フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/10/31 Wed  19:02:29» E d i t
 かつて「未知の強豪」と言えばプロレスの専売特許だった。

 情報が瞬時に行き交うような現代にあってはすでに大昔の話のように思われるが、事実を無視した怪情報なんて流し放題。スポーツ新聞も雑誌も出所不詳のネタを膨らまし放題。プロレスはイメージの賜物だった。毎年毎年想像を超えるような肉体を持ったツワモノや、奇怪な動きをする業師がワンサカワンサカ出てきては消えて行ったものだ。

 娯楽が限られていた時代にあって“呼び物”となるキャラクターは重宝されたし、それが実力を兼ね備えている場合、日本のリングで人気者となって定着した。


 その点、この度NOAH初参戦にしてGHC王者・三沢に挑戦したサモア・ジョーは「既知の強豪」だ。

 →スポーツナビ・「三沢vsサモア・ジョー」
 
 5年位前にZERO-ONEに参戦経験があるものの、その頃とは別人と言えるようなキャリアをアメリカの団体(ROH、TNA)で積み、その名前と活躍の様子はプロレスファンであればそれなりに耳にするくらいの「アメリカの強豪レスラー」だ。 

 128kgの巨体ながら身軽に飛び回り、サブミッションも使いこなし、暴動でなだれ込んで来た大勢の観客を「一撃必中」で30人だか50人だかKOしたとかいうシュートな伝説も持っていて、2年前には当時「絶対王者」という名をほしいままにしていた小橋とニューヨークで対戦し、その試合はアメリカでは語り草になっているとか。

 今回のNOAH参戦でも、前哨戦のタッグマッチでは帝王・高山善廣と組み、高山のニーリフトからジョーのアイランドドライバー(エメラルドフロウジョン)につないで三沢からフォール勝ちを収めている。その試合で三沢は肋軟骨を負傷。

 相変わらず三沢は絶体絶命のピンチでの防衛戦となった。

 当然、ジョーに掛かってくる期待はハンパなものではない。
 しかし、ジョーは緊張したのか、あるいは「どう動くべきなのか、何を求められているのか」を察しすぎてタイミングを失ってしまったのか、弾けることができなかった。
 テレビで見たところ、観客もちょっと疲れた後っぽかったし。
 (多分、セミが異様に盛り上がったのだろう。最近のNOAHでは良く見られる現象だ。メインよりもその前に組まれた試合でクライマックスが来てしまい、メインでは観客のテンションが下がってしまうという現象が。こうなると興行が締まらない感じになって最終的に自分たちの首を絞める結果になってしまうのだが、そういう場面に於いても若い世代が四天王世代にプレッシャーを掛けていると言える。) 

 確かに上手い。
 序盤でエルボースイシーダが三沢を直撃した時には「こいつは凄い!」と思った。
 しかし、その後のプロレスが・・・

 誰かのパクリプロレスだった。
 オリジナルの技というものがあったのだろうか?
 ジョーの運動神経の良さは充分に伝わった。だが、ジョーの必死さや熱い思いが伝わってこない。なぜだ?

 日本のトップレスラーの得意技をコピーしてつなげていって試合する。多分、今となっては日本のプロレスが世界でもトップレベルだと認める一部のアメリカのプロレスファン達の前ではそれがもてはやされているのだろう。確かに、日本のトップレスラーたちと比べて体格や瞬発力で勝るジョーが日本人トップレスラー達の技をコピーすれば破壊力や衝撃は強いだろう。
 
 しかし、違う。
 絶対的に思い入れが違うのだ。
 技が開発された背景や、こだわり、積み重ねられた歴史の重みが違うのだ。

 タイミング良く、確実に様々な技を仕掛けて行くジョー。
 それらを受けきる、肋軟骨を骨折している三沢。

 魂の入らない技の展示会。

 それでは、日本のファンは・・・NOAHのファンは引き込めない。
 
 悲しみの器用貧乏:サモア・ジョー。 

 対して、三沢はジョーに決定的に掛けているその「歴史の重み」を乗せたエルボーで勝負。
 ジョーの体格が体格だけにいつものような技を使えないという事情もあったにせよ、三沢にはスーパーヘビー級に対抗できるこの「刃」がある。
 
 一発一発が重い。
 思いを乗せたエルボーで主導権を一気に握ってしまう。
 本家エメラルドフロウジョンから後頭部エルボーでピン。

 肋軟骨・・・ホントに折れてるの???

