フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/03/06 Mon  17:13:18» E d i t
 アンケートしておきながら、コメントへの返事もしていなくて皆様ドキドキしていた事でしょうけれど、忘れていたワケじゃなくて、アホみたいに掘り起こし過ぎて長ったらしくなったので困っていました。

 で、とりあえずは忘れてないんだよっていう言い訳でもしとこうと思いまして、本日アップしてみます。

 皆様、簡単な質問であるにも関わらずご意見まで頂いて誠にありがとうございます。おかげさまで私が続けてアンケートしようとしてた内容が先取りされてて軽く凹んだりしました(笑)。

 やはり販売不振の根本的な原因はメーカー・販売店側の考えとは離れた場所にあるんですよね。
 
 軽く一例を挙げると、大阪あたりの販売側から名物・たこ焼きの中身をカズノコに挿げ替えた「北海焼き」というアイデアが出ているそうですけど、どのような感想を持たれますか?

 私は食べたくないですが。
 
 魚卵で焼いたり煮たりしてもそこそこ美味く食べられるのはハタハタ・シシャモの卵とタラコくらいですかね。カズノコは焼いても煮ても食べられません。
 この時点で大幅に料理の方向性が限定されます。

 皆さんにコメントを頂いたとおり、カズノコはそのものだけではご飯のおかずにも酒の肴にも中途半端なんです。
 言うならば珍味。
 でも飛び抜けて高級食材というカテゴリーでもない。
 かと言って気軽に買って来るほど安くもない。
 更に、年末年始を除けば味付けカズノコはまだしも、塩カズノコなんてどこに売ってるんだか分からない。

 実に中途半端。

 ニシンって北半球の北緯42度以北だったらかなり広範囲で取れるんです。ですからカズノコって一言で言っても、日本海・太平洋・大西洋・バルト海・カムチャツカ…無論、ニシンだって水質やら水温やら海流やらの影響で各地で特徴が違えば、カズノコの性質もそれに伴う価格も違うんです。

 カズノコって一口で言っても、要するにピンからキリまであるんです。

 でも、世界中の海で獲れるけれどカズノコをありがたがって食べるのは日本だけなんだそうです。
 そういう歴史があったんだから仕方ないです。
 
 そんな感じで今回皆様のコメントから弾き出された問題点を簡潔に整理してみると、

 ●カズノコはなぜ高い(と感じる)のか?
 ●カズノコの調味について
 ●カズノコのオイシイ食べ方


 が問題点になりそうです。
 そして、メーカー側もこの点に関して努力してはいるのですが、カズノコという物を「商材」としてみた場合、止むに止まれぬ宿命がそこにあったりするんです。
 
 さ、これからこれらを分解して考えてみる事にします。

 あ、でも、もちろん不定期に現れるのでこれを一つのカテゴリーにしてまとめておきます。
 その都度その都度、質問や疑問を頂けたら私もカズノコ屋さんに聞いて回答してみます。

 ああ、勉強になるなあ。

 最終的に食に携わる仕事をしている者として、現在の日本の食生活が持っている危機も暴いちゃいますからね~!
 食料自給率なんて数字で言われても危機感なんて沸かないですもんね。でも危機なんですよ、相当。

 ま、その辺まで持って行く予定です。
 ああ、勉強になるなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/09 Thu 22:53:27
| # Edit 
あれから、家族や知り合いに『かずのこ』について質問してみましたが
丸さんのブログに要約されている内容とほとんど変わりがない結果でした。

ネットで調べて見ました。
「塩抜きしたら
 かつおだし 1カップ
 酒・しょうゆ・みりん 各1/3カップ
 (お好みでしょうゆの量を加減)
をあわせたものに、3時間以上漬け込みます。
かずのこがあめ色になったら食べごろ。
お好みでけずりかつおをちらしてどうぞ」
他に『松前漬け』という案もありました。
(すべてネットからの受け売りです・・すいませんorz

