フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/05/01 Mon  06:27:46» E d i t
 表題と関係ないけど、ブロック・レスナーが総合格闘技「HERO’S」への出場を示唆しているらしい。
 新日本プロレスも舐められたもんだ。
 「5月3日のIWGPを防衛したら、心置きなく総合に進出する」(レスナー)

 一方で春のG1クライマックス・第2回NEW JAPAN CUPではジャイアント・バーナード永田を破って優勝。
 すなわち、5月3日のIWGPのレスナーの相手はバーナードで決定。
 
 テレ朝あたりはどうせまたレスナーと曙の試合みたいにホーガンとかハンセンの映像を引き出してきて「巨漢vs巨漢」の真っ向勝負を煽ることでしょう。

 でもどんなに煽っても、これは新日本の戦いではなくてWWEの戦い。
 
 日本のファンが望むような外国人同士の戦いは、どちらか一方が思い入れを出来るほど日本に定着してないと盛り上がりません。
 先日のノートンとバーナードの試合、途中で故障したノートンへの大声援がそれでした。十数年間、レギュラー外国人として定着したノートン。試合は下手だけど、ファンの心の中心に来てます。

 私は、地方巡業に回らないスポット参戦の大物気取りのレスナーが大嫌いです。たまにする試合も、相手に恵まれなければ果てしなくショッパイ試合です。新日本のリングに上がるようになって、レスナーがスゴイと思えたのはバーディクトのヘタクソデンジャラスな落とし方くらい。
 あとは期待過剰な部分もあいまって、ヘタクソなストンピングとかフニャフニャ中邑(あ。中邑って海外修行に行ったけど、居なくなってもやっぱり大勢に影響無いですね?誰も待っていない分、インパクトある再デビューを期待してますよ~。)に苦戦とか、あのに幻の3カウントされるとか、ベルトで殴るとかショッパイ場面が多すぎです。 

 それがベルトを持っているが故に、大大会のメインイベントにせざるを得ない新日本の情けない現状。

 いずれにせよ、レスナーはどこへでも行けば良い。
 新日本では使いこなせないシロモノですよ。

 ただ、レスナーのリング上での動きを見る度思うのは、

 今なら総合に出てもジャイアント・シルバにも負けるだろうぜ。いや、曙戦でも危ないな・・・
 ってことですね。
 精々、総合でのフィニッシュホールドを勉強してから参戦してください。初来日の3way戦で藤田のフロントスリーパーに落ちかけたレスナーとそのあまりにも芝居じみた、芝居じみすぎた脱出方法を見た時に、私はレスナーに失望してますから。


 WWEの映像見てた時は「まだ若かいからこんなもんかな?」って見てましたけど、新日本に来てからのレスナーを見て一番最初に思ったのは

 随分動きがぎこちないレスラーだな・・・

 あれ、きっと上半身に筋肉つけ過ぎで下半身とのバランスが取れてなくて、腰が細いから下半身の力が伝わらず、上半身だけでプロレスしてるからなんでしょうね。グレコローマンの選手なのかな?NFL(アメフト)挑戦も結局は力だけではダメだったもんねえ・・・

 ・・・ああ、馬場語録が出てきてしまった・・・
 
 馬場さんはザ・ロード・ウォリアーズの肉体美に憧れて彼らのトレーニング方法を真似していた小橋健太(現・建太)に「胴が細いヤツは長く続かん。下半身の力が伝わらんから強引なプロレスになる。強引だと怪我が多くなる。だから胴を太くするようにしろ」と一喝したそうです。

 ん、まさにレスナーがそれですよね。超逆三角形。

 どうでも良いんですが、HERO'S参戦の折にはいわゆる煽り映像に「プロレス界最後の砦」とか使うのはやめて欲しい物です。ま、谷川Pにしてみりゃ、「おいしい噛ませ犬が手に入ったぜ~♪」って感じでしょうね。  
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
才能は抜群でも
 たしか、レスナーが新日本に来る時に会見で言っていたのが「俺は新日本をリスペクトしている。プロレスリングを愛している」みたいなことだったと(都合よく捻じ曲げて)記憶しているのですが、リング内でもリング外でもどちらでも新日本プロレスに対して理解しようとする気持ちも見えなければ、謙虚にスタイルを合わせるという姿勢も見えません。
 いろんな戦闘スタイルを持っていて、それを「できるけれどやらない」で戦っているのか、もともと「出来ない」のか・・・彼のナックルパート・ストンピング・ショルダータックル・・・その全てがあまりにも軽く、当たっていない。
 新日本の試合はスーパースローでは流せませんよね。
 当たってないもの。

 才能は抜群でも「軸になる思い」が見えないから感情移入できないんですよ。
 プロレスの強さを伝えたいなら、その身体能力を駆使して新日本の選手をぶっ壊せば良い。
 プロレスの楽しさを伝えたいなら、もっと表情を出してやれば良い。
 アメリカのショーマンスタイルのリズムで技の合間合間のポーズだけで作るような試合にはファンはブーイングしてやるべきです。

 それが新日本のファンなんじゃないでしょうか?

 もしかしたら新日本の中にレスナーの技を受けられる相手がいないだけなのかもしれませんが・・・。それが一番の問題。
 ・・・というか、こんな明白な“差別待遇"であるレスナーに対して本気で怒っている選手がいないというこの新日本プロレスの現状。

 ファンも会場で主張しない時代。
 ファンの意思を汲みたいなら、新日本の背広組はいつやったんだか分からんようなアンケートの結果を突然発表するような事をしないで、ネットサーフィンして新日の現状を憂うHPなりブログなりを見て、ちゃんと学習すべきだと思うんですがね・・
2006/05/04 Thu 06:39:49
URL | フクフク丸:to 野神氏 #- Edit 
WWE時代のレスナーは・・・
かつてフジテレビ系でWWEの放送がなされていた頃見たレスナーは文句無く「凄い!」、「強い!」という印象がありました。その頃は、彼はただ単に体がデカいだけじゃなくて、”テクニック”もそこそこあるし、”スピード”もあるし、”シューティングスタープレス”がこなせるほどの”器用さ”を身につけたまさに”世界最強のレスラー”という印象がありました。

しかし、新日本に来て”粗”が目立つようになったのは確かですね。こちらが彼の”本質”なのか、”ブランク”のせいなのか、”練習不足”のせいなのか、上がるリングが間違ったからなのか定かではないですけど、とにかく今のレスナーは大分”株”が落ちたのは事実です。こうなると・・・、やっぱり”プロレスラー”は最強じゃない、と認めるしかないのか?(悲) ヒョードルを倒せる可能性のある”プロレスラー”はレスナーだと本気で思っていた僕ははっきり言って”バカ”だ、という事なんですね(大汗)

まぁ、”総合”に行ったら「勝て」とは言わないけど、単なる”かませ犬”にはなって欲しくないです。せいぜいプレデターぐらいの”打たれ強さ”を見せて欲しいです。
2006/05/02 Tue 22:46:14
URL | スーパーpsy野神 #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/424-56073f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
現在”新日本マット”を主戦場とし、最近”総合格闘技進出”を図っている”元WWEヘビー級王者”にして”現IWGPヘビー級王者”ブロック・レスナー。しかし、ここ日本における彼
2006/05/03(水) 11:05:53 | コラム・de・ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。