フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/10/25 Thu  05:31:51» E d i t
 » スネ夫 
 この漫画は私が物心ついた頃にはもうすでにテレビで放送されていて、それが手を換え品を換え、話のキモは換えずに今なお新しいファンを開拓して行っているのだから恐れ入る。

 「ドラえもん」

 「鉄腕アトムに憧れて、科学の世界に興味を持ちました」という科学者はいたとしても「ドラえもんの道具を実現させたくて科学の世界に興味を持ちました」という科学者は今のところ見たことが無いくらい「現実をいろいろ覚えると覚めていく夢の塊」みたいな作品なのだが、どこにでもいるような普通の子供達が登場して、普通の日常がそこに展開されていて、すごい道具で大それているわけでもないような小さな願いがコツコツと叶えられる。「そこにいてくれたらなぁ・・・と子供が思える状況で、それを叶えてくれて、しかも何かを心に残す」だからこそ子供達に絶大な人気を誇るのであろう。
 
 だって、私も夢中になってたひとりだも~ん。
 
 同じように十年単位でアニメ放送が続いている「ちびまる子」や「サザエさん」のように一家団欒で見るようなほのぼのアニメとはまたちょっと違う、カッコ良く表現すれば子供の頃に培っておくべき「志や感性の苗木」みたいな感じだろうか。何を大切にすべきなのか、どうしたら大切にできるのか、大切にした末に何が待っているのか、そういうのを荒唐無稽の世界で伝える壮大なファンタジー。それが「ドラえもん」なのだ。

 「友情」「勇気」「闘志」はコロコロコミックの基本精神だから、長編(映画)ではその基本精神に則って、よくいるクラスメイトの一人みたいなのび太・ジャイアン・スネ夫・しずかちゃんたちがヒーローになったりもする。
 そして、子供の頃に見たときも、今、ウチの子供達に見せるのにDVDで借りてきたのを見るときも、私は変わらず泣く。
 


 
 さて、そんな「ドラえもん」なのだが夢の道具の開発はさておき、こんなものを知り合いから頂いた。

 →サウンドロップ ドラえもん
 ・・・うわぁ。ナニコレ??ガチャガチャ(って呼んでました)、メチャクチャ進化してらぁ。キン消し以降は衰退の一途だとばっかり思っていたのに・・・

 ドラえもん以外のヤツも何種類か貰ったうちのひとつが まるもい のお気に入りとなり、常に携帯している。そして、事あるごとにボタンをポチッと押してそのセリフを聞いては満足している。
  

 それは昨日、車の中でドライブ中に私がラジオで聞いた消費税引き上げのニュースについてブーブーと嫁さんに向かって話をしていた時。後部座席で まるもい がボタンをポチッ。

 「のび太のくせに、なまいきだぞ~」
 「のび太のくせに、なまいきだぞ~」
「のび太のくせに、なまいきだぞ~」

 ・・・タイミング良すぎ。爆笑。

 あまりのタイミングの良さに、思わずそのテンポで「あ~い とぅいまてぇ~ん」という言葉が口をついて出て来た。そういや「あ~いとぅいまてぇん」の人、どこ行ったんだろ?あの人(名前も忘れてる)、のび太に似てたな。

 →ですよ。
 
スポンサーサイト

テーマ:すげーどーでもいいこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/666-9d91eb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。