フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/08/10 Fri  17:16:31» E d i t
 » なでしこJAPANに思うこと 
 「金メダルと銅メダルというのは勝つことで手に入れるものなんですよ。銀メダルだけは唯一、負けて送られるメダルなんです」

 と、いつか誰かが言っていた。


 「金メダルじゃなきゃ、2位でもビリでも同じです」みたいなことを言う人がいる。

 じゃ、その人たちは何かで一等賞を取ったことがあるんですか?と問われれば、おそらく答えに窮するだろう。その一等賞を取り続ける事で、この国の代表としてオリンピックに出場しているんですよ。あの人たちは。あなた、あの人たちに到達できずにどこかの時点で敗北してるでしょ?

 同じなワケないじゃん。


 なでしこJAPANがロンドンオリンピックの女子サッカー決勝でアメリカに敗れた。

 昨年、ワールドカップで優勝した際には恐らく、日本のチームはそんなにマークされていたわけじゃなくラッキーやフロックという要素も強く影響したはずだった。

 ところが、今回は各国が徹底的になでしこJAPANを研究して、対策を講じて来た中での準優勝。


 テレビで見てて思いましたよ。

 「ブラジル?勝てるわけねーじゃん」
 「うわ。フランス?せいぜい良くて銅メダルだな・・・」
 「アメリカつえー。カナダつえー。こんなでかいのに勝てるわけねー」


 いつだって、そういう気持ちが半分以上ありながら、それでもそういう気持ちがあるからこそサッカーに限らず日本人競技者を応援するんですよ。


 圧倒的な身体能力差を埋めるために一生懸命考えて練習して、機動力と体力とガッツと絆で立ち向かって行く。闘志が前面に出ていようと、飄々として内側に秘めていようと関係ないんです。あの人たちは、私たちが立つことができないステージで、私たちの代表として私たちの誇りを世界に示している。


 今朝も、仕事しながらラジオで決勝戦の様子を聞いていましたよ。

 8万人の大観衆が地鳴りのような歓声をあげ、実況が聞えない。

 そんな状況を両チームともに何度も何度も作り出しながら、試合は進み、そしてなでしこJAPANは銀メダルを勝ち取った。



 彼女たちが素晴らしいのは試合中だけではなく、そのあらゆるインタビューに於いても女子サッカー界を盛り上げるためにどうしたらいいか?何ができるのかを常に念頭に置きながら話をしているということだ。

 
 国民栄誉賞チーム・なでしこJAPAN。


 この人たちが我が国の代表であることを心から誇りに思う。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1567-9d3f8a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。