フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/06/01 Thu  16:32:05» E d i t
 » とにかくさけんでにげるんだ 
 世の中には素晴らしいことがたくさんあって
 誰もがその部分だけを見て暮らすことができたら
 どんなに素晴らしいだろうと思う。

 でも、
 ニュースを見てれば分かるように
 世の中は素晴らしいことばかりじゃないんだ
 
 悲しい出来事
 辛い出来事
 テレビや新聞・雑誌はどうやら
 そういう出来事を重点的に特集すれば
 見る人が増えるらしい

 素晴らしい事は小さいこと
 悲しい事は大きいこと
 そして悲しい出来事の詳細まで
 異常なまでに報道する

 人の感情を無視するその行為自体は
 報道の自由というもので守られているらしい
 慣れてしまえば
 その歪みにも気付かない 


 
とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本 とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本
河原 まり子、ベティー ボガホールド 他 (1999/01)
岩崎書店

この商品の詳細を見る


 被害者にも加害者にもなりたくない。

 ・・・なるはずがないと、誰もが内心思って生きている。
 でも
 そんな事はない。

 可能性の大小はあっても、0%の人間なんていない。

 だから
 被害者や加害者になってしまう可能性をまず
 君に教えよう

 そして
 できるだけそれを回避できる方法を
 一緒に考えよう

 悲しいことだけど
 世の中は素晴らしいことばかりじゃないんだ

 人を信じることと
 疑うこと
 それを同時に咀嚼するのは
 大人だって困難だ

 困難だけども
 それが
 現実なんだ
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
これ、子供向けでもないんですよ。
 一応、絵本というスタイルですから子供向け図書っぽいですけれど、大人が読んでも十分通用します。

 外国に旅行に行く際に読む、ガイドブックに必ず書いてある「自己防衛意識の喚起」ページにあるような事が、国内に起こっていると言う事なのですね。

 時代全体がすでに末期的に病んでしまっているのですから、形の上だけでも正常に戻していくには病んで来た段階の数倍の時間は掛かると思います。

 ざっと100年。

 100年先に私は多分存在していませんけれど、それでも私の血を引く者や、私の思想や意志を引き継ぐ者が世界を生きているでしょう。

 そういう者たちに、いくらかマシな世界を残せるのは自分自身以外に有り得ないですよ。
 その自分自身とは「私」であり、これを読んでいる「あなた」であり、みんながそうなんですよね。きっと。

 みんな続いていくんだ。
2006/06/03 Sat 11:41:15
URL | フクフク丸:to 葉桜 様 #- Edit 
夢も希望も・・ありましたね。
 時代その物が切羽詰ってるんでしょうね。現在は。
 「覚悟」の無い「自由」の結果でしょ。

 アリとキリギリスのキリギリスの冬みたいな状態ですよ。日本全体が。
 
 こんな国の将来を思えば、出生率が1・29人だって今更騒いでも遅いですよね。
 私たちが育ってきた中には夢も希望もまだ残ってました。その中でかろうじて育ってきたから、私には熱さが残ってるのかもしれません。

 はあ・・・
 昔話でもさ、考えてみれば人間の醜さをデフォルメした話なんていっぱいあるわけでしょ。「三枚のお札」だったり「舌きりスズメ」だったり。そこから逃げる方法とか、捕まったらどうなるかってのを比喩を交えて物語になってるはずなのに、そういうのよりもなんかこんな現実的でダイレクトで合理的な洋書の翻訳が売られてる時点で、想像力の欠落と、夢と希望の崩壊を進めてる気もします。 

 でもな~、知らなきゃいけないことなんだよな~。
 ぴっこ はさ、この本読んでやったら、怖くなって大泣きしましたよ。でも、現実に起こり得る危機は説明しなきゃならないもんね。

 んんん。
2006/06/03 Sat 11:33:14
URL | フクフク丸:to レンゲ姐様 #- Edit 
氷山の一角
>弱者で無抵抗をいいことに、低年齢層が狙われる残虐且つ非道な事件が連日ニュースされていますね。
 
 ここのところ続きますね。
 あと、高齢者を狙うとかね。
 それでも、被害者がよっぽどの目に合わないと事件として報道されない。
 死んだとか大怪我したとか、そういう事をスキャンダラス(ってどういう意味?大袈裟くらいの意味で良い??)に騒ぎ立てる事が視聴者の目を惹くし、また、そうでもないとこっちも「な~にその程度の事で騒いでんだよ~」くらいになっちゃってる。
 
 この「感覚のマヒ」が恐い。
 人は他人の痛みには鈍感なのだ。 
 子供の問題に関して言えば、今は少子化の時代で、良い意味でも悪い意味でも子供に視線が集中しすぎているような気もします。

