フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/08/08 Wed  08:44:22» E d i t
 » 風は吹かせられる 
 テレビを見る度に♪風が吹~いている~ と聞える昨今ですが、オリンピック代表になれなかった、あるいは敢えてならなかった「寝不足JAPAN」の皆様、おはようございます。

 こちら、ちょっと前の30℃オーバーの日々から一転、急に夜中の最低気温15℃から昼間の最高気温22℃くらいまで下がってしまって、涼しいを通り越して寒ささえ感じてしまう夏なのか秋なのかもうすでに分からない状態の北海道です。
 ・・・立秋すぎたんで秋でしょう。

 ビアガーデン的な地域イベントも真夏に合わせて開催したはずが、完全に夏休み最終週的な気候のおかげで、盛り上りはするものの、主戦力であるビールの売れ行きがはかばかしくなくて実入りの少ない状態になったりするありさまです。
 とりあえず井上陽水の「少年時代」でも聞いときますか。
 夏が過ぎ風あざみ。 



 田舎町でもさらにローカルな域内で、みんなが自分たちの仕事を持っている中で、それとは全く別なイベントを運営しようというのだから、たくさんの人たちに対して営利目的でやっている大きなイベントと同列に語ることができるわけがないのです。

 それでも車に乗ってわざわざ出かけて行って、なけなしの金と小さな満足感を交換してわざわざ車で戻ってくるのに慣れてしまっている中で、自分を含めて周囲の人たちが楽しめるようなイベントを自分たちでやって行こうとする動きが出て来たのはとても素晴らしいことだと思うのです。



 私がブログを書き始めた20代の終盤には、私自身、出身地に住んでいながら地域社会との繋がりが実に希薄でした。ブログを熱心に更新し続けたのは自分という存在の危うさに危機感を覚えていたからという部分は偽らざる本音です。
 同じような寂寥感や孤独感、迷いながらも夢を追いかけて同じ時代を共に生きて行く仲間たちとブログを通じてお互いに偽名同士で交流する中で、私はこの時代に自分の本音をアジャストメント(適化)させて行く方法論を学んで行きました。

 つまり、フクフク丸というネット上の存在が、現実の「私」を成長させ、その「私」をデフォルメしたフクフク丸をネットという空間に解き放つことによって、また新しい仲間や知恵や知識を得るという「二面性の蜜月」的な流れの中で自分の世界を広げることができています。

 ひとえに、皆様のおかげで成長させていただいております。

 そして、おかげさまで実生活に於いても私の前後10歳圏内の仲間が増えました。

 
 上にも下にも、年齢順で物事を考える事はあまり好きではないのですが、前後10歳圏内(もっと絞れば自分±5歳)の人たちというのは、だいたい人生における大きな出来事が似通った時期に訪れるんですよね。

 だから、10歳年上の人たちの話を聞けば自分の道を誤る確率が減り、10歳年下の人たちの話を聞けば自分が歩んだ後から来る人たちのためにもあまり情けない真似はできないと気が引き締まります。そういう、一緒に歳を取って行く「ひとカタマリ」ができると、今度はそのさらに25~30年ほど年下にまたひとカタマリができるんですね。

 そう、子どもたち世代です。


 そう考えると、たくさんのカタマリの中で自分が生きていて、生かされているということが実感できるワケです。自分ひとりでは到底できなかったこと、やろうとさえ思わなかったことが、カタマリになるとできるようになる、やるようになるという発見は、私の中では革命的な出来事でした。


 そんな「普通のできごと」の中に、改めて「自分の中の小さな革命」を見出すことができる能力というのは、間違いなくフクフク丸を継続するために磨いた観察眼や、ネタ化のチカラです。そしてそれは、ごくごく「当たり前の集まり」を「特別なカタマリ」に変化させるチカラになり得ることを実感しております。

 
 そう。私たちはこの閉塞の時代に一塵の風を吹かせることができる。


 おかげさまで、さまざまな行事に楽しみながら参加し、かなり失敗しながら、たまに上手く行きながらみんなで笑いながら生きてます。これからも、風を吹かせて行きましょう!

 
 

 ※現実側にいる仲間たちには新たに「フクフク丸」にリンクしようとは思いわないのですが、フクフク丸側にいる皆さんにも仲間として「現実の私」にリンクしていただけるような何かが無いものかと考えておりましたが、今年の春に友人に誘われてfacebookを始めました。

 当初は実名登録での交流に戸惑うこともありましたが、なんだ始めてみれば結構、偽名登録あるじゃんか(笑)。まぁ、それはそれで、登録して繋がっておけば私の更新する記事も見られますのでそちらも是非。
 みんな「繋がり」を求めていて、そして繋がる事でつまらないと思っていたそれまでの日常が少しでもきらめくのであれば、それが良いのだろうと思います。
 私は、さらにその繋がりで何をできるのかを模索しているところです。

 よろしければ、facebookでも交流しませんか?
 鍵コメでも頂ければ、速攻で友達申請しちゃいますので(笑)。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1565-2feb143a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。