フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/03/31 Fri  11:35:40» E d i t
 ●大学4年生。

 私は何になるべきなのか、どうなりたいのか分からなかった。
 かと言って、積極的に誰かに試されに行く度胸も無かった。
 
 いろんなアルバイトをしたけれど、アルバイト先の経営者さんたちはほとんど全員が私に「卒業したら一緒に働かないか?」と言ってくださった。だから、世間と自分とに自分が思っているような隔たりは無かったのだと思う。

 ただ実家が水産加工業であり、私が長男であるということが私を惑わせていたのは確かだし、今でこそ自分の生きる道を自分で開く気持ちができたものの、当時は水産になど魅力も感じなかったし未来なんて無いって思い込んでた。

 私はとにかく、自分という物を探したかった。
 自分探しってヤツである。
 
 本当の自分はいつだってココにいて、自分の未来を作っていくのは自分でしかないのに、今の自分はなんか違っててどこかに「本当の自分」がいるなんて思ってる時期が私にだってあったんです。

 
 探し物は何ですか?
 見つけにくいものですか?


 ●インドで修行をして来たか?

 私は幼い頃から強迫観念にも似た人生のテーマを勝手に背負っていて、それが「インドにカレーを食べに行く」という事でした。

 多分それは幼き日のNHK教育で番組の隙間に入る「名曲アルバム」みたいなアレでタージ・マハルを見た時に受けた衝撃とカレー好きがあいまって私の頭の中でインド思想が昇華してしまったのだと思います。

 私はインドに行かねばならなかったのです。

 
 ●それよりボクと踊りませんか?

 私は、大学の試験のためにやってるような高校の英語は養殖キハダマグロの刺身と同じくらい嫌いでしたし、大学の講義でさえもその延長で皮が茶色くなった超完熟バナナとおなじくらい大嫌いでした。

 学識を広げるには英語をはじめ様々な言語の文献を読めた方が良いとは思うのですが、これだけいろんな翻訳がなされてしまっている時代に、たかだか1学生にワザワザそう思わせるだけの魅力を持った洋書なんて私には無くて、英語との接点と言えば映画とか洋楽が聞けて分かれば素敵だなって思うくらいのものでしたから。
 
 実際、好きな歌手の歌は歌詞カードを自分で翻訳して聞き取って歌えるようになりましたよ。
 
 でも、やっぱり会話くらいはなんとかしたい。
 意思疎通まではいかなくても、どうにかこうにかコミュニケーションくらいはとれたら良いなって思ってました。

 
 ●この世で一番肝心なのは 素敵なタイミング♪ 

 そんなある日のこと。
 「エールと申します。英語や旅行に興味はございますか?只今、当社開業10周年キャンペーンで英会話および旅行サークルのご案内をさせて頂いておりました。もしよろしければお話させてもらえないでしょうか?○○駅のところでお待ちしておりますので、是非お越し下さい。」
 と、人見知りで有名なこの私がおいそれと呼び出されそうな素晴らしいタイミングで、こんな素晴らしい提案がやって来ました。

 実際、ラグビーやってる友人に英語教室で講師をやってるカナダ人がいて、彼と英会話を試みるものの悪戦苦闘。四苦八苦。
 彼が働く英語教室に誘われるものの、授業時間は私の生活に合わないし金額がとんでもない・・・って事でオロオロしてたので、そんな電話は悪徳商法だって気付いていても「もしかしたら、自分にマッチするものかもしれない」と思い、話を聞きに行きました。


 そこで待っていた頼り無げなお姉さんの説明によると、とにかく、自己啓発を主目的とした旅行や英会話のサークル活動を通してさまざまな国のさまざまな職業の会員を結びつけると言った特殊なものでした。実際にいろんな企業やシンクタンクが登録されていて、確かに利用のしようによっては自分の人生に得になるような内容でした。
 
 が、

 英会話を習得するコースを付けると30万円
 英会話がすでに出来て、サークルに人脈作りに参加したい場合は5万円。
 その他、会費として年間3000円。

 会員特典として

 ①エールが企画する海外ツアーに格安で参加できる。
 (本当に安い。)
 ②色んな所に人脈ができる。(実際、すごく色んな人たちが参加してる。)
 ③専門の英会話スタッフが英会話のレクチャーを無料でしてくれる。
  (時間指定あり。)

  

