フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/04/16 Sat  11:55:11» E d i t
 » こいのぼり。 
 5月5日はこどもの日。

 丸が物心付く前から、丸のウチには「こいのぼり」がありました。
 ピカピカピカッ光って お~よげよ およ~げ~ たろ~ごい~~♪ 

 子供の頃2階建ての町営住宅に住んでいてその小さな庭に誇らしげに
「屋根より高」く、泳いでいたのが記憶にあります。
 
 …写真を見ると、屋根より高く無いんですがね。そんなの問題じゃないんですよ。
 
 屋根より高く泳いでいると思わせるオーラが大切なんです。

 …あれを見上げると、遅い北海道の「春」を感じますね。

 団地ですから、同世代の男の子はたくさんいましたし、
こいのぼりを上げている家庭も多かった。
 今は、減りましたよね。

 田舎とはいえ、札幌辺りによく出かけたりしますが、
都会の密集した所では、アレは不可能でしょうね。
 電線・電話線が多すぎですよ。
 
 引っかかっちゃう。

 東京都心みたいにそういう類を埋設していればまあ問題無いでしょうけど、
こいのぼりを上げるだけの土地があるか?って問題になりますよね。

 わが町でもずいぶん減りましたよ。 
 …いや、子供が少なくなっただけか…

 昨年、長男(よし、HN「まるもい」だ!)が生まれたので
「今年はこいのぼりと兜を買わなきゃ!」って計画してたのに、
予定外の出費(トイレの水洗化とか相次ぐ風邪の医療費とか)で
その計画が頓挫してたんです。あべし!

 おもちゃのこいのぼりと新聞紙の折り紙兜で過ごそうとしていたら、

 丸の両親(ジジババ財団)が張り切って、両方買ってくれました。
 しかも、まるもいにだけ何かを買ってあげるのは可哀想だと言って、もんが(長女・2歳半)に自転車も買ってくれました。
 ちなみにまだまだ年金生活じゃありませんよ。


 もんがの雛人形購入時にも、ジジババ財団からの寄付が物を言ったし、
とにかく感謝するのであります。

 子供たちにとって、思い出と言うものは自ら獲得するものである場合と
周りから与えられる場合があります。
 
 節句というのは、明らかに後者です。
 誰かに何かを祝ってもらうというのは、とても嬉しいものです。
  

 親からの行動や言葉はその場で気付かなくても、その場でウットウしく思えても、
最終的に感謝にいたる場面があると思います。

 親子互いに照れくさいのか、結婚式の花嫁挨拶くらいでしか面と向かって
両親に謝辞を述べる機会は無いようですが、
感謝する心は言葉なり形なりにして、思った時にすぐに伝えた方が良いと思いますね。
 
 こいのぼりを上げる「サオ」は、丸のじいちゃん(故人)が
丸が生まれて初めての端午の節句を迎えるに当たって、
「男の子が生まれた祝いだ」とか言って、
丸の父親を引き連れて春先の雪の深く残る山から、
許可を得て伐って引きずってきたという伝統のサオである。

 んまあ~あ、長い。

 もう何年間も使用されずに放置され、埃まみれのそのサオを
昨日、倉庫から引っ張り出してきて、ガッシガッシ洗いました。  
 天気を見ながら、それを立てる予定をしています。

 大昔の野球漫画「父の魂」は「魂のバット」でしたが、
我が家の「父の魂」はこいのぼりのサオですから!

 丸は子供の頃、こいのぼりを見ながら考えた事があるんですよ、
なぜ「鯉」なのかと?
 
弱そうじゃないですか?  
 
こいのぼりの由来

※登龍門の故事=鯉が中国のとある滝を昇りきると、
          龍に変化(へんげ)して天に昇って行くのだそうな。
          こいのぼりの鯉の上に飾るヒラヒラ(吹き流し)は滝ですから。

そんなの聞かされたって
「だってそれなら龍にすればいいじゃん!」

くらいに思っていましたよ。

でも、龍になろうと滝を昇ることが大切なのであって、
頑張ってる途中の姿は飽くまでも鯉なのです。
♪鯉(恋)に揺れる心ひとつ~♪なのです。

ステキなファンタジーですよね。

まるもい達がこいのぼりを見て何を感じるのか、大きくなってそれを聞くのが楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「自由と自律」に対するご意見ありがとうございます。
まだまだお待ちしています。
 それをネタに第二・第三弾も目論んでいます。(o^-^o) ウフッフ

 また、過去記事に対してもご意見続々お待ちしております。
 
週末にまとめて読んで、2行くらいご意見いただければうれしいです。
 
 今日は、ひっさし振りに軽い内容にしたぞー({^0^}おー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

多くの方に見て頂きたい!よろしければランキングに1票を!
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/35-94cd14ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。