フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/05/10 Tue  05:59:45» E d i t
 » 時代劇は燃えているか?2 
 新しく登場する痛快チャンバラヒーロー時代劇は

「水戸黄門」
「大岡越前」
「銭形平次」
「暴れん坊将軍」
「遠山の金さん」 
 
 をいかに超えて行くべきか!!反応がまるで無い時代劇シリーズ第2弾!!
 
 チャンバラは時代劇の華であるッ!!

 ちょうど長女がお腹にいた年に、平成版「子連れ狼」がスタートしました。
第3シリーズまで続き、昨年完結!)

 
これから子供が生まれるという期待感も相まって、それはそれは拝一刀・大五郎親子に肩入れして見ましたよ。

 そもそも原作が漫画な事もあり、シビアなタイトル・設定を覆して余りある、

突っ込みどころ満載の素晴らしい時代劇です。
 
 しかし、北大路欣也の顔とチャンバラがあまりにもカッコ良すぎるのと、
小林翼のいたいけな演技によって、そんなのは帳消しだッ!!
  
 
 痛快を求めるならば、これが必要。

 「水戸黄門」の印籠。
 「大岡越前」の大岡裁き。
 「銭形平次」の銭投げ。
 「暴れん坊将軍」のカミングアウト。
 「遠山の金さん」の桜吹雪。

 これらの必殺技&見栄きり
 
 
 時代劇も最近のアメリカ映画も、必要以上に暗いところでの決闘の場面が多すぎる。
 それも抽象的すぎ。
 アクションを誤魔化すワケではないにせよ、見にくいのは良くない。
 
 子連れ狼はお日様の下でのチャンバラが多くて大変見やすい。

 要するに 「楽しませる事に徹底する」 こと。
 その主軸を抑えた上で、親子の情や脇役の調和を図って行く。
 
 そして主人公が複数の場合、強すぎる個性(アク)を持たせること。

 これでしょうね。

 子連れ狼の場合、一刀と大五郎、そして宿敵・柳生烈堂の三人が主役です。
 それを強調して脇役を布陣するので、分かりやすい

 広い世代に親しまれるには分かりやすさが必要。
 
 時代劇入門者にオススメです。 

 入門者にやさしい時代劇→中級者向け時代劇→そして大河ドラマという流れが妥当であるかと。

 中級者向けなのはやはり「鬼平犯科帳」。
 まあ長いですし、登場人物が多くなりますし、個性も若干…続けて見ていないと難しいかな…という。

 エンディングのジプシー・キングスの曲は時代劇のテーマとしては秀逸です。
 
 
 最近では視聴率はキャスティング次第という部分も多々ありますが、
時代劇は「硬派」な部分とエンタメをしっかりと融合させて、
娯楽の王道であり続けて欲しいと願います。

 普通のドラマよりお金が掛かる分、良い物を期待してます。
 
 

ブログランキングで目立って、読者を増やしたいのです。
是非、ご協力下さいませ。
ここをクリックしてください!それで1票入るのです「そーれ!ポチッとな!」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
野神氏、ありがとうございます。
時代劇、恐ろしいほどの反応のなさにたじろいでました。コメント有難うございます。

 ずっと何年にも渡って同じ主人公を中心に同じ脇役でストーリーを考えるわけですから、マンネリというか話の焼き直しがあるのも止むを得ない話なのかも知れませんね。

水戸黄門なんて、実際の水戸光圀公よりも長い間旅に出てますからねえ・・・。

 助さん角さんに、代替わりの度に新必殺技をつけさせるとか。
 ダブルインパクトみたいな。
え~技名は 「肩車二階落とし」。

 風車の矢七にルチャの技(ラナ系)使わせるとか。
 
  役者=その役という顔を覚えやすいような努力は必要かと思いますね。
 なんでもプロレスに絡めて考えるのも私の悪いくせですけどね。
2005/05/16 Mon 08:22:39
URL | フクフク丸 #- Edit 
時代劇
今、世の中は”殺伐”としています。まだ遭った事は無いけど、”おやじ狩り”とかそういうのもまだあるのでしょう。で、一度でいいから暴れん坊将軍や桃太郎侍のようにたった1人で何十人もの相手を次々と倒してみたい! そんな”強さ”を身につけたい、と日頃から思っております(笑) まぁ、現実には絶対に不可能でしょうけど(汗)

でも、こういった”勧善懲悪”の”ファンタジー”こそ、多くの人々に”勇気”と”感動”を与えるのでしょう。ただ、一昔前は、こういった”時代劇”が子供達に対する”教訓”にはなったのでしょうが、今ではそうはなっていませんからね。ただ、”お年寄り”方が喜ぶだけですから(寂)

で、この手の時代劇の”欠点”は”マンネリ化”を生んでしまう所でしょう。それでも”ストーリー”自体が次々と新しくなっていくのならまだしも、ストーリー自体も過去にやった内容を繰り返しているだけですからね。「このシーン前に見た!」そういう部分が多くなるに連れて、この手の”時代劇”を見なくなる人が増えるのでしょう。

僕も最近では、”大河ドラマ”ぐらいしか時代劇は見ませんからね。まぁ、時間があって、他に見るものが無ければ見るでしょうけど、自分から好き好んではみなくなったのは確かです。”分かりやすさ”もさる事ながら、”サスペンスドラマ”のような”意外性”を持たせるともっと面白くなるのではないでしょうか。
2005/05/14 Sat 23:17:59
URL | スーパーpsy野神 #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/65-9e0c90c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
World-France-Gipsy Pops : ★★★★☆Cantos de Amorロマ音楽の継承を感じますホセ・レイエス、マニタス・デ・プラタといったロマ(ジプシー)ミュージック界の大物を身内に持つジプシーキングス。南仏プロヴァンス地方でキャンプ生活を続ける中で、ひょんなことか
2005/05/11(水) 22:39:11 | 【ponty's music lounge】
 流浪の刺客・拝一刀と、その子・大五郎だ。 もちろん、乳母車付き。何故か水筒まで付いている。 顔は若山富三郎を模してある。映画版なのだ。迫り来る忍者軍団を、乳母車に仕込んだガトリングガンでズダダダダダダッ…とやっつけたりする、無茶苦茶な娯楽時代劇
2005/05/14(土) 06:02:58 | 天竺堂通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。