フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/08/10 Fri  17:45:57» E d i t
 » 浜口京子さんに思うこと 
 生まれながらにして、他を圧倒する特別な能力を授かって生まれて来る人たちが、ほんの一握りだが存在する。

 そういう人たちが然るべき出会いをして、然るべき鍛錬を経た結果、伊調馨さんや、吉田沙保里さんみたいな超人が世に出るのだと思う。オリンピックレスリング3連覇は数字の上ではあのアレクサンダー・カレリンと並ぶ、人類でも類をみない偉業。
 本人たちの努力、コーチの良さ、環境整備・・・日本のレスリングの環境が他の競技に比べて優遇されているとは思えないが・・・そういうものを全て我が身に受け止め、それを然るべき時に吐き出せるだけの能力を、持って生まれてきた、そして巡り合うべき競技と巡り合ったのだと受け止めざるを得ないほど、その強さには驚嘆する。

 翻ってロンドンオリンピック、レスリング女子72㎏級代表 浜口京子さんは、プロレスラーの娘として生まれたというだけの普通の女性だと思う。彼女を見る度に、いつも思う。
 アニマル浜口というプロレスラーも、そのキャラ通りセンスやテクニックよりも「気合い」で人気を博したレスラーだが、その独自の理論で多くのプロレスラーを輩出しているトレーニングジム・アニマル浜口ジムで男性に向けて指導する教育論そのままの手法で我が娘を育てた結果、京子さんは普通の人が頑張ることができる限界を超えた場所に立てるレスラーに成長したのだと思う。

 誠に申し訳ないが勝手に思う。京子さんは気持ちが優しい父親思いの娘。そして、父の期待に真っ直ぐに応えようと努力に努力を重ね、父は父で真っ直ぐな娘の姿勢に気圧されて、尊敬の念さえ抱きつつ父の理想を押しつけ続ける。努力、努力、努力。
 今流行りの結果から逆算の努力ではない。
 積み上げられるところまで、とにかく積み上げて行く努力。
 青天井の努力。


 だから、彼女には伊調さんや吉田さんのような威圧感がない。
 どちらかと言えばいつも悲壮感のようなものを漂わせている。


 そして、彼女はそこが素晴らしいのだ。


 偶然に、別階級にいるキラ星のような超人と同じ時間を共有できる世代に生まれたという彼女はキン肉マンで言えばジェロニモのような存在だと言える。ジェロニモは人間でありながら、超人に憧れ、超人と互角に戦えるまでに鍛錬し、キン肉マンたち正義超人と共に戦う戦士となる。

 その切なさ、その心の強さに少年時代の私たちは憧れ、そして人間であるが故の心の弱さというものをジェロニモから教わった。


 実は、私たちにより多くの教訓を教えてくれるのは、言葉なく舞台から去りゆく者なのではないか。 


 浜口京子さんは、本当に素晴らしい、素直で可愛らしい人だとテレビに出る度、言葉を聞くたびに思う。
 誰と比較されようとも、注目されようとも、されずとも、心揺れ動きながらも向かうべきステージに向かって行く。

 この勇敢なるすばらしき「人間」に、賞賛と祝福を。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人間だ
 そうなんでしょうね。きっと、多くの人たちは敗れ去った者たちのことなど話題にさえしないのでしょう。
 また、そうすべきではない事なのかも知れません。

 十数年前に、浜口父娘を特集した番組を見たんですね。アニマル浜口の言葉の一つ一つが京子さんを追いこんで行って、後押しして、突破させて、喜びを分かち合ってお互いに涙するんですよね。

 それを愚直なまでに素直に繰り返し繰り返していることがすでに奇跡的に美しい物語なのです。

 すぐに泣く甘ちゃん野郎は大嫌いだが、自分たちのしたことに後悔しない大甘ちゃん野郎は大好きで、しかも憧れてさえいる私なのです。
2012/08/22 Wed 11:15:23
URL | フクフク丸:to めい 様 #oKAhFFW. Edit 
「すげぇ、やっぱ丸さんすげぇよ」って思いながら記事読みました。

浜口京子の一回戦敗退のニュースを聞いたときは「あーらら、やっちゃった」ぐらいの軽い気持ちしか沸かなかった。
後日試合の再放送で見た、彼女の決意、表情、試合、そして敗戦後のインタビューで深い感銘を受けてしまったのもまた事実。
10分にも満たないその映像から、オリンピック出場に至るまでの彼女の「ドラマ」が、自分の中でまるで走馬灯のように頭をよぎった。
実際に見たわけじゃないのに、勝手な憶測や推測で申し訳ないけど、自分には「見えて」しまったのだ。「ひたむきな努力」「底知れぬ父子の愛情」が。いまどき流行らない、忘れ去られようとしている「美しい何か(適切な言葉が浮かんでこない)」が垣間見えたようなきがした。人間臭さと言ってもいいかもしれない。

また独りよがりな妄想の類かと思ったけど、丸さんの記事を読んで「あぁ、俺だけじゃないんだな」というシンパシーを感じました。勝手に感じました(笑
2012/08/11 Sat 12:26:45
URL | めい #j.d64WD2 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1568-5c432fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。