フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/01/17 Thu  06:47:56» E d i t
 » 付録 
 はい、みなさん。工作は好きですか?
 私、工作大好き!

 ・・・大好きなのに下手くそで・・・ノリヅケとかいつもはみ出して、指がベトベトして他の部位をその指で触るから薄汚れた感じの出来上がりになってしまう。
 モノを作るのは大好きなんですけど、不器用なんですよ。

 3つ離れた弟に「器用さ」が偏って遺伝されたらしく、それと比較されてしまっていつの間にかモノを作るのは学校の図画工作の時間だけという感じになって行きましたねぇ。
 比較とは残酷ですねぇ。芽を摘みますねぇ・・・。

 それでも図画工作→美術は小学校1年生から高校1年生までずっと最良の成績を修め続けたんですけどね。ええ。自慢ですけどね。高校2年生の時に来た美術の先生が水墨画とかやらすもんだから一気にゲンナリ来ちゃってふてくされたんですがね。


 それなりに成長してしまうと、あんまり工作する機会がありませんよね?
 ありますか?工作というより、ちょっとした機械の修理だとか、ちょっとした技術家庭の方のテクを使った作業だとかはするんですけど工作なんて・・・しますか?
 牛乳パックで列車作ったり。
 いや、飽きたら捨てるからエコでも何でもないんですけどね。

 
 
 私たちが子供の頃から、雑誌に付録がついて来てたんですよ。
 覚えてますよね?付録。
 紙と輪ゴムで作る戦隊モノのロボットだとか、ちょっとしたピンポン玉の小さなヤツみたいなのを転がしてゴールさせるようなのだとか、アニメのやたら小さなカルタだとか・・・アレです。

 多分、あの付録とノッポさんの影響で工作が好きになったんだと思うんですよ。

 我が家の子供達もそういう情報誌を欲しがる年代に突入しまして、ちょっと見てみたら最近のは凄いですよ。CDとかDVDがついて来るんですから。昔なんて、なんか赤とか緑とかのビニールで作った安っちいレコード紙で作るレコードプレーヤーだったじゃないですか。手で回したら回転数を合わせるのが難しいから結局は家のレコードプレーヤーで再生したりして。
   
 応募者全員に当たるソフトビニール人形なんてのもある。
 あ、もしかして、アレですか?
 封筒に返信用の封筒と、代金分の切手を同封して送るヤツでしょうか?
 なんかそういうのあったような。
 届いたのが思ってたより小さくて半べそかいたような。


 ま、付録つきの雑誌は進化してるんだかしてないんだか良く分からないまま30年程が経過しているらしいですね。
 
 で、買ったんですよ。付録つきの雑誌。

 したら

 「お父さん、これ作って!」「こっちも作って!」「早く!」「早く!」 ・・・ああぁぁぁ、懐かしい。

 ちゃんと紙の付録も付いてきてるじゃん。

 どれどれ。作ってやるか。
 さすがにお父さんになった私はノリヅケでベタベタにせずに工作できるだろうなぁ・・・

 ・・・

 ・・・




 む・・・難しい・・・ 




 3歳以上向けの雑誌だよ?
 こんなん、子供が作れないでしょ?ダメじゃん。
 絶対、大人でも作れないヒトいるって。ダメじゃん。
 部品は細かいし、折り曲げる所は異様に多いし、ノリヅケする場所も複雑。
 

 え~?私たちの子供の頃の付録ってこんなに難しかったけか~?
 難易度高くて、ボロボロになっても小学生くらいからはかろうじて子供だけで作れたような気がするけども・・・。
 自分で作れるとか、せめて一緒に作れる程度にしとかないとつまらないでしょ~。
 輪ゴムで関節部分が可動するとか、付録にマニアックな動きは求めてませんってば~
 
 戦隊モノのロボットを組み立て終わったのは開始から1時間半後。
 子供達が寝静まった後だった。

 ちなみに、手元には5歳向けの雑誌の「ビーズアクセサリーおしゃれ鏡台」とかいうものが組み立てられるのを待っている。もう、見るからに複雑そう。



 
 いや~、もう作りたくねぇ。疲れた。

 大人がサジ投げちゃうくらいの難しい付録ですけど、子供は目を輝かせてそれができあがるのを待ってるんですよ。ま、3回くらい遊んだら飽きてそのうち邪魔になるか、壊れるかして捨てちゃうんですがね。

 せっかく付録つけてるのに、実はその付録がイヤだから雑誌を買わないお父さん、お母さんが多いということを小学館や講談社は知る必要があるでしょうね。 
 雑誌本体の内容は、情報・教育・趣味と多方面に意外と充実しているので購買意欲をそそられはするのですが、付録作りを熱烈にせがまれて長時間それに掛かってしまう上にその製作時間・過程を子供達と共有できないことが、再購読を足止めしちゃってます。


 子供がいきなりこんな付録つけられても、工作好きになれないかも。

 ロボットなら、頭・胴体・両手足の6個の長方形作ってマジックテープみたいのでくっ付けたり剥がしたりできる程度で良いじゃんか~。
 何が何でもロケット発射とか、3段変形とかしなきゃならないの?
 
 
スポンサーサイト

テーマ:ったくも~~~~~! - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
特殊工作員・きすけ殿
 そうです。製作者サイドからの「この原価でよりリアルを追及したものを!」という情熱がもう痛いくらい伝わってくるのです。
 でも、一般レベルの工作技量を超えてしまうと伝わるものも伝わりません。
 
 恐竜折り紙ですか。今の私にとっては こんぼう で ゴーレム に立ち向かうようなレベルです。

 そんな私が3年前に 「よし!子供達の情操教育ならびに右脳の発育のために!」とか少なからずたくらみながら スライムベス レベルの「おりがみ入門」を買ったにもかかわらずあまりの複雑さに対処できず本棚の片隅に バシルーラ したことを正直に告白しておきます。

 不器用でもちゃんと生きてます。
2008/01/18 Fri 06:01:15
URL | フクフク丸:to きすけ 殿 #oKAhFFW. Edit 
工作大好きな私が来ましたよ。
あいにく我が家にはまだ幼子がおりませんので、近年の付録事情には疎いところではありますが何となく複雑な仕様に進化していることは丸殿の文章から察知できます。
姪にせがまれ「恐竜折り紙」なんぞを購入したきすけ母が、あまりの複雑さに私に助けを求めて来ましたが、余りの折り返しの多さに血を吐きそうになった年末を思い出しましたよ。
侮れません勝つまでは。
2008/01/17 Thu 18:26:11
URL | きすけ #JwT7T6Sk Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/722-5779752a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。