フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/04/15 Fri  05:59:00» E d i t
 自由と自律は隣り合わせであると前述しました。

 自律とは自らを律すると書きます。
 言い換えれば「自主規制」ですかね。

 経験の積み重ねによって事の善悪を知り、それらから考えて、より正しいと思う方向に向かうことが
自律だと思います。

 当たり前の事を当たり前に子供に教えてれば何の問題も無いはず

 なんですけどね。

 社会性を考えないで利己的な考え方をするオトナが増えましたよね。

「自分が良ければそれで良い。」みたいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 するべき辛抱や我慢をしないで、
その場で自分だけが
良ければ後から周囲が被る被害なんてどうでもいいやって。

 テレビもその影響力を忘れたのか視聴率取れればそれでいいのか、
お金のある会社に利用されてるのか
「バカ大量製造用お気楽バラエティー番組」ばかりを垂れ流してるし、
社会全体に未来を作って行こうという意識が大きく欠如しています 

 私が思うに、私たちの世代は前述したとおり
日本が最も伸び盛りと伸び切った時代を幼少年期に過ごしてきました。
 ですから、生活に不自由感を抱かず、
欲しい物は大概「親のお金で」手に入れることができたんですよ。
 
 日本人はこの「不自由感・不足感の無い社会」
を目指して頑張って来たんです。
 その恩恵を私たちは存分に戴いて育ちました。

 つまり、過保護なまでに与えられる事に慣れているのです。

 「自分の思った事ができないなんて有り得ないし、
 叶わない夢なんて有り得ない。」


 プラス思考とも取れますけど、
そこに「自分がしかるべき努力をすれば」という一文が
決定的に欠落しているんです。 

 自分で不足している何かを補う工夫も、努力も、開発も経験してませんから、
問題に突き当たっても解決策を思いつけないんですよ。
結局誰かがまとめたマニュアルを頼っちゃう。

 黙って、どこかから手が差し伸べられるのを待ってる
 
 だから簡単に自分を見失います。 
  
 だから、刹那的な欲望を抑えられない。
 だから、変な宗教にすぐにハマる。
 だから、簡単に詐欺に引っかかる。

 というか、「自分」がいない
 自分がいないのに自律なんてできない。
 
 社会と自分を結びつける糸は、自分がしっかり結ばなければならないのです。
 誰かが結んでくれる事なんか無い。


 そのうち、ダメな自分を正当化するために
学校で習ってきた知識を使い始めるバカが登場します。
 自分がダメである言い訳を探して、
誰かにその責任をなすりつけて自分が偉くなった気になってても、
自分がダメである事には何も変わりが無い。
 
 私自身が大学卒業するまでと就職した当初、
いろんな物に保護されてる事を理解してなくて、
社会から浮いてる自分を感じて、危ない時期があったから
理解できるんです。 

 当たり前の事が当たり前じゃなくなってしまった。
 それに付け込む(利用する?)、チンピラ社会が発達してしまった。

 「いろいろあって それでいい」ってか?

 個性の肯定としてその言葉を批判するわけじゃないですけど、
拡大解釈しすぎですよね。

「自分の刹那的快楽のために金借りて 返せなくて それでいい」?
「ムカつくから殺して それでいい」?

 バカ言ってんじゃねーよ!いいわけねえだろ!  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
 まずは、「自分探し」なんぞしなくても良いように、
しっかりと社会に自分という根を張れるように
自分と社会の接点を作って下さい
それに関しては遅いも早いもありません。

 学校ではその接点の作り方と、問題点と解決方法を教えて下さい。先生達自身がもっと社会と交わって下さい。
 テストの点数を取るための勉強なんてその次で良い。
 
 自分あっての自律です。

 若いうちは悩んだり、迷ったりして下さい。
周りと穏やかにやる事も大事ですが、自分の意見と相手の意見をぶつけ合って、摩擦して下さい。
摩擦によって磨かれて行くのですから。 

年取ってから「自分探し」じゃあ遅いし、辛いです。

周りに誰も相手がいないなら、当ブログのコメントに何か書いてくれれば、意見しますよ。

 誰かとの関わり合いの中での「自分の存在」なんです。

 つまり、社会なくして自分は無いし、自分無くして自律も無いし、自由を欲する気持ちも生まれないのです。

 自由も束縛も、自分と社会の関わり合いにこそ存在しています。
 
 矛盾では無い。
 
 「束縛」の中に「自由(を求める空気)」が生まれ、「自由」を求め「束縛」を作るのです
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 全てを与えられるという事はある意味「最悪の束縛」です。
 
