フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/04/19 Wed  06:18:07» E d i t
 投手編に引き続き、涙なしには語れないスペクタクル純愛スポ根物語です。

 かつて、野球部のノックという「酷い仕打ち」を受けた事がございます。
 高校時代、体育会系の部活は大概やたらと憎しみ合っているか凄く仲が良いかのどっちかなのですが、ウチの高校はどちらかと言えば仲良かった方です。

 なぜかラグビー部のくせに野球部の後輩の散髪とかを任されてましたから。電気バリカンでの丸坊主にはちょっと自信があります。え?「簡単だべ?」って??丸坊主って案外難しいんですよ。まあ「案外」ですが。

 そんな流れで硬式ボールでのノックを受けさせてもらったんです。

 テーマは「行け!行け!飛雄馬」(アンサンブル・ボッカ)でお願いします。

 小樽の天狗山に沈んで行く夕日を背に、グラウンドでノックを受ける若き日の私・・・ああ、青春のストライク・ズバン!とイカしたアイツだぜ!!

 薄暮れの野球部グラウンド、最初のウチはゴロだったのがドンドンスピードが上がって行くとバウンドに対応できなくなり、石ころみたいな硬い球が体に当たる。
 
 「おし!体で止めれ!前に落とせ!!」

 ・・・いや、本当はグローブで獲りたいんだ。でも勝手に体に・・・グふっ~
 もうこれ以上は出ないだろ?なんて予想するスピードは遥かに超えてきます。

 そのうちイレギュラーバウンドで、球がタマに当たるアクシデントが発生!キーン

 ・・・いや、それは私ではなくて野球部の後輩だったけど。悶絶ッッッ「~~~ッッ」。見てるだけで痛い

 とにかくあの経験以降、テレビで見る一つ一つの「当たり前のプレー」の素晴らしさに目を見張るようになったのは間違いありません。
 
 基礎って大事です。

 あ、ちなみにシロウトさんはフライを捕球することもなかなか難しいですよ。硬球ってなまら硬いから、グローブに入っても痛くて落としちゃうかも。


  
 打撃だって、近くのバッティングセンターに行ったら試してみてください。

 100キロのボールがどれだけ速いのか。

 我が家では、子供が産まれる前に嫁さんが「テレビでウエスト引き締めるのにバッティングセンターが良いとか言ってた」なんてヘッポコな理由で一時期バッティングセンター通いをしていた時期があります。

 ま、田舎ですから「普通球」「速球」なんて曖昧な表示しかなく、それでも最初は「普通球」でさえも前に打ち返すだけで一苦労。
 野球に小うるさい友人を連れて行ったとき、さんざん「イチローの打撃は軸がブレないようにこうやって・・・」とかひとしきり語った挙句、ファールチップにさえならないという有様。
 
 まあ、シロウトなんてそんなもんですよ。

 でも、続けてるとこの「速球」でさえもホームランみたいな馬鹿当たりが出るようになって来るもので、何となく「あ、下半身の安定から打力が生まれるんだな」みたいな事に気付くんですね。
 すると欲が出てきて「なんだよ、これなら120キロくらいなら打ち返せるな!」なんて思うワケですよ。

 それで、隣町のちょっとゴージャスな80キロ・90キロ・100キロ…110キロという表示のあるバッティングセンターに足を運んでみるに至るんです。

 田舎の「速球」をバカスカ打ち込んでる打撃王・フクフク丸
 
 110キロのバッターボックスに入り、100円を投入しました!

 ピッチングマシン、振りかぶって第一球を・・・
 シバンッ!!ビンッ
 ・・・ブンッ・・・(超振り遅れ)

 み・・・見えない。
 速くて見えんですよ。

 球が見えない。消える魔球か?
 