 特に我々世代なのか、そのちょい上世代なのかよく分からないけれど「団塊世代が~」とか「子供たちを~」と、自分の存在を棚に上げて議論する傾向が見られる気がするんですが、評論家ぶるよりも自分ならどうするかって言うのが大切な部分なんだと思うんだけど、肝心なその部分を忘れて、結局はテレビで誰かが言ってることをそのまま言ってる人が多い気がします。

 ひとりひとりが、まず、ニュースで報道されていることが現実なのだという認識を取り戻さないと、いくら法で縛ってもダメでしょうね。
 いくら対策練ってもダメでしょうね。
 
 そう思います。 
2006/06/03 Sat 11:17:11
URL | フクフク丸:to めい様 #- Edit 
時代だからさ。
 被害者や加害者になってしまう可能性をまず
 君に教えよう

 そして
 できるだけそれを回避できる方法を
 一緒に考えよう


 可能性を知って、対策を一緒に考える。
 だって、それは子供にだけ起こり得ることだとは限らないのだから。

 自分「自身」が分からないからと言って、放っておける問題でもなさそうです。

 さ、はやくここの画像をクリックしてAmazonからこの本を買うのです。
 まいどおおきに。

 いや、真面目なコメントなんだから真面目にせんとあかんがな。

 んおほん。

 我々が子供に「教えてあげられる事」というのは世の中がどんな風になっているかくらいなもので、その対策は親子と言えども違う風になると思うんです。
 だから、一緒に考えて自分も成長するのが一番良い方法だと思っていますよ。

 えっと、だからまずはここの画像をクリックしてAmazonの・・・
2006/06/03 Sat 10:42:30
URL | フクフク丸:to ま~姐様 #- Edit 
そうですよね。
 残虐な事件は現実に起こってるのに、いつの間にかテレビドラマでも見ているかのような感覚で朝食食べながらそれを見聞きしてる。

 殺人が起これば、頼みもしないのに犯人の男女関係・趣味・生い立ちが事細かに紹介される。
 なに?視聴者に推理でもしろっていうことなのか?
 警察が突き止めた事実をひとつひとつ丹念に報道して、それは一体何のための報道なのだ?

 よりひどい模倣犯を生み出すための情報としか思えない報道すらある。

 多分きっと、アパートの隣の部屋で起きた事件でさえも自分が関係なければテレビの中の出来事なのだ。

 報道する側も、受け取る側も、誰もが加害者にも被害者にもなる。その可能性はあるんですよね。
2006/06/03 Sat 10:35:03
URL | フクフク丸:to にょにょ様 #- Edit 
うーーーーーーーーーーーnn
こういう本が出なきゃいけない、ってことは....と、ちょっと考えさせられますね。
2006/06/03 Sat 08:08:14
URL | 葉桜 #- Edit 
もう「悪い人」か「悪い人じゃない」かの区別すらつかない時代だからね。
顔見知りの犯行なんてのも多くてさ。悪い人に声かけられたら、誰を頼れと教えたらいいのか、ホント嫌な世の中だね・・・。
うちらがチビッコの頃は、こんな絵本はなかったよ。
情操教育のために見せたい夢のある絵本より、ひょっとしたら先にこういうのを見せなきゃいけない悲しい世の中になっちゃったのかねえ。
子供はちびくろサンボみたいな楽しいお話ばかり読んでいられる、のん気な時代はもう来ないのかなぁ。
2006/06/03 Sat 00:12:19
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
弱者で無抵抗をいいことに、低年齢層が狙われる残虐且つ非道な事件が連日ニュースされていますね。
犯罪の全体数から言えば、極々一部分だけど、インパクトで言えば、これ以上のいたたまれない事件はないでしょう。
否応無く、防犯意識は高まりますよね。登下校の保護者同伴・携帯電話や端末機器などで位置把握・授業の一環での防犯訓練。
子供って、本当に好奇心が旺盛なので、よくよく注意しないとけないけど、「過保護」になりすぎると、子供達の好奇心の根を摘み取りかねないですよね。人間に対しても疑心暗鬼になりかねない。
ある程度の「安全」が前提になければ、行動を制限せざるをえません。そこらへんを判断するのは難しい問題ですが、次世代のために大人ががんばらなければいけない避けては通れない問題になりそうです。
2006/06/02 Fri 23:23:35
URL | めい #- Edit 
そうですね・・
テレビで残虐な事件が起きていて、それはまるで他人事・・・なんだけど。
一歩日常からはずれてしまえば誰にでも起こりえる話なわけで・・。
わかっていても自分の身にふりかからないと理解できなかったり・・・。
自分も犯罪者の可能性を秘めている、ンダヨネ。
2006/06/01 Thu 19:13:25
URL | にょにょ #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/451-9ce2a879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。