フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/12/16 Fri  06:22:59» E d i t
 プリキュアの映画を見ようと札幌の映画館まで出かけようと猛吹雪の中、大冒険を始めた私と もんが(娘・3才)。まず目指すは札幌への中継点・小樽駅だ。猛吹雪のバス停に到着し、グッドタイミングで飛び乗ったバス。しかし、何をやってるんだか、小樽駅前じゃなくて余市協会病院前に到着してしまったサザエさんうっかり父とその娘。

 さあ、プリキュアはどっちだ?
 感涙にむせび泣け(プリキュアの映画を見て)!怒涛の第2話。

 
 さあどうしよう?
 余市協会病院から小樽行きの系統路線バスが通る国道に戻るまでは、猛吹雪の中では危険すぎる。協会病院という事もあって、客待ちのタクシーが列を作って・・・列を・・・

 え?一台しかないじゃん。
 でも一台あるじゃん。

 タクシーに乗って、バス停まで戻る。その助手席に置いてあるエロ漫画はせめて伏せておけ!運ちゃん。530円という貴重なお金を浪費してしまった。

 小樽行きの路線系統のバスに乗り換えて、そこまでの道のりですでにお疲れな もんが は一眠り。バスは夏場ならば20分で着く道のりをデコボコデコボコ揺れながら、50分かけて小樽駅に到着!

 寝起きのひじょ~に悪い もんが も、プリキュアのことともなれば目覚めもバッチリです。 「ねえ?お父さん。プリキュアに着いたの?」・・・プリキュアに着いたの?という表現がまたグッドだぞ。娘よ。 いや、まだだ。まだだぞ娘よ。先は長いのだよ。

 小樽は雪が小降り。
 車道の除雪でできる道路脇の雪山も余市の半分ほどだ。

 駅の構内に入ると、初めて見る色々な風景に もんが は目を輝かせている。しかし!ゆっくりしてもいられない。札幌への列車はもうすぐ出ると電光掲示板が示す。きっぷを購入して列車まで もんが を抱えてダッシュ!さすがにコレは乗り間違えないぞ!!

 駅を出発し、札幌方面に動き出すとさっきまでの猛吹雪が嘘みたいに快晴に!

 小樽から札幌に向かう線路は進行方向に向かって左側に日本海沿岸をなぞりながら駆け抜ける列車。

 波が尖った冬の海。
 快晴の空が映ってセルリアンブルーが濁った感じの波と防波堤に叩き付けて舞い飛んだ波しぶきが車窓に当たる。

 さながら左側の窓だけを見ているとまるで海上を走る「ワンピース」さながらの海列車だ。 「男は自分の作った船にドンッ!と胸を張れ!」みたいな。

 その海列車という言葉が妙にツボにハマッたらしく、もんが は微妙な音程「う~みれっしゃ~♪ ううみれっしゃああ~♪」とはしゃぎまくる。それに釣られて前の座席に座ってた同じ年くらいの男の子もはしゃぎ始める。

 すっすめ♪う~みれっしゃ~!ささ~ら電車~ッ!!♪おいおい、なんだそりゃ?
 (さすがに男の子のお母さんが恥ずかしかったらしく、止めさせられてしまいましたが・・・大声じゃなきゃ良いじゃん。別にさ。日曜日の列車なんだからさ。とか思うのは私だけ?) 

 ※ささら電車とは、線路に積もった雪を払うための「雪かき電車」です。 

 そうして小樽駅から30分。快晴の海列車は札幌に到着!

 映画館は札幌駅に隣接しているショッピングモール(打ちなれない言葉なので指がツりそうだ!)「ステラプレイス」(←変換したら「素寺」と出た)のセンター館7F・シネマコンプレックス「シネマフロンティア」に向かってダッシュ!

 ・・・え?ところで、ここどこ?

 札幌駅はここ3年間くらいで凄まじく変貌を遂げた。
 私たち夫婦が遠距離恋愛してた7年前くらいとは、もうすでに別の世界に変貌してしまっている!

 年に数回来たところで、目的地はだいたい決まってるんだからこのだだっ広いショッピングモールを歩き回った事さえない。

 駅の天井からぶら下がっている案内板も、もはやあちこちに存在していて、その案内板の中から目的地を探し出すのに時間が掛かる!

 上演時間まであと30分!
 父娘はプリキュアに到達できるのか?

 こんな広いショッピングモールだもの、DATTEやってらんないじゃん。

 プリティでキュアキュアはどっちだ!?