どれもこれも、かずのこ『購入後』の個人個人の調理法ですね。
かずのこが一般受けする、画期的な調理・加工法を編み出すのは至難の技ですね。
食材・調理に関する知識は皆無といっていい僕ですが、及ばずながら応援します!
2006/03/09 Thu 19:11:44
URL | めい #j.d64WD2 Edit 
北海焼きを考察する。
 タラコって生で食べてもプチプチしないでしょ?卵の粒子が小さすぎて噛んでも弾けない。
 だから焼くことによって水分が飛んでも対して食感が変わらない。
 それどころか「焼く」と言う道があって料理の幅はグンと広くなる。
 
 カズノコってプチプチしますよね。
 その破裂感がプレミアだったりするんじゃないかなあ。
 焼くと、モロモロになっちゃいます。食べてマズイってことはありません。ただ、カズノコに求められるプチプチの部分が死んでしまい、ガッカリ度が上がります。
 
 ∴(←ゆえに)北海焼きは、然るべき味付けをして、レアかミディアムの状態でたこ焼きの中に入るのならばまだ、救い道はあるかもしれません。
2006/03/08 Wed 05:45:41
URL | フクフク丸:to ま~姐 様 #- Edit 
そうです。
 そんなにダイレクトに言われると、私もまいっちんぐです。
 
 実は、皆さんから頂いたコメントの中にこれから書くことのほとんど答えは書いてあるんです。でも多分、コメントを書かれた方々はそのコメントが生まれてくる時代状況や何を意味してるのかという本質を知らないと思います。
 
 ぶっちゃけ「どうだって良い」モノをどうやって「買ってもらえるモノ」に変えるのかって部分も商売だったりする訳で、たまたまカズノコ業界と近いところにいるということでたまたまここら辺をうっかり通過してしまったカズノコメーカーさんの何らかのヒントや提言に、最終的になれば良いなあって思います。 

 身近にもカズノコメーカーが多々ありますので、面白くなるようにコメントで刺激してくださいね。
 よろしくお願いします。
2006/03/08 Wed 05:38:48
URL | フクフク丸:to 出人 様 #- Edit 
知ってますとも。ドロンジョ様。
気分が乗ってきたので歌を歌います。
  
♪ど~で~も いいで~すよ~♪ 
驚き桃の木山椒の木 一気に時を渡りきり ついに出た出た やっと出た、地球のアイドル ヤットデタマン!
 
 続き物は回が重なるごとにコメントが減って行くのがツライ。
 実際、どのタイミングでコメントして良いのか分かんないし、いつものフクフク丸北海道バーべQ味が消えてしまっているからなのかもしれない。

 そんな反省も含めて私はカズノコを連続アップしてしまおうと心に堅く決意したのであった・・・多分、守れないだろうが。 
2006/03/08 Wed 05:30:37
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #- Edit 
わたくし・・関西代表して申し上げます。数の子入りのたこ焼きなんぞ・・
いらん!たこ焼きじゃなくて・・北海焼きでしたっけ?

数の子って火を通すとだめですか?
固くなるのかな?
たらこのようにはならないのかね~
我が家はたらこもいくらも大好きですよ。
やっぱり調理方法に幅がないんだろうね。おっしゃるとおりです
じゃ~勉強してしっかりレポート提出頼みます
2006/03/07 Tue 09:50:46
URL | ま~ちゃん #64owOXpE Edit 
う~む
つまり、どうだっていいってこと?(笑~)

カズノコよりも、わたしは、イクラの方がうまいし、好きだし、金だして食べたいです。タラコも。

あれば食べるけど、別に、正月でなきゃわざわざ買わないよ~。
2006/03/06 Mon 22:23:10
URL | 出人 #X.Av9vec Edit 
やっとでたマン!(←知ってるぅ?)
つ、ついに待望の第2章ですねっ!
なんか久しぶりの感じで嬉しいっす♪
無類のカズノコ好きですけど、う~む、なるほどねえ。なーんも考えないでウマイウマイと食べてるけども、裏では色々とご苦労されているのですね。謝謝!
でも逆にさ~、タラコみたいに年中食卓にあがっちゃったら、お正月のありがたみもなくなりそうだね~(笑)
「またカズノコかよ。正月くらい違う物出せよー」なんてことになると、なんか福々しさが減るというかww。
そこらが難しいなぁ。
2006/03/06 Mon 19:45:00
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/389-a4384235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。