フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 03 » 04
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/04/30 Mon  09:35:45» E d i t
 » かくれんぼ その4 
 今や国民的人気漫画となった「ワンピース」。

 主人公ルフィの「兄」エースが“別れ際”にこう言う。
 「(こんな俺を)愛してくれて・・・・・・・・ありがとう!!!」


 話の内容を端折ってただセリフだけ抜き出すと何の感動も伝わらなくて申し訳ないのだが、その辺はワンピースを読んで頂きたい。
 漫画はある程度読んで来た方だとは思うけれども、おそらく(どのような場面設定であったとしても)素直に「ありがとう」を言った少年漫画のキャラクターはそんなに多くないはず。照れ臭いから言わない。セリフとして使わないワードだったんじゃないだろうか。「サンキュー」「グラッツェ」「どーも」とかなら何度か見たことあるけど「ありがとう」は滅多にない(はず)。


 

 
 
 この「ありがとう」という言葉、伝えそびれたことがあまりにも多いことにふと、気付く。


 自分は自分だけで生きていると勘違いするのは、それは恐らく前を向くことで精一杯だから。
 運の良いことに、私は自分自身を見失った時にも、そうでない時にも必ず、自分の傍に“仲間”がいてくれる。そして“仲間”は、私にとって指針であり、エールであり、時に壁であり、そして宝である。

 
 この“仲間”と共に過ごす時間や経験=人生こそが「ひとつなぎの財宝」なのではないだろうか。




 子供の頃に出会った仲間、小学生の頃、中学生の頃、高校の頃、大学の頃、社会に出てから、つい最近・・・自分が生きて来た時間の中でたくさんの仲間ができる。
 
 先日、私は「大人になってから仲良くなった友人」宅でエキサイティングな体験をした。


 酒飲んで互いの来歴を語り合って、共通の趣味の話題で盛り上がって・・・というのは良くある風景だが、その友人とは「説明不可能な共通項」が多過ぎるという不思議な感覚がある。

 たまたま思いついた一言が、二人の中の「小学5年生の自分」を焚きつけてしまった。

 もともとは共通の知人に贈るためにスケッチブックに二人で描いた合作の「マッスルドッキング」のイラストがキッカケだった。

(マッスルドッキングとはキン肉マンに出て来る、キン肉マンのオリジナルホールド、「キン肉バスター」と「キン肉ドライバー」の合体技であり、キン肉マンとキン肉マングレートが協力して相手タッグに仕掛けるマッスルブラザーズのフィニッシュホールドである。 民明書房刊「ああ、麗しの昭和ジャンプ」)

 友人が私の似顔絵でステカセキングにキン肉ドライバーを、私が彼の似顔絵でサンシャインにキン肉バスターを仕掛けた絵を描き、合作を仕上げる。・・・彼は全く下書きというものをせず、いきなりサインペンでさらさらとそれを仕上げ、私もそれに続く。

 

 ・・・友達と、絵を合作したことはありますか?

 ・・・ある ならば、それはいつですか?

 ・・・小学校5~6年生頃じゃなかったですか?


 「このスケッチブックに、漫画を描こーよ。お互いに1ページずつ、描いている間は見ないようにして、そのページが完成したら、そのページにストーリーが続くように代わり順番で描く。どう?」と、無責任な提案をする私。



 ♪不思議なものだ 子供の頃は 大人になんてなれないの~に
 大人になれば ときめくだけで いつでも大人になれる~♪ 福山雅治「生きてる生きてく
 


 「えへへ。それ、いいねー。やってみようか。」と、ノリで受ける友人。


 そして、二人の大人が“酒を飲める小学5年生”と化して、ワクワクしながら漫画を描き始める。なんてファンタスティックなんだろう。起承転結という概念は皆無、起・転・転・転・転という“作品”が走り始める。

 漫画家になりたかった「あの頃の自分」は「漫画家になる方法」に出会っていたんだ。

 漫画家になる方法は「漫画を描くこと」だった。方法論だとか売れっ子になるための道筋だとか、そういうことは「プロの漫画家」への道のりであって、その遠き道のりと、揃えなければならなそうな道具の種類と・・・そしていつしか描くこと自体をしなくなっていた。

 描かなければ漫画家にはなれない。描けば、もしかしたらなれるかもしれない可能性が生まれる。
 「ただそれだけ」のことだった。


 自分がノートに描いた「作品」を、クラスのみんなに見せる。何らかの反応が得られる。また次の「作品」を創作する・・・ちゃんと、自分は素直にそうしていたでしょう?

 「うまいね」って言われたらうれしかったでしょう?そうじゃない反応は辛かったけど、どうしたらもっと楽しませることができるか考えたり、君には僕の作品は分からないんだよって思ったりしたでしょう?

 
 一番、大切なのはそれなんじゃないかな。
 銭、金に結びつくかつかないかよりも、やりたい事をやってるかどうか、それを世間に問いかけてるかどうかってことなんじゃないかな。


 奇しくも、彼の奥さんが「なんかすごい二人ともイキイキしてるよ」と言っていた。


 
 私は「自分の中でかくれんぼしていた自分」をハッキリと見つけたんですよ。その時に。そして、同時に「彼の中にかくれんぼしていた彼」も見つけた。それを続けられるかどうかは分からない。でも、確かにそこに二人の少年が目を輝かせていた体験は「黄金の経験」である。


 今、これまでもこうしてブログで思いを発信して、発信し続けて、誰かが共振してくれる事によって、私は見つけ続けてきたのだと確信する。探して、見つけて、また発信する。それに誰かがまた共振してくれて、その誰かが新しい発信を繋げて行く。

 
 それっぽく名づけるならば 「自分流」。

 
 


 それは別に世界が変わるような発見でも変化でもないけれども、私がこれから変わって行くには十分な発見であり、変化につながるものだと直感した。この変化はいずれ、世界を変えることに繋がるかも知れない。繋がらないかもしれない。でも、可能性はゼロじゃなくなったってことだ。


 
 そして、これまで自分を作って来たすべての出会い、出来事がどうやって今の自分を作って来たのかを遡って思ってみた。


 「ありがとう」を伝えられず来たことの、なんと多いことか。

 だから、冒頭のエースの言葉に激しく胸を揺さぶられたんだ。

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
俺は 政治家王になる。
今 テレビで ワンピーの再放を 3本立て 観ました面白かったです。エース 愛してくれて で 検索中です。エースの人生 白ヒゲになれたのかなぁ~
ルフィーの人生 そして 白ヒゲの人生
正義と悪とは~。アニメ同好会(名前検討中
今 ワンピース 名言集 を ウェーブで 観ています。ワンピース 面白いですね。最高。
今夜は パイレーツ オブ カリビアン テレビで 観れますね。最高ですね。映画同好会(名前検討中
2013/07/20 Sat 12:27:25
URL | 村石太キッド&検索マン&オヤジ-ッ #.PHYr1v. Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1553-8ff5f171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。