フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/02/24 Fri  06:25:06» E d i t
 ●「マンネリだ」と揶揄されることの凄み。

 B’zを聞いたことがありますよね。
 多かれ少なかれ耳にしていると思います。
 先日レンタルしたCDシングル「衝動」(名探偵コナン)もカップリングの「結晶」(喰いタン)もその前のシングル「OCEAN」(海猿)も、テレビ番組とタイアップらしいですがあまりテレビを見ない私にしてみれば、どうでも良い事なんです。逆に、番組のイメージを持たないで聞けるから、曲そのものを味わえるというか。

 それにしてもB'zはB'zですね。心地良いマンネリ。

 パワーの浮き沈みは確かにあるけれど、やっぱり柱が立ってると言うか、松本さんのギターは聞けばすぐ「あ、B'z」って思うし、稲葉さんのボーカルも「ああ、B'zだね」って分かる。
 
 随分とB'zのバッタモンが出てきた時期もありましたが、最終的にずっと残り続けてるのはB'zですもんね。

 そりゃ、マンネリにも聞こえますよね。

 「毎度毎度同じ音で、同じような内容で・・・」なんて言われますけども、サザンだってチューブだってそうですよ。

 十年という単位で音楽シーンのトップに居続けて、そしてコンスタントに作品を打ち出して行くって事は並大抵なことじゃありませんよね。
 最初は勢いで行けても、勢いは失速します。
 あるいはその勢いに世間が慣れてしまう。
 でも、その勢いを生み出してその時代にそのアーティストが色をつけることができれば、トップに居座り続ける事ができるようになるのかもしれません。

 「マンネリで大いに結構。ほかの人はマンネリまでいかないじゃないですか。定番があるのは全然恥ずかしいことじゃない」(by志村けん)

 いや、偉大なる志村けん様にこんなマジな事を言われても、焦るんですけどもね。
 
 B'zは私が中学生の時に出てきて、それから・・・ですから、かれこれ15年以上も音楽シーンのトップに君臨しているんですね。スゴイ。
 それはスゴイと思いますけど、一曲一曲への思い入れは最近の歌にはできなくなっちゃった。

 バブル後期にTMネットワークの亜流みたいな感じに取らえられたスタートから、大人になって行く過程での恋愛観から始まって、ワイルド感で一気に加速した「IN THE LIFE」「RUN」の時代。それから更に勢いづいたミリオンシングル路線。
 
 私の青春の5歩くらい手前にいつもB'zが走っていた。
 だから、思い入れがあったのかもしれません。

 
 ●やはり10年いてマンネリかな。

 音楽ジャンルがやたら細分化された今日ですが、どう細分化されても多くの人の耳に入ると言う事が、そのアーティストなり音楽なりが「時代」に色をつける条件であり、それが演歌でもポップスでもフォークでもロックでも、とにかくラジオなりテレビ、あるいは街角の有線放送で流れる必要があります。

 「時代に色をつける」というのは、その曲を聞いたら「その頃に何をしていたかを思い出す」と言う意味で捉えてください。
 
 思い出に浸れる曲があるのは、どうしても学生時代になっちゃいますよね。社会に出てしまえばまず音楽を貪るように聞ける時間も無くなっちゃいますし、大体、青春時代にファンになったアーティストを追い駆け続けて他の歌はどうでも良くなったりしますからね。

 あとは、人生の節目節目で流行っていた曲が色を持つくらいになっちゃうんでしょうか。

 私たちが青春してたど真ん中を並走したのが「Mr.Children」「ウルフルズ」「スピッツ」です。
 その他、ドドーンと現れて2~3年で消えてを繰り返したのが小室ファミリーだったりしますけど、大きく見ても「小室ファミリー」は最終的に10年間トップで生き残れなかったし、あとつんく♂あたりだと形を変えながら生き残ってますけど。
 
