フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/12/13 Thu  10:07:24» E d i t
 それは、今年の正月ではなくて、昨年の正月のことだった。

 嫁さんの実家で飲んで飲んで飲んだくれて、まどろみつつ寝室に入った私だったのだが、なんだかなぜだかテレビをつけてしまった・・・すると新選組!!土方歳三最期の一日というスペシャルドラマが放送されていた。

 
 私、新撰組を特別に好きなワケじゃないんですよ。
 幕末の人物で特に思い入れを持っている人物と言えば、吉田松陰なもので。

 これが・・・
 もう、酔い気もぶっ飛ぶほど、寝室の凍えるような寒さもぶっ飛ぶほどの熱いドラマで。


 日本が近代日本に生まれ代わるために、魂という名の礎を残して逝った若きロマンチたちの物語。それが、このスペシャルドラマ。

 それが、本日 再編集されて放送されるのだぁぁぁ!!

  <放送日時>

  NHK総合にて 2回に分けて放送!!

   2007年12月13日(木)20:00~20:43 本日!!

         12月20日(木)20:00~20:43


 よしんば今日見逃したとしても、20日の放送もあるから見てください。
 是非、見るべきだ。
 見ずにいられるか~
 
 金曜ロマンチ の「ロマンチ」 という言葉は、このドラマからもらっています。さあ、ロマンチって一体何なのだ!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ん~ロマンチ
 函館戦争の二傑でも北海道でも圧倒的に人気があるのは土方歳三。その場で斃れたがゆえに物語となって残った。
 榎本武揚は生き延びて新しい世の中を作る側に回り、蝦夷地そのものではなくて新しい時代を切り開く一助となったにも関わらず、物語になれなかった。
 大鳥啓介に至っては、本当に知る人ぞ知る存在となっている。

 ロマンやらリアルやらイデオロギーがぶつかり合って、傷ついて傷ついてそのイデオロギーのぶつかり合いが累々たる屍の山を築いてそれを乗り越えて時代は作られてきた。

 土方歳三は絵になる生き様だったのだなぁ。
2007/12/21 Fri 05:05:05
URL | フクフク丸追撃弾 #oKAhFFW. Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/698-a3dcc0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。