   
 私の場合、英会話コースを付けなければならないので30万

 「そんな金などありません。」(←この辺が前回よりも成長している!)と一蹴したものの、数日後また電話が来て「上の者と掛け合って、特別に20万円でお誘いできますが、いかがでしょうか。」ですって。
 頼り無げなお姉さん、やるじゃん。

 よっしゃ。クックック。どっちが悪徳商法なのかワカンネ。

 とにかく10万円も値切れたんだから、気分も良いさ。
 それでも「もう一声、安くならないの?」とか厚かましく聞いてみる。
 さすがに頼り無げなお姉さんも泣きそうな顔になって
 「これで、どうにかギリギリなんです」

 そんなやり取りがあってエールに入会して、届いた英会話教材の充実ぶりにびっくり
 何やらかにやらで、ディズニーの英会話ビデオなんかよりよっぽど使える(だろう)し「大学まで行ってオレは何してたんだ?」みたいな眼からウロコが落ちる内容で、そのおかげでそれから3ヶ月でそれなりにカナダ人の留学生とかとも英会話が成立できるようになって、

 インドに行っちゃった~い

 ナマステ~。
 それもエール社の協力旅行会社の超特別割引使って。
 それはそれは1ヶ月間の流浪の旅をして来ましたぞ。

 ちゃんと自分が行くべき道が、なんなのか考えても来ましたよ~。
 まあ所詮、学生の戯言レベルの考えでしたけどね~~。

 行き帰りの航空運賃、現地での旅行運賃・食費・宿泊費含めて1ヶ月で全部あわせて18万円でした。まあ、なんちゅう激安旅行でしょうか。
 その後も英会話の習得に向けてカリキュラムこなして、システムもちゃんと活用して、仕事でアラスカに行った時も漁船員と会話できてましたもん。格闘技の(←この辺がバカ。)

 
 ●もしかして~もしかして~♪

 ・・・そう考えると私の啓発に明かに役に立ってるし、もしかしたらエール社は悪徳商法じゃなかったのかも・・・う~ん、微妙。
 今もやってるのかなあ?

 エール社の思想自体は悪くないし、彼らの主催する旅行とかは出発地が常に成田・関空だったから働き出してからは時間的にも無理だから参加しませんでしたけれど、英会話の電話レッスンはちゃんと履行されてたし、いろんな協賛会社での特典を受けさせてもらったし・・・まあ、結婚する前に退会したけどね。

 英会話スクールに通うよりもずっと格安で、その教材も今もウチにありますし、ともすればコレはウチの子供たちが興味を持てばそのまま使えますからね・・・
 
 多分、良い人たちだったんだろうなぁ??????


 まあ、でもアポイントメント商法…電話で呼び出すセールス方法は、断る自信が無ければ最初から行かない方が良いです。あたかも自分の事を調べてるような口ぶりで電話してきますけど、絶対分かってませんから。
 電話を「時間無いからイケネ。」って切っちゃってください。

 その後もそういう業者のリストに載ったのか宝石がどうだとか、絵画がどうだとか、結婚相談所がどうだとかいろいろありましたけど

「今忙しいから、連絡先と担当者の名前教えてくれっか?」
 って聞いたらなぜか大概撃退可能だと気がつきました。 
スポンサーサイト

テーマ:テーマなんてどうでもいいや - ジャンル:その他

コメント
この記事へのコメント
あ、私はククリとか買ってませんから。
 インドへはやっぱり修行に行くべきですよね。なんでも若いうちですよね。

 そうですか。私はカレーが食べたくてインドに行ったので、1ヵ月食べ続けましたが、2回だけカラ過ぎて食べられませんでした。一口で全身から汗が噴き出し「あ~ゆるヴぇ~だ~」って感じでした。

 サモサ好き。露店で平然と買い食いして、平気で水飲んで、1ヶ月なんともなかったのに、帰り際にローストビーフなんつーハイカラな物を食ったばかりにヒンドゥーの神様の乗り物「牛」のバチを喰らって、ムンバイ(ボンベイ)-タイ-成田のおよそ14時間の大半をトイレですごしました。

