フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/06/04 Sun  21:53:06» E d i t
 » 多聞が見せた意地。 
杉浦の王座奪取が凄すぎて、一様に声を失った場内。

GHCヘビータッグ選手権

森嶋&モハメド・ヨネVS小橋・本田


モリシ・ヨネvs小橋・多聞


 これは誰がどう見ても、本田多聞が一枚落ちるカードで、大方の予想通り多聞は王者チームに相手にされず、小橋にリングを任せてしまう。
森嶋は本当に成長した。小橋のチョップに胸を突き出し、逆に重爆エルボーでぶっ飛ばす!

序盤、小橋をぶっ飛ばして、多聞を壊しにかかる王者組。ヨネのえげつないキックが多聞の腕を破壊。十五分経過の声を聞く前に多聞はロープにも走れないほどスタミナ切れ。

若い王者チームを小橋が相手している間、多聞は場外で寝ていた。

…調印式で、多聞は 「ある決意」を胸に戦うと宣言。その内容はパートナーの小橋さえ聞かされぬままだと言う…

なんだ多聞。決意が聞いて呆れるぜ。今まで通り、小橋に頼って勝てれば良いのかい?
男の決意はそんなに軽いものなのかい?

小橋が場外で森嶋にぶっ叩かれてノビてしまった。さあ。多聞、ボロボロの体はまだ動くぜ!

そこからの多聞の鬼気迫る表情が観客のハートをとらえ始める。

地味な関節技で試合の流れを寸断したのは、それだけ勝利を意識した戦いだったってことかい?
王者チームの波状攻撃を受けて、誰もが「多聞はもうダメだ」と思うシーンを切り抜ける度に、自然と多聞に応援が集まる。

この男、燃えている!
蘇生した小橋が先ほどのお返しとばかりに森嶋を場外で打ちのめす。

リング内は勢いさながら、ヨネの技が炸裂し続ける。多聞は返しに返し続けて30分経過…遂に肩固めがヨネに炸裂!

響き渡る大・大・多聞コール!

ヨネも必死に抵抗するも、デッドエンドに続くクロスアームデッドエンドで万事休す!

なんと、多聞がヨネからピン勝ち。

森嶋は強かった。ヨネも良いレスラーに成長してた。
しかし、勝利への執念が多聞に見えた時点で、観客の吹かせた風が多聞を後押しし、一気に勝利へと押し上げたのだ!

多聞の決意とは「これに勝てなかったら金輪際、小橋とは組まない」というものだった。

観客は多聞の決意を見たし、決意はリングで勝利という結果として実を結んだ。

森嶋とヨネはまた時代の壁に阻まれた。これはどんな形にせよ明日がある者と、今日を生き延びねば明日が無い者との「決意」の差だと思う。

形の上でもハッピーエンドだったが、若い王者チームに「今を突き抜ける鍵=後の無い者が持つがむしゃらさ」を提示した戦いでもあったと思う。多聞、根性勝ち!


 大切なのはハートなんだぜ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さんくす。
 私の記事が素晴らしいのはよく存じ上げております。アハッ。
 次回は是非、日本語でお願いします。please
2006/12/30 Sat 07:44:11
URL | フクフク丸:to washindton capitals tickets様 #oKAhFFW. Edit 
世代交代はロングドラマなんですね~
 森嶋がやってくれるかもしれない!
 そんな期待感は会場に溢れていましたし、実際それを裏切らない戦いをしたと思います。
 ネックはヨネでした。
 ヨネはパワーファイターなのかテクニシャンなのかシューターなのか、いずれにしても中途半端なんです。
 思い切りぶつかって行ける相手がいて初めて魅力の出るキャラクターなのですが、本田多聞というレスラーに対して、「ダメなら潰す!」くらいの勢いを出せなかったし、出す事ができないのがヨネの弱点です。
 遠慮しないで伸び伸びやれば良いのに、王者の貫禄を示そうとしたのか余裕を持ちすぎたのか、はたまた杉浦に酔いしれて疲れた観客たちを喚起できなかったから間をつないだのか、とにかくもどかしい動きをしたのはヨネでした。