 かくして、28歳サモアの強豪はまだまだこれからの逸材であると判明した。
 伸びしろ充分で大化けする可能性・大。
 レジェンドたちと対戦して、思いを込めたプロレスを覚えて欲しい。
 あるいは、その思いすら無情に断ち切るほどのハンセンやウィリアムスのような「力のプロレス」でも良い。
 
 

 さて、小橋の復帰戦の超豪華カードも発表されたことで、プロレス者としては幸せ気分で年末の繁忙期を乗り越えて行けそうです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
ブロック・レスナーよりは遥にマシ!!
 WWEのようにリング上の試合までもが完全にお膳立てされた世界で作られたヒーローは、そこから出て現実の世界に降り立った時にヒーローであり続けられる確率は非情に低いような気がします。
 テレビ俳優と舞台俳優の両方をこなせる俳優が少ないのと似ているような気がしますが。
 カート・アングルくらいじゃないでしょうか?WWEを飛び出してプロレスラーとして成功してると言えるのは。
 あとは・・・ゴールドバーグにしてもレスナーにしても他のリングでは臨機応変な戦い方ができないように見えてしまいます。

 サモア・ジョーは様々な団体を経験してのし上がってきている分、自分の活かし方を良く知っていると思いますし、28歳と若い割には・・・でもそういえば、小橋は28歳で三冠王者だったなぁ・・・面白いプロレスをすると思います。
 
 ただ、GHCへの挑戦はいささか早急だったような気がするんですね。NOAHファンに対する「サモア・ジョーのプロレス」の浸透があまりにも薄くて、凄いのは確かに凄いんだけれど何がどう凄いのかが良く分からないという微妙な空気になってしまったんだと思います。

 「モリシやKENTAが遠征しているROHをかなりの割合で中継してきたし、ジョーは日本ファンにも馴染み深いレスラーである」と、NOAHサイドは考えたのでしょうけれど実際はそんなにアメリカのプロレスを注目して見ているワケじゃありませんし、その辺を察してジョーはアメリカで注目されているスタイルよりも「日本仕様の試合」をソツなくこなしてしまった感じがします。
 ソツなくこなされると、見ているこちらに伝わるものが少ないというジレンマが生じるのがプロレスだと思うのです。

 現段階では、いきなりタイトルに挑戦させるような器までは行ってなかった。けれど、日本の空気に慣れれば・・あるいはそういう物を一切無視してアメリカでの「素のサモア・ジョー」を出せるようになれば大化けする可能性が高い、面白いガイジンレスラーだと注目しています!!

 こう書くと、何だかモリシみたいですね(笑)
2007/11/06 Tue 05:29:25
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
サモア・ジョーへの期待と不安
僕は、彼の戦いぶりを見て、久々に”本物の外人”が来た、って思いましたね。

”体格”、”パワー”はもとより、”間合い”の取り方、技のつなぎ方、それから”スピード”、”跳躍力”・・・この点を見ても”出来る外人”だ、とは思いました。

ただ、アメリカのファンとは”勝手”の違う日本のファンを変に意識しすぎちゃったのではないでしょうか。それが故に、あんな大谷の”パクリ技”を出しちゃったのでしょう(汗)

彼は”TNA時代”には、あの体格にもかかわらず”Jrヘビークラス”を中心とした”Xディヴィション”という枠の中で激しい攻防を繰り広げていた訳ですから、それと同じようにがむしゃらに攻め続けていれば三沢をもっと窮地に追いこむ事も出来たはず。

しかし、”ベビーフェイス”と”ヒール”がきっちり区分けされている”アメリカマット”と違って、日本ではこのような”大型外人”には期待を込めて”声援”を送る人もいる訳ですから、そこでどう戦っていいか躊躇してしまう部分もあるのでしょう。

考えてみれば、現在新日本の”看板外人”となっているジャイアント・バーナードだって初めはかなりショッパかったと思います。しかし、”来日”を重ねるごとに日本のファンの心をガッチリ掴むようになり、もはや新日本の”トップ外人”として定着しましたよね。このように、ジョーが”来日”を重ねていけば、徐々に日本のファンの心を掴む事も出来るのでしょうけど、ROHの看板選手である彼が果たして何度も来日出来るかどうかの問題ですがね。

ただ、一つだけ言える事は、あのブロック・レスナーよりは遥にマシだ、という事です!
2007/11/04 Sun 14:32:10
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/01 Thu 20:03:40
| # Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/669-b955c7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
中々書く暇がなくて、今頃になってしまいましたが、まずは先週の土曜日のNOAH武道館大会について書きます。 今大会の”GHCヘビー級王者”三沢の対戦相手は、”NOAH初出場”のサモア・ジョー。かつて、TNAマットの
2007/11/01(木) 23:33:02 | コラム・de・ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。