然のような日本の報道ぶりです。現実はどうなのか知りませんけれど、共和党のジョン・マケインなんてほとんど名前も出て来ないし(どうでも良いけど変換したら「負け印」になったし)。

 
 私はもう、この記事の表題の通りオバマ氏オーラにやられてます。


 なんだろう。態度。声。仕草。表情。
 英語を聞いても内容は分からないけれど、確かにニュースで見るその翻訳テロップでは候補者それぞれみんなそれ相応に真っ当な事を喋っているんだけれど、オバマ氏の発するオーラというのは、他候補の追随を許さないように感じています。

 折りしも「KY(空気を読めない)」という言葉が蔓延している日本ですが、政治の世界では事実上差別を受け続けてきた(とされる)有色人種の若い男がアメリカ大統領選挙に立候補するなんてKY限りないではありませんか。

 痛快すぎるKYゆえにみんなが唖然とし、その後に感動し、引き込まれるではありませんか。
 
 当然、このことを愉快に思わない既存勢力だって多いことでしょう。

 若き猛き大統領・ケネディを礼讃しなかった勢力が公然と彼に牙を剥いた過去を、オバマ氏も、多くのアメリカ国民たちも何度も何度もマスコミによって繰り返しインプリンティングされてきたことでしょう。
 「飛び出す者への警告」として、今なおケネディの死の映像は大衆を気付かぬうちに洗脳し続けるが如く定期的に流れています。日本でも。

 それさえも、乗り越えて。
 その恐怖すらも、あの時アメリカが心に負った傷や、虚しささえも乗り越えて、オバマ氏はそこに立っている。

 痛快だッッ!!

 この男を目撃できる時代に生まれたことを、うれしく思えるほど痛快だ。
 違う国の彼を良く知らないごく一般の男にこれだけの爽快感と嫉妬心を抱かせる、いわば時代のヒーローなのだと思う。
 彼の拓く時代を見たい。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私が思い浮かべていたのは・・・
 私が重ね合わせていたのはウイリスですね。
 「アーノルド坊やは人気者」というアメリカンホームドラマの主人公・アーノルドの兄ウイリスです。知ってますか?

 ・・・知りませんよねぇ・・・

 →http://sapporo.cool.ne.jp/notenough/drama/review/diff.html

 北海道特産なのでしょうか?アーノルド坊やは。

 元アル中でも、お金持ちの武器屋さんとか石油屋さんに取って操りやすければ大統領になれちゃう国ですからねぇ・・・。

 あぁ、ヒラリーさんよりもモニカ・ルインスキさんの方が印象深い私は不適切なのでしょうね。
2008/03/14 Fri 17:03:15
URL | フクフク丸:to メガネ 様 #nEGNSUhE Edit 
オバマ氏いいですね。
彼からはじゃがいも臭い感じがするんたけど悪い意味じゃなく、わりと苦労したり恋したりしながらきちんと生きてきたんだなってオーラですねえ

そんな黒人らしい黒人のオバマくんは見ていて楽しい
わたしは映画「アメリカンギャングスタ」の黒人に重ねてみています
2008/03/13 Thu 18:21:43
URL | メガネ #- Edit 
ありますよ。ありますとも。
>自分の中にも差別的な心
 ありますよ。
 決まりきった暗黙の了解とでも言いましょうか、絶対それ以上はどうしようもないラインとでも表現しましょうか。
 歴史がそれを積み重ねてきて、宣伝を繰り返されて・・・しかもそれを教育という形で刷り込まれてきたのだから、どうしてもそういう感覚はあります。

 日本にとってオイシクなければ一旦ダメになって、そこから傑物が出れば新しい日本になるだろうし、出なければ植民地にでもなる(資源が無いから植民地としても魅力はない)でしょう。
 アメリカにとって日本は「極東に睨みが効く地理的要因という最大の魅力があるから、甘い汁吸わせて骨抜きにして、いつでも利用しやすいようにしておく」のがベストなので、誰が大統領になってもそんなに冷淡な扱いになるとも思えません。

 いえ~い!久しぶりに真面目っちゃった~。その辺、熱く論議ってみますか?たまに。
2008/02/23 Sat 06:39:23
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
同感。
断然オバマ氏でお願いします!
同じくなんかわかんないけどオバマ氏、いいですよね。

そもそも、黒人の大統領誕生か?というところに興味を感じてしまった時点で、すでに自分の中にも差別的な心があるのかもしれないなー・・なんて思いもしますけど、今はそんなことはおいといて、人間的にすごく魅力を感じます。

ただ、彼が大統領になったとして、それが日本にとってオイシイかどうかはわかりませんけども。
2008/02/22 Fri 22:45:38
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/744-e6686a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ο????ήвスライドショー?ν???Ф???¸?褦?
2008/02/22(金) 23:03:11 | ?? ήвスライドショー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。