フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/04/21 Thu  09:41:21» E d i t
 » 犯罪と精神鑑定 
殺人事件とかで被告弁護人が「被告は心神耗弱状態だった。」とするその部分に逃げ込まれると、
裁判自体が一種の手詰まり状態に陥ると思うんです。


容疑者が心神耗弱を「装っている」場合
本当に心神耗弱をきたしている場合もあると思うんです。

じゃあ、精神鑑定とやらで
何がわかるんでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マスコミは容疑者のトラウマがどうとか、
どのような心理状態でその犯罪に向かったかとかを
事細かに報道しようとするじゃないですか。

犯罪心理学とかの専門家を集めて、意見述べさせて。

視聴者の興味をそそる部分として、
視聴率稼ぎの番組作りには欠かせない要素なのかも知れないですが、
今やNHKのニュースでさえもそんな番組作りですよ??

犯罪者の心理って、知る必要があるんでしょうか?
あと、殺人事件の詳細とか。
あー、脱線しそうですよ。マスコミの報道姿勢への疑問は
また別件にて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで、精神鑑定とかいう話になるんですけど、
そこ、ややこしい事言ってないで、
「逆行催眠とかで浮き彫りにできるんじゃないの?」って強烈に思うわけですよ。


「逆行催眠って前世の記憶まで遡れるんだぜ??」

って言いますけど、
それはさておき「犯罪時の状況説明」や「犯罪心理の追及」
および「無実の証明」くらいには使えると思うんですけどね。


大々的に世間にその方法を喧伝すれば、
エセ催眠屋が記憶に鍵を掛ける催眠とか、深層心理を変える催眠とか
商売し始めるから、言わない方が良いでしょうけど。


戦争時、捕虜から情報を得るときに「自白剤」みたいな
化学薬品も使われたでしょう?
あれより、断然、安全なのでは?


逆行催眠に科学的根拠が無ければ使えないのならば、
精神鑑定というものも大分怪しいシロモノだと思います。


だって、心神耗弱状態で自分や他人を傷つけた人って、
世間に出て、またその状態になったら同じ事すると思いませんか?

「ブラックジャックによろしく」というマンガで精神病棟と報道の現実を描いたモノがあって、
それを見るにつけ、考えさせられるのですが、

今回はそこまで踏み込んだ意見では無く、犯罪を起こした人間の隠れ蓑に
「精神病」を使ってくれるな!と。


裁判には「疑わしきは罰せず」という大原則があり、
犯行を自白している犯罪容疑者をさえも弁護しなければならない弁護士という職業があり、
裁判の勝敗が弁護士の実績になる以上は、

正義も真実もありゃしねえ!!

という結論に達します。

容疑者自身のためではなく、弁護士のために「精神鑑定」があるような気もするんですよ。


まあ、飽くまでもこれは予備知識を持たない素人の個人的意見です。

どうでしょうか?
みなさん、どう思いますか?




 関連記事→【メイの戯言】様・人的判断

関連記事→【のんびりまったり。】様・世の中理不尽なことが多すぎる

多くの方に見て頂きたい!よろしければランキングに1票を!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
にょにょサンへ・理不尽について
何が正義で何が悪なのか。

それは、個人の考え方に依存するものだと思います。
しかし、社会では社会を運営して行く上でのマナーやルールが必要。

そこに法律が存在する意味があるのだし、法律が人間の手で作られたものである以上、抜け穴があるのもまた事実。

 「法律が届かなければそれは正義」という風潮がまかり通っている現代、この風潮こそが理不尽だと思います。

 私も、罪は裁かれるべきものだと思います。
 法治国家ですから。
 
 編に特別ルールを加えて行くから話しがおかしくなるんですよね。きっと。
 
 
2005/04/28 Thu 08:19:19
URL | フクフク丸 #- Edit 
トラバありがとうございます。
う~ん、私はっきりいって精神鑑定いらないと思うんですよ。犯罪者がいくら残酷な犯罪を犯しても罪が軽くなるなんて。。過程はいいから結果だけで判断してほしい。例え恨みがあって殺人を犯したとしても、どんな理由があったにせよ罪は罪。裁きはうけるべきです。・・・・といっても現実はうまくいかない、それがこの世の中。悲しいなぁ。
2005/04/28 Thu 07:26:42
URL | にょにょ #- Edit 
samサンへ
コメントありがとうございます。

