フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/08/10 Fri  16:59:37» E d i t
 » 愛ちゃんに思うこと 
 子どもの頃から大多数の人たちに好奇の目で見られて、たくさんの人たちに見守られて、よくぞ真っ直ぐに卓球を続けながら成長したものだと感心する。

 福原愛。

 卓球の天才少女と騒がれてワイドショーに出てきたのがもう20年も前のことなんだそうだ。
 当時、愛ちゃん3歳。


 子どもの頃に天才ナントカと騒がれても成長したら「あの人は今」な人たちが圧倒的に多い中、そうして目立つポジションにいることによって与えられるであろう環境をやっかむ連中が心ないバッシングを続ける中、勝つことが当たり前であるかのように言われる中で思うような結果が出る時も出ない時も、お構いなしで報道され続け、注目を浴び続けた。


 そして、彼女が切り拓いた道の中から石川佳澄みたいな超新星も現れた。


 福原愛は、日本の女子卓球界を変えた人である。


 幼い頃から、大人に負けて悔しくて泣いて、泣いて泣いて泣き虫愛ちゃんと呼ばれた愛ちゃんが、オリンピック女子団体戦で銀メダルを獲得し喜びの涙を流した今、彼女のファイターとしての精神力や自分の道から逃げない姿勢を何度でも賞賛したいのだ。

 
 おめでとう、愛ちゃん。
 ありがとう、愛ちゃん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1566-8e63e650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。