 110キロ・20球 見事全部空振り!!(ファウルチップ3球)
 

 ガックリと肩を落としてボックスから出て来る私と入れ違いで入った中年太りのオッサンが110キロじゃ物足りねえとばかりにバカスカ打ち込んでたのを目撃して更にショボ~~ン
 「落合も腹で打ってたんだな・・・」とか妙に納得してみる。

 その後、余市の「速球」は90キロだと判明。
 90キロのボックスだったらバカスカ打てる。
 100キロでもそこそこ安打的当たりは出る。

 でも、110キロは・・・速い。
 練習もしてないシロウトのスイングスピードでは、どうにか捉えられても前に飛ばせない。

 そんなスピードを平気で超えてくるスピードボール(しかも変化アリ)をバットに当てることも難儀。それがヒットやホームランになるなんて神技ですぞ。

 野球やってりゃ中学生とかでも練習で110キロを打つんだそうな。
 すげえや。
 高校野球でも130キロ台の球なら平気で安打するもんな・・・。

 そういうヤツらがゴロゴロいて、その中の選りすぐりがプロ野球選手なんですね~。

 スゴイですね~。カッコ良いですね~。  
 さあ、プロ野球を見てみてください。

 ああ私、プロ野球に貢献した記事かいてますか?そうですね。
 じゃあ、お礼にプロ野球チップスのカードを全選手分下さい。あ、チップスの方は皆さんにお分けしますので。 
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
すげー。
 ロマンチ兵さま、ご無沙汰しております。
 ロマンチに生きてますか?私は文字に埋まってしまいそうな休日の朝です。

 150㌔とかは、見えません。
 肉眼で捕捉不可能であります。
 このかつて「スターフォース(byハドソン」「スターソルジャー(byハドソン」)で鍛え抜いた動体視力でも、その早さには付いていけません。

 さらに、動体視力が付いて行けない物に反射神経が付いて行くワケがありません。
 「心眼」という名の「山掛け・当てずっぽう」で打つしかありませんね。

 プロ野球チップスのカードアルバムの1987年版が当たって凄い嬉しかったのを覚えています。

 オグリビー(近鉄)とアニマル(半球)が4枚もあったんですよ~・・・。本当は西武のブゴビッチが欲しかったのに。
 バナザード(南海)は3枚、あと石毛も3枚だったなあ。
 なぜかセリーグの選手はダブらないんですよ。ポンセ(大洋)好きでした。

 あ~懐かしい。
 
2006/04/30 Sun 07:26:12
URL | フクフク丸:to 兵一郎殿 #- Edit 
150は凶器です
おひさしぶりです。
「浜ちゃんが調子いいのは、うねりなんだよ、右かかとなんだよ。こう、右足の軸がね・・・だから、下半身でね・・・こう・・ヘッドを・・」な~んてシロウトは言います。はい、アイアム シロウト!
110は早いですよ。90で速球というのもアレですが、90が気分いいです、チョウド好い。
近所に150ゲージがあります。なぜか打っている人がいます。あぶないですよ。さすがに150は。凶器でしか有りません。いくら軟球とはいえ・・

新庄は見納めでさびしいです。今年は日ハムが3位に入り、プレーオフでソフトバンクを食うのも見てみたいと、密かに思っています。

チップスカードはあげますから、チップスくらさい。
2006/04/29 Sat 13:42:07
URL | 兵一郎 #- Edit 
くうう。
 田舎のバッチングセンターはボールがツルツルになって、空気抵抗が無さ過ぎて簡単に変化します。無論デッドボールも来ます。痛くても笑って済ますのが田舎ルールです。
 だからタイミングも何もございません。

 そんな立派な施設でバッチングしてみたいもんです。

 あ、篠塚のことは阪急のアニマルがたけし軍団に入って「アニマル・レスリー」に変わったのと同じ理由だと思います。
 著作権の問題かと。
 
 「おもいます」を変換すると未だに「思い鱒」が出て来るんですが、どうすれば直りますか?教えてください・・・
2006/04/21 Fri 06:34:50
URL | フクフク丸:to レンゲ姐様 #- Edit 
そうそう。
バッティングセンターは、一時期逝ったな~。でもあれは機械だからさー、球を見るというよりタイミングに慣れるみたいなトコはなぁ~い?
あ、バッティングセンターじゃなくてプロ野球の話だ。えーと篠塚が利夫から和典になったのはなぜですか?
2006/04/20 Thu 08:37:12
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/412-bfcf1a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。