刑事裁判というのは、検察(事件を捜査して、その被告を犯人だと決定付ける証拠を探してくる人たち)と被告(犯罪容疑者)によって行われます。

被告は法廷で議論できるだけの知識を持っていなかったり、「自分はやってない!無実だ!」と感情的になったりするので、その被告の代わりに法廷で検察と対峙するのが弁護士です。

弁護士も商売ですから、勝たなければ次のお仕事が無くなるので、勝つために法律の抜け穴を探してくる訳ですよ。

世間から見て、絶対に勝ち目の無い裁判を勝ったりするとその弁護士の評価が上がりますよね。

んー、例えば和歌山の「ヒ素カレー」事件の話をご存知ですか?
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/curry/

とりあえず、H被告の身辺を捜査してみたらどうやら彼女が犯人で間違いなさそうなんですが、たとえそうやってマスコミが報道しても、

それをやったという100人が見て100ともが納得するような「証拠」が検察によって提示されなければ、法律は彼女を有罪にできないんですよ。

 それが「疑わしきは罰せず」の大原則なんです。そのうち「公民」でイヤでも出てきます。
 
 学校では「正義」を教えますが、教師は正義の定義(正義とはどういうものか)を説明してはくれません。それは自分で考えなければいけない部分なのかも知れませんし、

それを考えるために、授業があり、いろんな出会いがあるのだと思います。

また、コメントして下さいね。
質問につきましてはsamサンのブログにて返答しておきましたので。

 
2005/04/22 Fri 06:40:38
URL | フクフク丸 #- Edit 
研究材料としてのビリー・ミリガン
十数年前にベストセラーになったアレですよね。
多重人格。

私の友人(男)で「分裂症」を間近に見たという人間がいます。

好きで好きでたまらなかった女性と楽しくドライブして、話をしていた時に突然、女性のモノとは思えない低い声で「オマエ、この子を幸せにできるのか?」みたいなことを聞かれたらしいです。

 その後、彼女の中に数人の「別人格」が入れ替わるのを目撃し、中にはその女性を守る為に存在するという「男性の人格」もあったそうです。

 主人格は普段の彼女で間違いないのでしょうが、他の人格に入れ替わるのが「遠い目をした瞬間」その瞬時に行われるので、主人格を装った他人格みたいな状況もあったらしく、
友人はちょっと参ってしまい、彼女と別れてしまいました。

んー。
摩訶不思議。

でも、現行の法律では判断能力の著しく劣る者や状況での犯行は、罪に問われにくいという救済措置があります。

いずれにせよ、司法が直面する難問であると思います。
2005/04/22 Fri 06:16:57
URL | フクフク丸 #- Edit 
お邪魔します
精神鑑定ってどうなんでしょうかね。
有名な「連続幼女誘拐殺人事件」の宮崎勤被告も
「多重人格障害」「精神分裂病」など3つの精神鑑定が出て、
何年間も判決がきまりませんでしたね。
あれだけ残虐極まりない犯行を行ったのにもかかわらずです。
被害者の家族や関係者の気持ちを考えるとつらいです・・。
しかし、アメリカがビリーミリガン(23の人格を持つ)を研究した結果よると、
多重人格者などは脳波も変わるし皮膚電気抵抗も変わるらしいです。
この場合は、判決にどう影響させればいいのでしょうか・・。
僕の既知にはないので判断しかねます・・。
宮崎勤の場合はここまで研究されませんでしたが、
ただ単に異常だと言うだけでだらだら判決を引き延ばす
日本の法廷制度はいかがなものかと思います。

これが今の僕の意見です!
長々と失礼しましたっ。

2005/04/22 Fri 00:44:20
URL | めい #j.d64WD2 Edit 
どうも、samです。

うーん、「めい」さんのブログで書いたコメントの通り、話が難しすぎてコメントしづらいです。

ただ、「精神鑑定」というのは容疑者にたいして行い、それを弁護士が代弁する、というのは本当に正しいのでしょうか?

容疑者の方の精神の持ちようでも、それが正常であろうとも、異常な状態でも、弁護士がそれを確かに代弁できているのか?という点は確かにちょっと疑問に思います。

ところで、私の聞きたいことなのですが、ある一定の記事を一番最初に表示させたままにする、というのはどうやればいいんですか?

例えて言うなら、このブログの
「始めてお越しの皆様へ。ブログの見方」です。

ああいう風にするにはどうすればいいのですか?

話を変えてしまい、
本当にすいませんでした。

どうかお願いします。

記事に対してコメントを残せなくても、
ちゃんと覗かせてもらいますので、
よろしくお願いします。
2005/04/21 Thu 20:14:47
URL | sam #Pt14lFM2 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/40-dfce0de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。