 小橋はやはり全然別格で、確かに森嶋がポイントポイントで小橋を潰しに掛かって、その都度小橋は伸びるのですが、肝心な流れを掴むポイントを小橋が制するので挑戦者チームに流れが戻ってくるんですよ。

 仕掛け方が上手いというのか、インサイドワークなのか。ただガムシャラなだけでは超えられない壁がそこに大きく立ちはだかってるんですよね。

 小橋のサポートあってこその多聞の大爆発!でした。ボロボロの肉体、スタミナゼロからの奇跡、それでも何度も立ち上がる執念。

 そういう勝利への執着を、森嶋とヨネは結局、海外遠征で獲得しきれていなかったんですよね。
 でも、まだまだ戦って覚えて行く段階ですし、ハッキリ言って四天王+α時代の扉は重い。
 まだまだ重いです。

 丸藤が独自の世界観を築いたとしても、丸藤ひとりでは絶対に飛び越えられません。
 それは森嶋もまた然り。
 世代闘争とヘビーとジュニアの階級闘争を同時進行するのも良いですが、二つ同時にやってのけるだけの器量は私は今の森嶋にはまだ無いと思いますね。

 でも、そういう私の思い込みごと一気にぶっ飛ばす日が来るかもしれない。
 森嶋にはそれを感じましたよ。

 でも、まだまだかかります。まだまだです。世代交代はロングドラマなんですね。
2006/06/05 Mon 06:50:49
URL | フクフク丸:to 野神氏 #- Edit 
多聞の意地に屈したか?
森嶋もヨネも思っている以上の”頑張り”は見せていたようですね。しかし、多聞の”意地”と”決意”がそれを上回り、そして小橋、多聞組が”勝利”した、という事ですね。これはこれで確かに”あり”だと思います。でも・・・

じゃぁ、その多聞の”意地”と”決意”を超える森嶋とヨネの”意地”と”決意”は見せられなかったのでしょうか? ちょっと厳しい事をいいますけど。いくら、多聞がそれだけの”意地”と”決意”があったとしても、もはや小橋以上に彼の体はガタが来ているはず。そのような選手に今負けてる場合じゃないだろう?と僕的には感じますね。だって、今巷では「NOHAの”次期エース候補”は丸藤とKENTAだ!」みたいな事が当たり前のように言われてるんですよ! しかも、彼らは”Jr”ですよ! 彼らがここ最近試合をするたびに多大な”評価”を受けてるのに力皇、森嶋、ヨネはまぁ多少は”評価”されてるにしてもまだまだ丸藤やKENTAの”足元”にも及ばない感じじゃないですか! だから、ここはなんとしても勝ってもらいたかったんですよ! 特に森嶋が小橋から完璧な”ピン”を獲れば丸藤&KENTAとの立場は完全に”逆転”したはずなのに。

僕は現時点でNOAHの”エース”にふさわしい資質を持っているのはどう考えても森嶋と思うんです。されど、”噂”によれば”Jr出身(というか実際は立派な”ヘビー級”だったんだけど(汗))”の三沢がどうも丸藤やKENTAを”大プッシュ”しているみたいな話もあります。でも、事実上”旧全日”を受け継ぐNOAHの”エース”を張るのはやっぱり”ヘビー級”じゃなきゃ駄目だと思うんです! だから、まぁヨネはともかく森嶋はここで多聞以上の”意地”を見せて欲しかったです! だって自分より2回りも体の小さい人間より将来的に”格下扱い”されたら正直彼の”体格”と”素質”がもったいなくってしょうがないんですよ! NOAHの”将来”のためにも頼むからもっともっと”欲”を出してくれ!森嶋猛よ!!
2006/06/04 Sun 23:00:58
URL | スーパーpsy野神 #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/461-4c5371ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【6.04、札幌スピカSTV】〈観衆〉2,400人(GHCタッグ選手権)小橋、多聞○(挑戦者組)(33分31秒 抱え込み式デッドエンド→体固め)森嶋、ヨネ●(王者組)※小橋、多聞組
2006/06/04(日) 23:05:52 | コラム・de・ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。