 ミスチルは私たち世代のサザンになったし、ウルフルズはド演歌ロックでしぶとく生き残り、スピッツも軟らかく柔軟な世界観でファンを魅了し続けています。

 B'zを含め、やはり彼らには独自のカラー=世界観があって、それを多くの人に届ける事ができる才能があって、マンネリに到達しているんだと思います。
 彼らの曲に「新鮮さ」を超える感動は期待できないかもしれない。
 ある世代層には届いても他の世代にはさっぱり響かないかもしれない。みんな同じように聞こえるし。

 でも、芯はずっとぶれてないしそこに安心があるからみんなそこに集って離れない。それが世界観。

 マンネリで大いに結構。

 
 ●現状を見渡すと・・・
  
 BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)というバンドがあります。これは、以前「車輪の歌」の紹介をした際にも持ち上げましたが、ここ数年、新しく出てきたアーティストで一番心に引っ掛かってるのがバンプなんです。私。

 バンプ(=作詞・作曲・ボーカル・藤原基央)の世界観は3本の柱で成り立っています。
 
 1・喪失感・内省的・過去の自分に向けた世界。
 
 過ぎ去ってしまった時間の回想の中に、現在の自分が自分なりの句読点を打って行くような内容。
 以前はロック調も多かったけど最近では、バラードにこの手の詩が乗ることが多い。
 バンプの代表曲天体観測がこの世界観の代表格。

 ex)「車輪の歌」「スノー・スマイル」「プラネタリウム


 2・一曲で作り上げるファンタジーの世界。

 曲の中に主人公とその情景が浮かび上がり、立ち上がる気持ちと何かに立ち向かう心を引っ張ってくれるような歌。私には全ての人間が持っている素晴らしさを歌う人間讃歌に聞こえる。
 激しい疾走感・爽快感を出すために主にアップテンポの曲。
 そして、バンプ特有の歌詞の語尾に次の歌詞にぶつかってくるような「間を詰める」という表現技法なので、この手の曲を聞くと「あ、バンプだ!」と言うのが世間に浸透中。 

 ex)「オンリーロンリーグローリー」「sailing day」「ロストマン」「ハルジオン

 3・ナルシズムの欠片も無い、全く違う表の顔

 バンプのCDは隅々まで思いも寄らないような所を探さないと損をすることになっています。
 バンプのシングル・アルバムには必ずボーナストラックが隠れています。これは思いもよらないような所に入っていて、かなり意表つかれるボーナストラックです。

 私、これに初めて気がついたとき、爆笑しました。
 1・2の世界観は表現者が持つべきナルシズムでファンを魅了する世界観であり、3は彼らの着飾らない部分だと思います。

 もちろんボーナストラックなので、歌詞カードにも出てないし(でもCDをくまなく探すと必ずどこかに書いてある)、CDのクレジットもワケが分からない曲数まであってどこに隠れてるんだか分からない。

 バンプのイタズラなんですが、公式HPによると『ボーナストラックが僕らの「陽」の顔で、バンプは「陰」なんです』だそうで。



 なぜ急にバンプの事を書いたかと言えば、先日借りてきたシングルCD(両A面)が2曲とも、色々借りてきた中でぶっちぎり5馬身差逃げ切りで私に沁みてきたからです。

supernova 
 誰の存在だって世界では取るに足りないけど
 誰かの世界は それがあって 造られる


カルマ
 数えた足跡など 気付けば数字でしかない
 知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間
 
 

 では、こちらの2曲の歌詞を読んで感激したら早速、1と2どちらの世界観なのか当てはめて見ましょう。
 そして、あわよくばバンプを聞いてみましょう。そして、あわよくば、CDを買いましょう。


 私は、バンプはこの3本の柱を伸ばしていけば安定飛行で10年でも行けると思います。
 すでに「あ。バンプだ」という流れはできて来ていますから、今までどおり安易にテレビに出演したりしないで、CDを面白く作って、素晴らしい世界観を広げ続けて欲しいとファンの一人として願っています。
  