 自由になりたいと私たちが叫ぶのは、それから逃れたいがためだと言えるかもしれません。
 
 「満足な豚であるよりも 不満足なソクラテスであれ」
 自由という状態は不満足であると思います。
 しかし、不満足であるからこそ人間は努力・成長するのです。

 「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをともそう。」

 そういうことですよ。

 不平を言うのも、灯りをともすのも「自由」。
 みんなのために灯りをともそうとする姿勢が「自律」。

 自分以外の誰かのためを思って、自分のだらしなさを抑制して
社会の一員たる自分を自覚し、社会とのつながりの中で自分の
「存在」を確認しながら生きる事が、自律ではないですか?
 

 当たり前をもう一回、みんなで考えましょうよ。

                【一応、終了】


多くの方に見て頂きたい!よろしければランキングに1票を!
 
  
 
 
 

 
  
   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マルドゥーク氏へ「ありゃまあ」
 長い長い文章を読んでくださってありがとうございます。
 そんな素敵な体験をお持ちでしたか・・・物事を一方的にしか見られないような教育と、誰かが教え導いてくれるに違いないという「依存」は人間誰しもが持っているものだと思います。
 そこに付け込んで生きてる人間の血を吸うのが新興宗教のやり口だと思います。
 ある意味、頭は良いと思います。
 そして、狡猾であり、そこには魂の救済などあり得ません。

 知り合いの創価学会の方は常々、怪しげなことを口走っています。なにかにすがって生きてたほうが楽でしょうけどね。

 どうせ私に出会ったからには私にすがれ!と。「新興宗教オレ教」の私は思うんですよ。そういう人に私はなりたい。

 頑固親父のご意見番!みたいな。
2005/06/10 Fri 05:44:27
URL | フクフク丸 #- Edit 
如何に若者が宗教に簡単に入ってしまうかという、参考情報になりますが、私は昔、宗教家と議論するのが面白かったので、xx教会のカリキュラムに参加したことがあります。
気の弱そうな若者が沢山来ていました。
全2週間で、毎日2時間ビデオ講習があり、異様な空気の中、最後のまとめとして2日間の合宿があります。
私は毎日、稚拙な教義に対してトレーナーと称する会員に意見しましたが、うつろな目をした彼らには届きませんでした。新興宗教の方ってみんな同じ目をしています。合宿の最後にアンケートがあり、一番下に「当教会に入会する」に丸を付けてください。と、ありXが無いんです。
20人ほどいたでしょうか、私以外は全て入会したようです。
私は自分でXの項目を作り、アンケートをトレーナーに渡しました、彼は非常に苦々しい顔をして困っていました。後で相当怒られたんではないかと思います。私は面白かったんですが、あの若者たちは今どうしているやら。

2005/06/10 Fri 00:38:26
URL | マルドゥーク #- Edit 
お疲れ様です。
フクフク丸さん、こんばんわ。

5回に分けた「自由と自律」読ませていただきました。
いやーお疲れ様です。
私はフクフク丸さんほど、深く考えたことはありませんでしたが、年齢も近いせいか、私もほぼ近い意見だと感じています。

「当たり前の事が当たり前じゃなくなってしまった。」
「当たり前って何?」
そんな時代になってしまっているように思えます。

これ以上は私も熱くなりそうなので、コメントは控えさせていただきます。

ちょっと内容は違いますが、似たような内容だと(「利己的な考え方をするオトナが増えました」というところ)おもってトラックバックさせていただきました。
2005/04/16 Sat 02:11:40
URL | パパしん #KqigePfw Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/34-f8295dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
4/10の入園式!のコメントで、ちっちゃまさんからコメントをいただきまして、私の文章が下手なためにうまく伝わっていない部分が多々ありそうだったので、記事にしました。別に誰かにケンカ売ってるわけではないですが、私の思ったままをちょっと今回は熱くなって長文にしま
2005/04/16(土) 01:56:10 | Niceパパ ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。