 あの時は人生で一番の短期間ダイエットに成功した時でしたね。
2006/04/09 Sun 08:07:13
URL | フクフク丸:to テツ師匠様 #- Edit 
インドに行け!
あれは今を去る事15年前、インドに行ってきました。
一ヶ月、毎日カレーでした。
カレーから逃れたくて、アメリカ製のポテトチップスを買ったら、カレー味でした。
インド恐るべし。
2006/04/09 Sun 01:07:07
URL | テツ #- Edit 
ぶっちゃけ、やってなきゃ忘れますがね。
 インドに行くのになんで英語なのかって言ったら、インドって昔、大英帝国の植民地だったのでその時根付いた英語が「第二母国語」として、教育を受けられるほとんどの層がちゃんと話せるのです。
 インド式英語って言ったって、日本人のバカ学生とボキャブラリーが似たり寄ったりだからすごく分かりやすい。
 また、日本人は商売になるから日本語を日本人よりも上手に話す商売人もすごく多いですよ。
 
 でもアレですね。英会話も目的があって集中して継続してる間は良いんだけど、今じゃカラッキシです。

 たまに映画見てて「その約はおかしかろう!」って突っ込めるくらいでしかありません。

 でも、その教材で何が一番良かったかって、いろんな英語のいろんな地方のなまりを含んだ会話CDとかビデオがドサッと付いてきたことですよ。
 ある程度、話している速さに耳が慣れると、結構落ち着けるんですよね。

 あ~、結婚してから結婚相談所みたいなところから電話が来て、からかいついでに長電話してたら、オネイサンの話し声が受話器から漏れたらしく、こっぴどく嫁さんに叱られた記憶が・・・

 え?エイプリルフールは過ぎたって??
2006/04/02 Sun 06:09:08
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #- Edit 
スモールパッケージに来た所を首固めで切り返し。
 タイトルは何の事だか分からないと思いますけど、まあ、そんな感じですよ。
 もしかしたらそんなに悪い団体じゃなかったのかもしれないって今になっても思うのは、サポートも悪くなかったし、活動記録が毎月ちゃんと送られてきたというところから来ているのかもしれません。

 でも、最初の言い値から10万値切ったっていうのがまず、何よりも私が打ちのめされた感じがしないという根本理由ですね。

 >ギターの練習。
 そんなに簡単に習得できる物じゃありません。結構教本に忠実にやってるつもりでも出来る人から見たら「我流だね」と言われます。
 最初はそんなもんですから、旦那様を暖かく見守ってあげてください。

 ちなみにT氏の「夏祭り」とか、フォークソングの名残があるのは弾くのが大好きなので、大丈夫。それなりに弾けますよ。
 
 歌は上手いぞ!
 
 ※もうエイプリルフールではないので、本当です。
2006/04/02 Sun 05:56:55
URL | フクフク丸:to ま~姐 様 #- Edit 
結果オーライ
エールかどうかわかんないけど、知り合いの子が全く同じ手法の会社に入社したことがあるって話を聞いたよ。
駅前で待ち合わせて客を連れ帰る仕事だったらしいです。
すぐに辞めたと言ってたけど。
だけど、丸ちゃんの場合、結果オーライじゃないですか?英会話だって、イー●ンに通ったって、たいして物にならなかったしw。労働大臣指定コースで、20万円も国が持ってくれたから通ったんだけど、自腹だったら行ってないだろうな。
丸ちゃんの場合はインド旅行だって、安く行けたこと以上に、意味ある旅になったのだし、20万もそう考えたら全然OKですよね。
たまに、宝石が当たったから取りに来てくださいってのがあったりして、行ったことはないけど。
行ったら多分1000円くらいの物をもらって、うん十万円相当の物を買うまで返してもらえないと思うから!
2006/03/31 Fri 21:11:06
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
私は呼び出されたりすると・・絶対断れなくてダメです。
だから出かけたりしません・・
しかし、丸ちゃんすごいね。ちゃんと自分のものにしたんだ。英会話。そうなってくると・・決して悪徳商法に引っかかったとはいえないよね。

インドの話は時間があるときに是非書いてくださいね。
ブログつながりで世界旅行をしている人がいるんですが・・もしよければまた覗いてみてください
http://blog.goo.ne.jp/yasunori3333

それと・・丸ちゃん全然関係ないけど、ギター買ったって去年言ってたよね?弾いたりしてるんですか?
剛の「夏祭り」をお願いしていたと思うんですけど~
2006/03/31 Fri 14:24:23
URL | ま~ちゃん #64owOXpE Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/405-323d0464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。