 え~と最後になりましたが、このタイトルがいきなり④なので戸惑っていらっしゃる皆様。
 ここに飛んで①~③も読んでね。
 世界観を作れる「音楽」  


 読んだら改めて感想を書きましょう(笑)!
スポンサーサイト

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
ダチョウ倶楽部
 「ダメ」というブランド。
 ダチョウ倶楽部にしても出川哲郎にしても、出てくるたびに「ホントにコイツらダメなヤツらだ。」って思いますが、その「ダメ」をブランドになるまで続ける事ができて周りの人が離れていかないんだからやっぱりスゴイんでしょうね。

 世界観=カラーを出せるようになるには自分の思うものを時代に合わせながらも主軸を曲げないで継続して行くのはもちろんのこと、それが多くの人たちに受け入れられる必要がありますよね。
 客の求めているものに寄らず、自分達の表現力が時代を変えて行けるという信念が伝わってくるアーティストは魅力的です。
 
 ただ、時代を変えた後で移り気なファンが離れて行くのを憂慮して、大幅にサウンドチェンジしたりすると一気に魅力ダウンしますよね。

 安心感と言えば、紅白歌合戦が北島三郎や和田アキ子に寄せる安心感は絶大ですよね。客もなんだかんだ言いながらあの二人ならオオトリに文句なしみたいな感じで、鳥羽一郎とか石川さゆりだと上手く年越せない感じがしたり・・・。
2006/03/13 Mon 09:41:01
URL | フクフク丸:to kou 様 #- Edit 
B'zは私も好きでよく聞きますよ。今や完全にブランド化してますよね。歌手でもお笑い芸人でもブランド化している人は強いですよね。毎回同じギャグをやるのを分かっていても笑ってしまう。マンネリだけど笑える。なんでしょうね。安心できるんでしょうかね。~といえばこの人という安心感が受け入れやすくしてくれるような。
2006/03/12 Sun 02:10:50
URL | kou #iqGKCwmE Edit 
小室、誰かに似てない?
>それにしても、小室が何より良くないのはプロデュースした歌手と結婚したり離婚したり、更にはボンボン捨てて行くイメージがあることですね。

まるで、”プロレス界の某大物”とそっくりですね(笑) というか、どこの世界でも”カリスマ”と名の付く人は大概同じような”人種”なのかもしれませんね(笑)
2006/02/28 Tue 22:26:27
URL | スーパーpsy野神 #- Edit 
音の「着こなし」
 もともと感性の波長が合うようなアーティストの成長というか進化というか、表現の幅が広がって行くのはファンとして快感です。
 が、時として「数字の魔力」がアーティストを追い込んだり潰したりして行きますよね。売り上げ枚数なのか、幾ら儲かったなのかよりも「どれだけの人の心に残ったのか」の方がアートとしては大切だと思いますし、それだけに良い物は歴史を超えて生き残ったり、忘れられても蘇ってきますよね。
 
 いろんなジャンルが成熟してきたなかで、売れるための法則とか、人気を出すためのノウハウが確立している部分はあると思います。
 そういうのに翻弄されてしまうのか、上手に波に乗るのかが今となってはヒットの条件みたくなってます。
 
 でもサザンを目指した時点でサザンより上には行けないし、ミスチルやスピッツを目指してバンドやってる時点で彼らより上になんていける訳がないんですよね。

 自分達の世界観を提示し続けて、それが広がり続けて、そしてその広がって行く世界観に表現力がついて行く事。これが理想的なアーティストの進化なんでしょうけども。
 
 流行の音楽を自分達に取り込むのもまた、ヒットの二番煎じを狙ってるというだけで、どうせ取り入れるのならば、自分達流のアレンジを加えて、自分達が築き上げてきた世界観を大切にしながら上手に着こなせるのなら良いんですよね。

