フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/09/19 Mon  06:03:58» E d i t
 力皇時代って言うのもなんだか違う気がしますけれども、9月18日 プロレスリングNOAHで力皇が三沢を破りGHC3度目の防衛に成功しました。

 力皇が絶対王者・小橋からGHCのベルトを奪取してからというもの、最初の防衛戦は斎藤彰俊、2回目が新日本プロレスの棚橋弘至とイマイチ評価のよろしくない防衛戦を続けてしまい「どうにもこうにも力皇ではチャンピオンとして力量不足、不安定」だとファンには見えてしまいます。

 それは、前GHC王者・小橋がベルトにかけた呪いと捉えても良いでしょう。

 毎回毎回、しょっぱい選手と戦ったとしても、相手を十分に輝かせてから豪腕で刈り取って行く小橋のファイトスタイルはプロレスとは何かを体現していたし、それ以前に1990年代の初頭からファンの中に積み上げられてきたプロレスへの信頼感が小橋や三沢を後押しします。

 力皇はまだまだキャリアが足りない。

 しかし12年前くらいを思い出せば、三沢の周りには壁になる選手がワンサカいました。鶴田・ハンセン・ゴディ・ウィリアムス・・・そして、同じように同じくらいの時期に飛び出してくる同年代のライバルもいました。川田・田上ちょっと遅れて小橋・・・

 そう考えると力皇の防衛戦は今まで可哀想な部分がありました。

 斎藤彰俊は力皇にとって大きな壁ですか?棚橋弘至は?
 どんな相手とでも必ずファンが満足する試合を見せられるようになるには、やはり場数による双方(レスラーとファン)の信頼感が必要だと思うんです。同じ時間を共有したという安心感が。
 さらに悪い事に、セミで小橋が登場するとお客さんがメインになる頃には燃え尽きてるし・・・

 本来、力皇の防衛戦は最初から三沢や秋山、あるいは天龍や川田クラスとバンバン当てるべきだったのでしょうね。残念な事に今、NOAHには現在、強いヘビー級のガイジンがいませんから、必然的にそういう一時代を築いたレスラー達が壁になるんですが、力皇がそれをしながら森嶋もまたそういうレジェンド越えをして行かなければ、彼らのライバルストーリーが生まれてきませんし。

 力皇が強い上位選手を実力で乗り越えて行く中で、小橋戦の時のような大・力皇コールを身に纏う事ができて来るだろうし「直接闘って乗り越える」コンセプトの方が感情移入しやすいですよ。

 この度の「力皇VS三沢」
 組み立ても何も無い、実にリズム感の悪い試合でした。しかし、それ故に技の一つ一つに魂を感じたのは事実です。
 三沢は全力エルボーで力皇の横っ面に鋭角にエルボーを入れてたし、力皇は一撃で首が吹っ飛びそうな張り手を連発(ルービックキューブ張り手!)。相撲式のぶちかましも強烈だし、要所要所で三沢のローリングエルボーやランニングエルボーを封じた力皇のショルダータックルとラリアットがこの勝敗の鍵だったと思います。

 力皇が必死で戦う姿勢を魅せられる「高みの見物を決め込んでいる連中」との対戦が、NOAHのヘビー級戦線を活性化させるのは当たり前で、そうやってプロレスの歴史が紡がれてきたのだから、そろそろ森嶋もハジケて欲しい。

 なんだかKENTAに誘われて遂に柴田勝頼がNOAHマットにお目見えしたらしいですし・・・三沢がいて小橋がいて秋山が引き継いできたプロレスの魂を今度は若手レスラーの中にに湧き上がらせる(誰かが残すとか受け継ぐのではなく、自分の中から湧き出なければファンの支持は得られない!)ために、四天王世代の最終章が始まったのだと思います。

 三沢や小橋、秋山らが残してきたものは本当に素晴らしいですし、これからも次々と生み出して行くでしょう。そのペースを超えて行こうと言う責任感が若手に芽生え、それが実行に移されたらNOAHの新しい扉は開くのです。

 今は力皇がその扉をノックしている段階だと思います。



ブログランキングで目立って、読者を増やしたいのです。
是非、ご協力下さいませ。
ここをクリックしてください!それで1票入るのです「そーれ!ポチッとな!」。 

 
 
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
必殺技の勘違い
 ようこそ。ジュテーム様。
 コメントありがとうございます。私も基本的にどの団体も見ますが、やっぱり地上波のある団体が中心でして、何か書くとしたら大概NOAHと新日本中心です。
 
 力皇の張り手→ラリアートのコンボは本当に素晴らしい破壊力だと思います。また、張り手はまだしももラリアートは相手が鍛えきれない所(のど元)に向かって打ち込んで行く技ですから、乱発する事に物凄く違和感を感じるんですよね。ラリアートは一撃必殺。それができなければ長州とか健介とか小島みたいに乱発するしかないけれど、力皇のそれは小橋の豪腕に匹敵するほどのインパクトを持っていると思いますからね。

 肉体的にも技術的にも力皇は細かくやっちゃいかん。技は少なくても試合を組み立てられる長州式ハイスパートレスリングで、ぶちかまし→コーナーに詰める→ルービックキューブ張り手→相手を起してラリアート→立ってきたら無双とか。
 短期決着方の試合を目指した方がよろしいような気がします。

 四天王時代の最終章、三沢・川田・田上が40代に突入し、小橋が30代後半、秋山が30代半ば。でも力皇も30代前半だし・・・NOAHの若手育成は急務なんですよ。四天王は確かに凄い。今でも凄い。けれども、若い力が彼らを追い越そうとしていない、追い着けないやっていう諦めムードが若手からも四天王本人達からも伝わって来ていた中、力皇が新しいドアをノックしている。
 そこに柴田が来た!

