フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2007/10/09 Tue  06:17:11» E d i t
 » 小バエに関する妄想 
 果物が熟すおいしい季節です。

 プロフィールにも書いてある通り、秋は太るのが慣例となっている私ですが、30歳を過ぎた最近にあってはカール・ゴッチさんの仰るとおりコレステロールの蓄積が著しく、熟しすぎた果実状態になってます。

 あ、端的に書くと「太りすぎてまいっちんぐ!」って言う事です。

 さて、我が家には現在、ダンボールで2箱分のブドウがございます。
 秋という季節の喜びを存分に堪能できて、さらにおつりが来るほどの量のブドウが我が家の玄関でひしめき合っております。まずはそのようなブドウ好きの皆様におかれましては垂涎必至と思われるこの状況に心より感謝致します。なにしろ、農家さんからの直接の頂き物ですから。


 一家総出で口の端を紫色の“悪魔の微笑み”に染めながらブドウの皮の山を築き上げて行くのですが、次から次へと湧き上がってくるかのようなブドウの量に最近はやや劣勢を強いられております。やがて、芳醇な香りが玄関に立ち込める頃、彼らは何処からかやって来て我が家を我が物顔で飛び交います。


 小バエ。
 ここら辺でいうところのカジュ(果樹)バエ。

 ・・・謎の生物です。

 どこから来たのかご苦労さんね♪とタイムボカンの一節でもうなってやろうかと思えるほど、なぜかどこかから発生します。発生しているのでしょうか?飛来しているのでしょうか?

 え~その昔、クワガタを飼育していた時になぜか飼育したくもない小バエも一緒に飼育してしまっていたことを鮮烈に思い出すのですが、ヤツらが果実が発酵した時に放つ匂いに寄ってくるらしいことは間違いなさそうで、遂に先日、網戸をくぐり抜けてくる現場を目撃しました。

 そんなこともあって一応は「あ~、網戸くぐるほどのリトルサバイバーなヤツらなんだな」と思い込んでいたのですが、それでは説明のつかない現象が発生しました。
 これまた頂き物の梨をビニール袋に入れて車の中に置いたままで2時間ほど買い物をしてから家に帰ろうとしたところ、車内で小バエが数匹フライングしてるんですね。ハエフライフローなんですね。窓開けてないんですよ。ほぼ密閉状態の車内ですね。ビニール袋に入れるときには見当たりもしませんでしたし。

 どこから来たの?

 
 ・・・もしかしたら、果物が発する甘~い香りが空中でモヤモヤと滞留すると何らかの化学変化が生じて小バエの形になり周囲を飛び回るのではなかろうか?・・・


 運転している私の目の前をフヤフヤと飛び回る数匹の小バエたち。
 普通のハエならブーンと一時退避するような払いのける仕草にも、小バエはあまりの軽さ・小ささゆえに私の振った手が起こす空気の流れにフラフラと乗っていつまでも私の周囲を飛びまわる有様・・・ん??

 俺、発酵してんのか!?
  
 →小ハエは一体どこからやってくるのでしょう?
 ↑こちら、YahooJAPAN知恵袋でのあまりにもステキな質問なのですが、回答が異常に真面目なのでご注意ください。

 外部由来のほかにショウジョウバエが「酵母由来で発生」と書かれています。もともと果実とかにくっついて来るのを見逃しているということなのですね。・・・きっとそうなんだ。そうに違いないのだ・・・と、自分に言い聞かせなければあまりにもつじつまが合わない生物が小バエですから。

 対策としては、アルコール類をコップ等に入れて置いておくと、そこに入水自殺するそうです。あ、この場合は入酒自殺とでも呼ぶのでしょうか?

 発酵の秋。
 皆様のお住まいの地域ではどのような虫にさいなまされていらっしゃいますでしょうか?
 
スポンサーサイト

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
ああ、それは。
 屁ぇコクゾウムシですね。
http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/insects/card/0211.html

 もちろん米ぬかが長い時間を掛けて結集してそこに命が吹き込まれて生まれた妖怪の類ではありません。

 よーするに、生産する場所(畑・田んぼ)に最初からいて、ごくごく小~さな卵やら幼虫の状態で付着してくるんですね。
 で、孵化に適度な気温や湿度や養分のある場所で生まれ出でると。
 
 このような親切な説明ならば理解して頂けると思いますが、いかがでしょう。

 ウジはね、ハエの幼虫じゃけんね、傷口が膿む匂いにハエが寄ってきて卵を産み付けるんよ。それが生ぬるい体温で孵化するんよ。
 
 ウチ、汲み取りトイレで育ってきたけん、そういうのは実感として分かるんよ。
 姐さんのトコ、ゴキブリはどうなん?

 ・・・あ。セツコに憑依されてた。
2007/10/10 Wed 06:08:25
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
アラヤダ、タイムリーだわ~
うちは米の虫よ!今年の夏は暑かったせいか、米の虫(名前は知らん)が異常に発生して困ってました。
「一体どこからわいてくるのか?」で、我が家で大論争になりましたよ。
映画などで傷口にウジがわいたりするのも、「どっからわくの?」と疑問に思ってたけど、その知恵袋じゃワタシの脳では理解不能でした。
米の虫の方も正解はまだわかってないので、わかったら教えてね(・∀・)
2007/10/09 Tue 21:46:43
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/654-702afceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。