フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/11/14 Mon  06:01:20» E d i t
 » 背番号26番の選手たち 
 千葉ロッテマリーンズが韓国プロ野球の雄・サムスンライオンズを5-3で下して、初代「KONAMI CUP アジアシリーズ」の初代王者に輝いた。→スポーツナビ「コナミカップ ロッテ(NPB)vs. サムスン(KBO)」

 私、セ・リーグはバース時代からの阪神ファン。パ・リーグは北海道人なら「やっぱ、日ハムだべさ」の日本ハムファン。

 まあ、皆さんが感じていらっしゃるようにプロ野球界全体が最近、低迷しているんでしょうね。シーズン中でも球団売却とかの話題で引っ張らざるを得なくなって、どうにかして野球界に目を向けさせようとという一環にさえ感じられるんですが、肝心な野球の方は・・・

 でも、今年はセパ交流戦とか、KONAMIという冠スポンサーによる大冒険「アジアシリーズ」とか、そこに、万年Bクラス球団「千葉ロッテマリーンズの32年ぶりの日本一」とか、盛り上がろうと思えば盛り上がれる話題が豊富でした。表現者(選手)の方からの働きかけとサポーターの要望をもっともっと摺り寄せられたら、まだまだ良くなって行く可能性は満ちていると思います。日本のプロ野球界は。

 つまり、それだけ閉塞してたし停滞していたということですが。



 そんな程度の野球ファンな私は、昨日、このアジアシリーズの決勝戦である「ロッテVSサムスン」を夜の9時から50分間だけテレビ観戦してました。なぜならば、日テレで放送していたからナイター中継の延長分だけ「プロレスリング・NOAH中継」の録画時間をずらさなきゃならないからです。

 だから、私にして見れば迷惑千万な状況の中でのテレビ観戦だったわけですが、今年一年ロッテの活躍の度に騒がれた「26番目の選手」(=プロ野球でベンチ入りできる選手は25人までらしく、今年、ロッテは26番の背番号のユニホームをベンチに飾りました。その26番は応援してくれるサポーターたちのための永久欠番なのです。つまり、全てのサポーターが俺たちと一緒に闘う26番目の戦士!!なんだ!)たちの「熱さ」に胸を打たれたのですよ。

 ちょうどその時間帯 ロッテ5-1サムスン と4点リードしての9回表、サムスンの攻撃で、「ロッテ投手陣の大黒柱」というテロップ付きで選手会長の小林雅英投手がマウンドに立ちました。

 最初のバッターを難なく三振させ、あと2アウトで初代アジア王者確定となり、大声援が包むなか、次のバッターである9:パク・ソクミン が放ったのはサードへのイレギュラーヒット。レフト前に転がり、ヒットになったのですがその打球処理のテレビに映っていない場所でエラーが発生。なんと、バッターランナー・パク選手を不注意・油断でまんまと得点圏であるセカンドへと進めてしまいました。


 と、その瞬間・・・


  BOOOOOOOOOOOOO~~~ッ!!!!!!!!

 野球中継と言えば巨人戦が大半を占める北海道の野球放送事情に於いて、プロ野球の試合でどんなミスがあっても個人的な野次くらいはあっても、観衆全員の「ブーイング」というのは聞いたことがありませんでした。

 それを見た時に、ロッテの強さを実感しました。
 「あああ、これは26番目の選手だわ」って感激しました。

 良い時に応援するのは当たり前、ダメな時には怒りを表現して当たり前。なのに、プロ野球では甲子園とか名古屋ドームとかにたまに出て来るガラの悪いチンピラが物を投げるとか、試合内容に怒ってゲームを中断させたりってのはありますが、ブーイングなんてのはプロ野球じゃ見たこと、聞いたこと無かったですよ。

 この当たり前の光景が、ファンではなくてサポーター、いや「26番目の選手」だからこそロッテ選手の気の抜けたプレーに対する愛情を込めた叱咤激励としてのブーイングを生んだんだと思います。

 それだけ入れ込めるファンも幸せだし、そこまで応援してもらえる選手達も幸せを感じて欲しい。

 誹謗中傷のブーイングではなくて、叱咤激励のブーイング。

 その後、崩れたゲームバランスを立て直すまでに、サムスン打線の打順も世良かったこともあり2点を失いましたが、ロッテが勝利。
 ボビー・バレンタインが「ロッテファンはイッチバ~ン!」とカタカナ日本語でインタビューを終えた頃には9時45分でした。

 50分間の延長。
 当初、プロレスの為の「いやいやながら」の観戦でしたが、得るものはありました。このような熱いファンの獲得と育成、彼らを手放さないことが球団の、プロ野球界の至上課題だと思います。

 26番目の選手というコンセプトは、プロ野球の歴史に新しい息吹を吹き込んだのだと、今ごろになって実感した50分間でした。



ブログランキングで目立って、読者を増やしたいのです。
是非、ご協力下さいませ。
ここをクリックしてください!それで1票入るのです「そーれ!ポチッとな!」。 

 
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
リンク失敗!
 ごみんなさい。
 ちゃんと、私の言葉で丁寧な説明をつけておきました。ご指摘ありがとうございます。

 姐さんは巨人ファンですか。
 でも、巨人ファンだけど選手なんてどうでもいいやっていうタイプですよね。やっぱりね。
 私も最近そういうムードです。
2005/11/15 Tue 06:20:19
URL | フクフク丸 toレンゲ姐様 #- Edit 
アレ?
丸嫁からの返信、ありがたく頂きました。ところで今日はてっきりもんがの記事かと思ってましたよ。またはダッカルビかと・・・。野球ですかう?
しかも巨人ファンではないのですか。
「26番目の選手達」ってな~に?と思ってクリックしたけど「お探しの記事はみつかりませんでした」と、冷たい言葉が出てまいりました。なんとかコメントしようと思ったのに、凹んだのでこのへんで。
2005/11/14 Mon 22:41:02
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/286-ce787230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今回は不動の4番打者、サブロー選手を紹介したいと思います。サブロー 3(大村三郎)1976.6.1生 181?76キロ 右投右打 PL学園高→千葉ロッテ 95年ドラフト1巡目サブローといえば
2005/11/14(月) 12:00:18 | バレンタイン症候群
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。