フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
08 « 2017 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/02/03 Sun  03:51:55» E d i t
 » 丸 meets 凄い男 
 その男は一風変わったアトリエのような事務所に微笑みを湛えた表情で私を招き入れた。

 白髪で物腰柔らかく、柔和な表情の中にも時折鋭い視線を織り交ぜ、ゆっくりと遠回りな話をしながらもその男は、私から私自身の心の奥底に入り込んで来てモヤモヤと感じながらも言葉にできなかった様々なことを掘り起こしてイメージという段階まで引き出してくれる。

 仕事の絡みの出会いだが、その男と話している時間は仕事という言葉について回る全てのマイナスイメージが払拭されている自分に気付く。

 「その”イメージ”を形にするのが私の仕事なのだよ」と、ニッコリ笑う。
 もともとは建築家。
 でも、今は多様な才能を発揮していて、職業が括れない。
 まさに 自由業
 色んな物事のトータルプロデューサー。町のご意見番。

 ん~、ひとことで言えば「長老」みたいな感じか。
 
 その男と真っ直ぐに話をしていると、行き詰まっていた事、立ち止まっていた事、胸につかえていた事の正体がおぼろげながら見えてくる。

 私は・・・きっと多くのひとが、本当は実現させたい希望や理想があるのに不安や恐怖の方を漠然と強く感じてしまい、モヤモヤとしながらも目を背けてて時間が流れてそのうちうやむやになっちゃって忘れてしまうのを待ってしまっている。
 

 その男はそんな大切な「未来へのイメージ」に対して、今の自分が何をできるかを 「教えてくれる」 のではなくて 「気付かせてくれる」 のだ。

 不思議なのはその答えが導き出されるように自分の中から出て来ることだ。

 私は、優しく微笑むその男からどれだけの物を引き出すことができるだろうか?また、その男は私の中でまだ眠っている(かもしれない)どれだけの物を引き出してくれるだろうか? 

 とても面白く、興味深い、初老の凄い男に出会った。 




 ・・・その凄さに出会うために、話している時間の85%くらいは多分ほとんどの人が辟易してしまうような彼の長ったらしい自慢話(昔話から、開発中の機械、あるいはブラックシリカがどうだとか)に付き合う必要があるのだが、私にしてみればそれもまた刺激に満ちていて楽しいのだ。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/735-6c1176ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。