 ※雪かきがひどい割には頑張りました。褒め称えて下さい。
  続く。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:ったくも~~~~~! - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
え~?気になるのぉぉ??
 では、あの頃の札幌駅の通過ルートをばご披露させて頂きます。

 車を駅の地下駐車場に止める→ホームまで迎えに行く→情報誌で仕入れていたようなメシ屋に御飯を食べに行く→札幌駅から出る

 そんな感じですから、駅構内のショッピングモールを回ったことなんてなかったんですよ。

 だがしかし!
 木蓮さんがそんな答えを望んでいるのではないということにも気が付いてますよ!!

 でも、それはひ・み・つ。

 
2005/12/19 Mon 17:04:54
URL | フクフク丸:to木蓮様 #- Edit 
うふふ(^^)なんだか、ほのぼの。

だれも突っ込んでないけど
> 年に数回来たところで、目的地はだいたい決まってるんだから

の「目的地」って~?
と気になりました(o^-^o) ウフッ

同じ遠距離経験者として、いろんな想像をしております。

大冒険の記憶はもんがチャンにどこまで残るのでしょうか?
わたしのように「ポツ~ン」の記憶しか残らなかったら、父としては寂しい?
2005/12/17 Sat 09:58:30
URL | 木蓮 #ZVlmcHtg Edit 
雪かきツアー05
 ツアーのメインは飽くまでも「雪かき」です。
 疲労困憊の中で食べるメシは、大概、何を食べても「美味い!」と感じるものです。
 「空腹は最高の調味料である」とはよく言ったもので、最近じゃ雪かきしてはメシ食って、あちこちで忘年会で・・・の繰り返しで、太りすぎな私です。

 どすこい丸と雪かきツアーへどうぞ。
2005/12/17 Sat 06:35:18
URL | フクフク丸:toま~姐ちゃん様 #- Edit 
なんかわからん・・
怪獣映画でした。
でっかい蛾  モスラでしたか?あれはゴジラではない?ようわからんわ
全く興味のないものに付き合わされた感じです。

北海道に行って丸ちゃんち・・泊めてくれるんですか?そしてうまいもん食わせてくれるんですか?
宿と食事があるのならば・・たとえ雪の中でも・・掻き分けて丸ちゃんに会いに行こうじゃないのぉ~?!
2005/12/16 Fri 22:17:13
URL | ま~ちゃん #- Edit 
そして伝説へ・・・
 父と娘の大冒険はいよいよ佳境を迎えます。・・・とか言っても、どうやってオチをつけるか悩んでます。
2005/12/16 Fri 18:13:58
URL | フクフク丸:toにょにょ様 #- Edit 
都会
 「景気が上向きに転じたと言う言葉」はドコの世界の話なんだろうって思ってましたが、都会は景気良いのかも。
 
 おお、ま~姐パパはゴジラ派ですか。ゴジラは内容を理解できるようになるまで相当な時間を費やしますね。
 
 雪かきさせてあげるから北海道に来てください。
2005/12/16 Fri 18:11:36
URL | フクフク丸:toま~姐ちゃん様 #- Edit 
リアルにお疲れです。
 リアルゴールド1・5リットルペットボトルを希望します。
 父としてスマートに決めようなんて微塵も思ってません。あるがままで一緒に迷ったら良いです。
 
 雪かきはもう3年分くらいやりました。もう、雪はいらんよ・・・まだ降ってるし・・・ツンドラッ!
2005/12/16 Fri 18:03:15
URL | フクフク丸:toレンゲ姐様 #- Edit 
うひ。
なんだかほのぼの~・・。
二人はプリキュアに出会えたのか!?怒涛の第三話に続く・・・!!
と言うわけで第三話楽しみにしてるだよ。
2005/12/16 Fri 17:39:32
URL | にょにょ #- Edit 
もう・・続きが気になるよ。
そうそう・・大都市とは半年で変貌するのである。この前の大阪で私は本当にそう思ったよ。まるで田舎もんなんだもん。

前日の木蓮さんのコメントみて・・父と出かけたのは・・・と思い出す。
そういえば・・・春休みか何かの映画ゴジラか?そんなのを見に連れて行かれた記憶あり。私は頼んじゃいないよ~。
独身の時かな?二人で大阪へ出かけた。何をしに行ったのかは覚えてないけどそんな事もあったな~
怖い父親だったけど、今はとても小さくなっちゃった。
2005/12/16 Fri 08:53:09
URL | ま~ちゃん #- Edit 
上出来です!
雪かきの合間にお疲れ様です。
どうせ続きはないだろうと続きはいつかなーと期待してました♪それにしてもプリキュア目指した父と娘の大冒険は、困難がたくさんありますねえ!もんがもこの日のお父さんとの大冒険は、プリキュア以上の楽しい想い出になるでしょう。
2005/12/16 Fri 07:58:08
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/317-ea513f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。