 TMは私も好きでした。
 どんな音楽ジャンルに分類されるのか分かりませんけど、BOΦWYみたいにファン層が限定されていたわけでもないですし、テレビ番組に出演したりアニメのテーマとかにも使われたりしててファン層を拡大したのは良かったんだと思います。
 あの頃はまだ「ミリオン売れなきゃゴミ」」みたいな扱いを受ける時代ではありませんでしたからね。

 小室は最初のウチはファミリー各人をちゃんと色分けして路線を敷いていたのに、とにかくCDを乱発するようになってから、誰がどの歌を歌っても同じになっちゃいました。
 これが残念な事です。
 思えばアムロに「CAN YOU CELEBRATE」を(あの時代、あの流れだからしかたないけど)歌わせた辺りからその世界の崩壊は始まりましたねえ。
 あれこそ歌の色的にトモちゃんに歌わせるべき曲だったのに。
 
 globe・・・そうですよね。小室ファミリー後半の鈴木亜美とかdosやKiss Destination辺りに提供した歌を全部
globeが歌ってたら・・・とか思ったりします。
 それにしても、小室が何より良くないのはプロデュースした歌手と結婚したり離婚したり、更にはボンボン捨てて行くイメージがあることですね。
2006/02/28 Tue 10:36:04
URL | フクフク丸:to 野神氏 #- Edit 
マンネリというか・・・
”アーティスト”なるもの、当然ながら”個性””特徴”はあってしかるべきだと思いますので、そういった意味での”マンネリ”は”あり”だと思います。ただ、”基本的な音”があってそこに少しずつ”新しい音”を加えて進化させる事で初めて”長続き”が出来るのであって、全く変わらないのですぐ消えてしまいます(汗) それと、いくら”曲”が売れないからってコロコロ”曲調”を変えるアーティストも正直いただけませんね。

で、B’zですけど、彼らの”変わらない曲調”は僕もあれでいいと思います。されど、ここ最近、彼ら自身がそれに飽きたのか、ちょっと”メロコアパンク”を意識した曲作りをするようになっているのにはちょっと”ガックリ”させられますが(汗) 彼らの”師?”であるTMネットワークもかつて”ユーロビート”がはやった時にその音を取り入れたのには正直”疑問”を感じたもんで。

で、そのTMネットワークですが、彼らも考えてみれば”音のマンネリ”の”代名詞”的なグループでしたからね。確かに、小室の曲は似たり寄ったりの曲が多いですけど、それでも何故か”飽き”を感じさせない不思議な魅力を僕的には感じたんですよね。だから、彼らは”解散”するまで(現在、また復活してますが)一応”トップ”にい続けたと思うんですよ。ところが、グループを解散して”ソロ”になった小室は”プロデューサー”という形でいろんなアーティストに手を出し過ぎたのは事実です。そして、その多くは小室の元を離れて行き、結局彼自身も今何をしてるのだろう?というぐらいに”存在感”を完全に消してしまいましたからね(汗) やはり、小室はglobe1本でやるべきだったんじゃないか? そうすれば、いい意味での”マンネリ化”を気づく事ができたはずなのに・・・。大体、”元X-JAPAN”のYOSHIKIを”正式メンバー”に加入させてどうすんの? この時点で”マンネリ”もヘッタクレもあったもんじゃないですからね(呆)

BUMP OF CHICKENは今現在の”男性ロックグループ”の中で唯一「このバンドいい!」と感じられるバンドだと思います。彼らの曲もまた、”いい意味”で”マンネリな音”を構築していますよね。ミスチルやスピッツの事も書かれていますが、どうも昨今の”ミスチル及びスピッツを越えようとして超えられないバンド群”には正直辟易しているんで、バンプのような”個性”を持っていて、且つ”高度な音楽性”、”奥の深い歌詞”を持ったバンドにもっともっと頑張って欲しいんです!
2006/02/27 Mon 23:24:25
URL | スーパーpsy野神 #- Edit 
ガンジー、ホーチミンって。
 レノンじゃ足りませんか?そうですか。
 音楽は楽しんで聞ければそれで良いと思います。

