フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/12/07 Fri  00:00:00» E d i t
 降ってきた雪を睨み 
 黒猫が走る
 親友の書いた「最後の手紙」を届けるそのために 
 

白いささやき


 
 黒い俺のカラダを
 雪が阻もうとも

 届けて見せるさ
 やさしさと温もりを俺に教えた友がくれた名前

 “holy night” 「聖なる夜」が俺の名前

 冷たく全てを包み込む夜 これが
 俺の名前

冷たい吐息

 
 ・・・走った 転んだ すでに満身創痍だ・・・
 
 石を投げ 俺を罵る子供らを睨みつけ
 走った 走った
 
 ただアイツの想いを届けるため 



 カギしっぽも爪先も
 闇に溶けて消えてしまう・・・

 
  
 もう冷たい感触も無くなってしまった・・・

 痛みも苦しみも遠のいてきた・・・

 誰だ?アイツに似た光で俺を包むのは?


 暖かいやさしさの中そっと
 最後の一息を吐き出した
 俺はアイツにいだかれた夢を見た 
 

 確かに手紙は届けたぞ・・・
 

俺の意味


 
 
  BUMP OF CHICKEN 「K」 より 
 
スポンサーサイト

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
 あなた方のコメントにつられて、この記事を読んでくださる方々が増えることを感謝しますが、せめてもう少し意味のありそうなことを書いてください。
 
2008/05/10 Sat 21:04:00
URL | フクフク丸:to 外国の皆様方  #oKAhFFW. Edit 
ありがとうございます。
 そうですか。いろいろあるでしょうけれどお互い頑張りましょう。

 この記事にコメント入れる辺り、趣味は良いと思いますよ~
2008/04/26 Sat 16:27:25
URL | フクフク丸:to 外国の方々 様 #oKAhFFW. Edit 
疲れたらちょっとさ・・・
 BUMP OF CHICKEN というバンドがあります。
 彼らの歌たちは、優しく、力強く、私と一緒に歩いてくれる・・・そんな歌たちです。

 どこか心の奥底で眠っていたような風景を切り出して、それをキレイに言葉にまとめて音楽をつけちゃう。
 彼らの世界観に魅了されまくってます。私。

 雪は、ホンモノですよ。今年の雪です。
 なにしろ、北海道ですので。
2007/12/09 Sun 16:56:41
URL | フクフク丸:to shiro 様 #oKAhFFW. Edit 
knight
私は聴いた事はないけれど、すてきな歌詞ですね。
最初、Kの意味がわからなかったのだけど、気付いて鳥肌が立ちました。

雪、今年(本物)の雪ですか?
2007/12/09 Sun 01:09:08
URL | shiro #- Edit 
youtubeにはいっぱい
 >この歌詞にあわせた動画がネット上にあって

 うむむ。ホント、こういうのとかPVとかいっぱいありますよね。
 私の場合、そういうの見始めるとキリがないから見ないようにしてるんですけど。

 ひとつの曲がひとつの世界を作り上げててそれ自体が物語として完結していたり、別の曲とつながっていたり、BUMPは面白い仕掛けを投げかけてくるからワクワクします。

 「K」 良いですよね。
 マジ、泣きますよ。
 私は、BUMPの曲にはランクつけられないや。数え上げればキリがない。
 ホント、歌詞について言えば藤原基央は現代の宮沢賢治だよね。言葉選びが繊細で優しくてしっくりと物語に馴染む。
 さらに作曲もすると来たもんだ・・・。

 BUMPを知らない方への宣伝も兼ねてこんなことやってみた(笑)。
 
 次は何の曲にしよう?
2007/12/09 Sun 00:51:14
URL | フクフク丸:to メイ 様 #oKAhFFW. Edit 
名も無き英雄
「k」はバンプの中でも1,2を争う名曲です(主観的判断に基づくw

この曲に衝撃を受けてバンプにはまりました。

この歌詞にあわせた動画がネット上にあって
それを見たときは、枯れたと思っていた涙が再び・・(ry

最後は「死」というバッドエンドですが、
どこか「羨ましいな」と憧憬の念を抱かせるストーリーですね。
2007/12/07 Fri 00:40:16
URL | メイ #j.d64WD2 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/690-a56f4109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。