フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/11/10 Sat  05:45:13» E d i t
 » エビ食って物思う~八宝菜 
 白菜・玉ネギ・ニンジン・タケノコ・椎茸・豚肉・イカ・エビ。

 これが昔から変わらぬ私の実家の八宝菜の具です。
 オイシイ物がたくさん入っていて、昔から大好きな料理のひとつです!!

 具の種類数を言うのであれば時として、「五宝菜」「九宝菜」になったりもするのですけれど、一応、スタンダード仕様では文字通りの「八」種類の具が入っています。

 先日、実家でご飯を食べた時に八宝菜が出てきたのです。
 我が家の八宝菜にずいぶんと馴染まないゴリゴリした食感のエビが入っていました。
 
 いつの頃からかずいぶんと当たり前になっていて気が付くことすら無かったのですが、エビの殻が剥けた状態で。


 ここら辺では前浜で甘エビが上がるので、夏場の漁期には超新鮮ぷりっぷりのヤツが店に並び、刺身で食べます。
 そんな地域なので、八宝菜に入れるエビも殻つきの甘エビと相場が決まっていたんですよ。以前は。ゆでてから殻を剥いて八宝菜に入れるのが面倒くさいから、頭をもいでそのまま殻つきで入ってました。

 加熱されるからある程度は殻も柔らかくなるので「カルシウムだから」とか「ダシが出るから」などと適当な理由をつけてそれをムシャムシャと食べてきたものです。あ、神経質なA型の妹だけはなぜか、小さい頃から八宝菜のエビさえもちゃんと殻を自力で剥いてから食べてましたが。でも、ごく稀に母に時間の余裕があった時には、私たち兄弟も手伝ってエビを塩ゆでしたヤツの殻を剥いてから八宝菜に入れたりというのもあることはありました。
 
 そんなだったので八宝菜と言えば、あの下手すりゃ歯の隙間に挟まっていつまでも取れないエビの殻の食感と対で思い出すんです。殻を剥いて入れると、甘エビの甘さと濃厚な味わいが広がるのと、食べるとモチモチした食感であることを覚えているのです。

 
 それが、ふと気付くと殻が剥かれた、ゴリゴリした甘みも感じないようなエビが使われているのです。


 もちろん、輸入品のシーフードです。
 中国で加工されたのか、ベトナムで加工されたのか、とにかく輸入品のシーフード。 

 エビの殻を剥いたことのある人は分かってもらえるでしょうけれども、あの労力、そして途中で身を折らずに上手に剥く難しさは、コツをある程度つかんでいてもなかなかの物です。
 
 それがいとも容易く、生の殻つきのエビを買うよりも遥かに安価で、もはやどこのスーパーでも手に入れることができます。殻剥いて、ゆでて、凍結してあるんですから。
 解凍して料理に突っ込めば良い状態なのですから。
 便利ですよ。

 「ずいぶんと便利さに慣れてしまったなぁ。」と、感じたんですね。 
 
 ゆでたエビの殻を剥けば殻の尖ったところが指に刺さったり、ニオイが残ったり、汁が飛んで服についてしまったり、殻のやり場に困ったり、でもタマゴをしゃぶるのがすげぇ美味しかったり、折れてしまったのをつまみ食いしたらあまりの美味しさに次から次へと食べてしまって八宝菜の具としてのエビがわずかになってしまったり・・・いわゆる「産地」の人間で、間近にナマの素材を見て、生活の中で触れて実感しながら育ってきたからそういう思いが沸くのかもしれません。 

 
 アジアのどこかで養殖してもらって、ゆでてもらって、さらに殻を剥いてもらって、さらに小分けしてもらって、凍結してもらって。

 その手間に感謝する反面、「快適さ」「便利さ」「生活の工夫」を外部発注して、そのうち自分じゃ何もしなくなってできなくなって、安い金払って文句ばっかり言うようになってしまっている自分たちの生活の現実に思いが至って、なんだかダシも出なくて味気ない殻むき冷凍エビみたいな生活を自分たちが作り出してしまっているんだなぁとか物思いにふけりながら、大好きだったハズの八宝菜を怪訝そうな憂鬱そうな顔しながら食べている私がいたのでした。
スポンサーサイト

テーマ:ふと気づいたこと - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
そうなんですよ。
 この前、子供達が栗を拾ってきたからと言って、栗ご飯を炊こうと嫁さんが思い立ち、家族みんなで栗ムキしたんですが、全然上手く出来なくて。ボロボロになったり、中が虫に食われていたり。

 結局、ビンヅメの栗を使用しました。
 
 でもね、食べ物が食べることができるようになるまでに、こういう苦労があって、それを誰かがやってくれているのをお金で買って、生活が成り立っているというのは、子供のウチから実感として覚えておいて欲しいんですよね。

 ん~、例えば、姐さんのとこだったら、山菜とかかな。
 山菜、取ってきて、ゆでて、皮むいて、アク抜きして・・・という段取りを踏まなければ渋くて食べられませんよね?

 今の日本の人たちは、食料自給率を云々言うことも確かに大切ですが、そういう「食べ方」の部分の大切さを見落としていると思ってます。
2007/11/12 Mon 18:48:55
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
そうなんですか。うちは昔っから売ってるシーフードなんで、そんなこと思ったことなかったんですが。
でも実際そうなんですよね。噛んでは捨てるガムを、日本人のために作ってる国の人たちの様子をテレビで見て、ものすご~~い大変な行程だということを知りましたよ。
今の我々は美味しいトコ取りの、チューインガムみたいな生活ですね、ホント。
2007/11/10 Sat 23:34:39
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/675-c58347f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。