 ジュニアの未来はピカピカなNOAHですが、不安材料のヘビーの将来を本気で考え始めましたね。
 秋山~高山、一歩下がって大森以降の選手がなかなか弾けられないのは、上の選手に最初から敵わないってムードを出しながら闘うからです。ワイルドⅡが飛び出してきた頃のトンパチを思い出して欲しい。

 あれが若さの魅力だと思います。(力皇は若くないけど。)
  
2005/09/20 Tue 05:43:28
URL | フクフク丸toジュテーム様 #- Edit 
幸せだからこそプロレスファン
 ホント、もう小難しい事ばかりの世の中だからプロレスは自由であってほしい。
 
 NOAHにはその「自由」の空気が着実に定着しつつありますね。
 鈴木みのるが来て、天龍が来て、健介が来て、小橋の凄さが誰の目にも明かになったし、逆に秋山はW-1に出て行って、柴田をボコり、次はボブちゃんイジメを敢行してくることでしょう。鈴木みのるが持って来た「風」に乗ったのが丸藤ならば、その風が教えてくれたのは杉浦の凄みであり、KENTAの凄み。そして今、プロレス界の未来を担う(と、勝手に私が位置づけている)柴田が(私が)待望のNOAH登場!!!!!!!!

 柴田とかが来たとしても、NOAHって見た目によらず井上雅央とか本田多聞みたいにケンカの強いヤツもいるから、新日本みたくトップ選手がガタガタに追い込まれるような場面はすぐには作れないだろうけれど、UWFの遺伝子を謳うビッグマウスラウドが箱舟に乗船すると、高山や鈴木みのる、モハメド・ヨネのように超化学反応が起きたりしますからね。
池田大輔とか垣原賢人みたいに悩んじゃう例もあるけど。

 柴田にはグダグダな新日本と絡むより「日本のプロレスとは何か」を煮詰めてきた箱舟の純度で、一気にスターダムに上り詰めて欲しい。その願いが叶った私もハッピーでございます。

 ※私は力皇の「皇」は皇帝の皇で変換してます。
2005/09/20 Tue 04:51:18
URL | フクフク丸toTohko様 #- Edit 
四天王世代の最終章・・・かっこいい
力皇選手のルービックキューブ張り手(笑)はホント反則レベルの破壊力ですよね。
力皇選手にはとりあえずラリアート乱発はやめてほしいです。
力皇選手のラリアートは必殺技レベルですからね。
出せば出すほど安くなりますから。
2005/09/20 Tue 00:15:48
URL | ジュテーム #- Edit 
柴田!
昨夜TV観戦しました。
三沢選手vs力皇選手←「おう」の字だすのが大変www
「三沢のオーラ」はやっぱすごぉいなぁ~ っとただただ感心。。。でもちょっと体調は万全じゃなかったのかな?っとも・・・
力皇選手にはもっともっと強い相手とたたかって格をあげてもらいたいです。
あと!柴田選手!!
こりゃびっくりw緑のマットにあこがれてた発言があったのですが・・・
こりゃまた楽しくなりそうでうれしぃ限りですw
プロレス見て幸せ感じてるわたしってアル意味幸せなヤツですwww
2005/09/19 Mon 23:32:05
URL | Tohko #z4Y6BXDA Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/236-8a7171be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
18日にNOAH武道館が行われG+で6時から1時間遅れで始まり僕はで見ていたが良かった感想はと言うと前半は志賀が帰って来て良かったけどムシキングは中身の鼓太郎とマルビンが大好きな僕としてはどうなんだろうと見てていつも思う他にはダーク・エージ....
2005/09/19(月) 09:28:23 | 芸能&スポーツ瓦版
(GHCヘビー級選手権)○力皇(22分10秒、無双→体固め)三沢●(スペシャルタッグマッチ)小橋、田上○(19分02秒、雪崩式ノド輪落とし→体固め)●秋山、天龍(GHCJrヘビー
2005/09/19(月) 23:14:40 | コラム・de・ブログ
最近あったプロレス関連のニュースについて。まぁ、感想文なのですが…?9/18 NOAH 武道館 GHCシングル 力皇VS三沢絶対王者・小橋健太からベルトを奪取してから6ヶ月ぐらいが経過し
2005/09/20(火) 00:16:24 | 春夏秋冬ドットコム ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。