フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/12/22 Fri  06:24:39» E d i t
 » 続・いがぐりとエルビス 
 「おぅ!丸!久しぶりだな。久しぶりな割りには全然髪、伸びてないんでない? 歳とったからか? ハッハッハ~」



 10月の出来事。

 私はパイナップルの葉のように伸び茂った息子:まるもい(2才) の髪の毛をカットしていた。
 ちなみに、私の電気バリカンの腕前はといえば、多少粉飾して言えば近所の奥様方に 「あら?お子さん、どこの床屋さんざ~ますの?」 と尋ねられるほどの素晴らしい腕前である。

 丸刈りはもちろんの事、丸刈り、あと丸刈り
 どんな髪型でも掛かって来やがれ!(丸刈りにしてやるから!)という状態である。

 そんな私でも、ちょっとくらいは研究した。
 ちょっとくらいは(バリカン買って一年半目にして)説明書を読んだ。

 そして まるもい は見事な 坊ちゃん刈り になったのだった。
 そう。まことちゃんのアレ・・・なハズなのだが、まるもい は微妙なところにフクフク丸家伝統の 左巻き二連つむじ があるので、なぜか「妖気を感じます!父さん!!」ゲゲゲの鬼太郎状態になっていた。


 まあ良い。


 見事な 坊ちゃん刈り を成功させた私は、ふと我が耳元にささやきかける心の声を聞いた。

 「・・・ちゃえ。・・・の・・・も、・・・っちゃえ!」

 ぴっこ(娘・4歳)と まるもい がはしゃぎ回って、心の声が聞き取りにくかったので、もう一度耳を澄ませてみる。

 「切っちゃえ。自分のモミアゲも、切っちゃえ!!」

 ・・・私のモミアゲは、伸びてくると耳の穴に向かって集中する!!という習性を持っている。軽い天然パー・・・天然パーマである私のモミアゲは、なんか昔の番長マンガみたいなモシャモシャぶりを発揮してしまうのだ。
 それはもう、髪の毛の他の部位との調和を一切無視した伸びっぷり。
 燃える毛根!!

 普段はハサミで軽く整える程度で済ますのだが、右手に持ったままのバリカンと、やたら上手く行った まるもい の坊ちゃん刈りが私の中の (押してはいけなかったのであろう) スイッチをプッシュしてしまったのダッ!!


 おもむろにバリカンのスイッチを入れる私。
 慎重に、それはそれは恐る恐る鏡をのぞきながら丁寧にバリカンをモミアゲに当て行く私・・・

 ぶぃぃぃぃいいいいいいいいいん

 枯れ草のやうな風情でバサッと落ちる、今の今までモミアゲと呼ばれていた髪の毛・・・
 よしよし、右はこのくらいにしておこう・・・かなりストロングスタイルな角度で上手い具合に刈り落としたぜ!


 で、左だ。
 ここで気をつけねばならないのは・・・右手で左モミアゲにアプローチする場合、右腕が志村けんのアイーンのように上半身の前を通・・・んな、姿勢的なモノではなくて、バランスだ
 
 先に刈った右のモミアゲを意識しつつ、そっとアイーン状態で

 ぶぃぃぃいいいいいいいいいいいん



 集中・・・集中・・・ 



 すると突然!背後から

 「ねえ、お父ちゃ~ん!!うこぉ~~!!」

 ブッ! なんだよ、まるもい。 
 これはベタなギャグマンガかよ!?

 ぶぃぃぃいいいいいいいいいいいい・・・・・ん

 右手に持った電気バリカンは留まる事無く、我が意にそぐわぬ右手の動きと共に、かつて左モミアゲと呼ばれた部分の髪の毛を一気に根こそぎ刈り取ってしまったぁぁぁぁぁああああああああ!!




 君の心へ続く長い一本道のように、伸びた髪の毛の中、左モミアゲ部分から真っ直ぐに上に向けて刈り取られたそのラインを鏡で見つめながら、私は悪あがきをしてみる。

 右側もそれに合わせて刈ってみた。
 すると、後ろ髪も気になったのでそれも刈ってみた。
 いわゆる ツーブロック という感じになって、嫁さんに見せたら「あら、カッコいいルン」なんて言うもんだから、その気になってシャンプーして乾かしてみたら

 フタのついたドングリかよ・・・オマエノメハフシアナデツカ!? 
 
 「どこのおぼっちゃまざ~ましょうか?」というほど伸びてる部分と刈った部分の落差があまりにも激しかったのだ。  
  
 もはや逃げ場の無いことを悟った私は残った上の方の髪の毛にバリカンを入れて、
 「うおりゃぁぁ!アニマル・ウォリアー!!」とか叫んで子供たちを喜ばせながらモヒカン作って悦に入ったりしながら、最終的に 得意の丸刈り に至ったのであった。

 
 はあ・・・30過ぎて丸刈り・・・ぷふっ、いがぐりかよ。


 これが案外なかなか好評だったのだった。高校球児かよ。
 なんだかちょっと太ると神田山陽に似て来ることを発見する。


 冬は寒いから丸坊主はやめとこうと思って、エルビス兄貴のところに行ったのだった。




 その話をひとしきりして、エルビス兄貴は「はっはっは~」と軽く笑い飛ばすと、真剣な表情でハサミを手に 仕事 を始める。

 普段のロカビリアンスタイルな兄貴と仕事の時の真剣な表情とのギャップがまたこのエルビス兄貴の魅力でもある。



 そして、丸坊主とさして変わらぬ5年前くらいの流行、ソフトモヒカン(2002年ワールドカップサッカー日韓共同開催の時のベッカムの髪型)をアレンジしたスポーツ刈りのいつもの私に戻りましたとさ。

 めでたしめでたし。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
海が割れるのよ~
 し、師匠!
 サングラスなんぞかけなくても、十分に人波を分ける事は可能だと思うのですが、丸坊主にヒゲだなんて・・・まるで 「CITY HUNTER」 の 海坊主 みたいぢゃないですか!!
 
 そんな私は、とてもいいヤツ(自分で言ってのける!)なのに、視力が衰退してきた10代の後半、町を歩く時はいつでも周りを睨みつけるような歩き方をしていたのだらしく、ごくごく一般の真面目な高校生でありながら、人ごみを真っ直ぐに歩けた時代がありました。

>すきバサミを駆使して、息子達&私自身の頭も刈っています。

 師匠は器用なのですね。・・・分厚いナイスバディを真っ先に思い出すところですが、もうちょっと思い出せば ジュエリー製作者 ですからね。

 私は 不器用 を絵に描いたような手先の技術力です。

 ※娘と一緒に見てる「ふたりはプリキュア スプラッシュスター」というアニメに その名も キントレスキー という中ボスキャラが出てきて、見るたびに師匠を思い出してしまうのですが(笑)※
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure_SS/character_kintole.html
2006/12/26 Tue 06:38:22
URL | フクフク丸:to テツ師匠 様 #oKAhFFW. Edit 
一を聞いて十を知るとは…
ともすると、自己正当化にしかとれない私の話をよくぞ理解して下さいました。
私の場合、すきバサミを駆使して、息子達&私自身の頭も刈っています。
私としては、今流行りの丸刈りにヒゲ、しかし清潔感を出すためスーツと言うスタイルを復活させたいのですが、シャイな私はサングラスをかけて人ごみを歩いたら、『モーゼの十戒』の様に人垣が分かれたので、今は無難なスタイルにしております。











2006/12/25 Mon 23:31:06
URL | てつ #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/502-ae9e4a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。