 音に関する薀蓄とか、歌詞がどうだとか、受け取り手が判断すれば良いですし、好き嫌いも明快に理由なんて付けられるものでもありませんからね。
 私はその受け取り手の一人として感想を書いてみました。

 トータルでアーノルドだって言うのがまた素敵です。
 私は、フレディー・マーキュリーです。
2006/02/27 Mon 15:37:51
URL | フクフク丸:to テツ師匠様 #- Edit 
勇気りんりん。
 そうそう、バキッっと開けるんですよ。そうすると、バンプが「グッドバランス」だったり「ジョイ」だったりしてそれはもう「イカ」だったり「おっぱいがドッキング」だったりするんですね。
 
 あ~大変。
2006/02/27 Mon 15:31:14
URL | フクフク丸:to レンゲ姐様 #- Edit 
違和感。
 流行り物の美味しい所だけをつまみ食いしてるようなアーティストって長持ちしないような気がします。

 商売ですからそれは新しい事にも挑戦しなきゃならない場面もあるのでしょうし、アーティスト側の心境の変化もあるでしょうけれども、自分の今までを全否定してしまうような変化をファンは望まないと思います。 
 
 最初の頃は頑張って色んな方向を模索するのでしょうけれど、ある程度固まったらその世界観を大切にして欲しいなって思います。

 そこまで生き残るのも大変なんですがね。
2006/02/27 Mon 15:28:11
URL | フクフク丸:to 一心 様 #- Edit 
う~ん
音楽の事をそんなにむずかしく考えた事はありませんでした。
歌詞に関していえば、マッキィは万人に受ける天才だと思います。
どんな時も、どんな時も、僕が僕である為に好きなもの(薬)は好きと言える勇気もち続けたい・・・ダメじゃん。
キャラクターとしては、シド・ビシャスを初めとして尾崎とかダメダメ系に若い頃は憧れましたね~。
音楽から離れますが、今は強い人・・ガンジーとかホーチミンとかに憧れますね。
トータルでは、やっぱアーノルドでしょう。
2006/02/26 Sun 22:39:39
URL | テツ #- Edit 
隠しジャケットさー
CD収納板(?)を無理矢理「バキッ」とこじ開けるってのが勇気100倍ですねっ。
いや、ただそれだけ言いに来ました。
ブルーハーツを見て、なんだかちょっぴりセンチメンタル・・・。

2006/02/26 Sun 22:14:23
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
心地よいマンネリ。
う~ん、確かに。

今まであまり考えてなかったけど、自分が好きなアーティストだとこのマンネリ感で安心して、嫌いなヤツだと「いい加減マンネリだよ」と批判して。マンネリのせいじゃなく、好みの違いだったのか!と今更気づかされた感じです。

BUMP OF CHICKENですかぁ~。「天体観測」しか知らないので、今度チェックしてみよー。
2006/02/25 Sat 23:30:27
URL | 一心 #7o8MQY4o Edit 
やっぱりお勧めなワケで。
 アルバムは買ってます。
 シングルは借りてくる派です。
 だがしかし!バンプはこの時代には珍しく「買うに値するCD」を作ってる稀有なバンドだと思います。
 レンタルでは見つけられない部分にいろんな物を隠してあるので、そりゃもうビックリなんですね。

 だって、こんなカッコイイ持ち上げ方をしておいて何なんですけど、隠し曲をちょこっと披露すれば

 ジーパン脱いでケツを出せ!
 愛しいあの娘に見せつけろ!
 今日は祭りだ
 フンドシドシドシ


 みたいな・・・
 いや、マジで。

 こういう「遊び心」がまた私にとってすごく居心地の良いバンドなんですよ。

 だから、あわよくばCDを買って聞いてね。ちなみに隠し曲のありかを教えてくれるファンのHPもあります。
 http://star.ap.teacup.com/bump/4.html
↑「そ~れ!ポチッとな!」ドロンジョ様風に。

 何が何だか分かんないでしょうけど、そういうアホアホ面があるという可愛いヤツらなんでやんす。
2006/02/25 Sat 06:41:11
URL | フクフク丸:to レンゲ姐様 #- Edit 
バンプ好き!イエイ!
 バンプの歌って優しいんですよね。その優しさを裏打ちするような「弱かった自分」も曝け出してる。

 ちょっとした気付きなんでしょうけれども、それを言葉に紡いでその世界を醸し出せるメロディーに乗せて、それを多くの「誰かの世界」に届かせる才能は素晴らしいと思います。

 いろんなアーティストが出てきては消えて行く中で思うのは、彼らには「味」が無いってことなんですよね。
 「味」とか「色」という抽象的な表現で申し訳ないのですが、自分が描いている世界がどんなに壮大なものだとしても、それを描くキャンパスやそれを描く技術や道具がなければ相手には届きません。
 
 バンプは初期のアルバムでは歌詞先行型で「ごった煮感」たっぷりでしたけれど、それでもアルバムの中に光る曲がコンスタントに2~3曲入ってて、「ユグドラシル」に至ってはアルバムが一つの作品として通して聞けます。

 天然でやってるのか、それとも計画的にやってるのか分かりませんが、心地良く私をその世界観に酔わせてくれる素敵なバンドです。
2006/02/25 Sat 05:53:08
URL | フクフク丸:to ノヴァ様 #- Edit 
ある時は睡眠導入剤として
 ある時は睡眠導入剤としてお使いください。素敵な夢の国へ招待されること間違いなし。

 またある時は目覚めのコーヒーとしてお使いください。フレーバーかと言われれば、猫のニオイくらいはフレービングだと思いますけど。

 バッチリ目覚めてガッチリ読んで・・・眠くなって・・・を繰り返してください。睡眠導入時の学習は意外と効果的で、一夜漬けの勉強がテストに有効だったりするのも案外頷けるところで・・・ってアレ?何の話だ?これ?? 
2006/02/25 Sat 05:42:08
URL | フクフク丸:to ま~姐様 #- Edit 
しむけん、言うねえ。
「○○っぽい」とか「○○みたい」って例えられるようになったらしめたもんですね。チューブだって最初は「サザンみたい」とか言われてましたが、今じゃ「夏といえばチューブ」と言われるまでになったわけで。
マンネリって、言い換えれば彼らの個性が長い時間かけて認知された証でしょう。けんちゃん、だてにお肩にゲルマニウム貼ってないね。いいこと言うわ。
バンプは知らないけど、先日借りてきたシングル・・・と言っておきながら あわよくば、CDを買いましょうと言ってのけるあたりが気に入ったので、そのうち聞いちゃうかも。
2006/02/24 Fri 22:59:56
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
はじめまして。
共有スレから現われました。
この記事を読んで素直に感動しました。
確かに、B'zやサザンなどマンネリを感じるときはありますが、「マンネリで大いに結構。ほかの人はマンネリまでいかないじゃないですか。定番があるのは全然恥ずかしいことじゃない」この言葉にはすごい納得しました。
何十年も音楽シーンのトップを走る彼らはやっぱりすごいですよね。
あと、僕はバンプが大好きです。
バンプの音楽を何年も聴きたいと思っている一人なので、今の世界観を壊さずに続けていって欲しいと思います。

あと、「ユグドラシル」を取り上げているほうの記事にTBさせてもらいました。
2006/02/24 Fri 13:27:37
URL | ノヴァ #- Edit 
出だしがB'zだったため・・くらいついたものの・・本日寝不足のため頭が回転してません。目がしょぼしょぼしてきて・・長文について行けれず眠くなってきました・・そして途中で断念(ごめんなちゃい・・・)
だけど・足跡が残したかったから・・カキコしました。
またちゃんと読みに来るからね~
2006/02/24 Fri 09:01:11
URL | ま~ちゃん #64owOXpE Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/378-ca4206b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。