フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
04 « 2017 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/04/03 Tue  08:05:03» E d i t
 » 火曜一言 
 「オール オア ナッシング。」


 そんな選択が許されるほど、俺ら偉くないですよ。


 
 得る時はちょびっと。


 失う時は ゼロ よりも重たいマイナスがくっついて来る。



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
権益構造
 「構造の底に穴が開いてるなら、そこから漏れ出す分よりももっとたくさんの水を注げば、その器は満たされ続けるはず」

 そういうムードがあった気がします。私が子供の頃の世間には。まあもっとも、その穴はよほど勘繰りの強い人やひねくれた人からしか見えない位置に巧妙に、それでいて確実に開けられていたのではないでしょうか。

 「勉強して偉くなりなさい。」

 偉くなった末にあるのは「権益」だからなのではないでしょうか?「権益」とは無縁な庶民が生活の中で拠り所とするのは「偉くなくとも正しく行きよ」という清貧の思想のように感じます。
 しかし、それでいながら子供たちに対して「勉強して偉くなりなさい」と言うのは、自分たちの拠り所である「清貧」というものがいかに頼りない物であるか、「権益」というものに依ることによってどれだけ安定的な物質的生活を送ることができるであろうかという憧れのようなものを、自ら子供たちに伝えてしまっていることに他ならないのではないでしょうか?

 
 今は、巧妙に開けられていた穴を見つけた人たちが我れ先に次々に穴をあけ、器はもはや器としての用を為しておらず、注ぎ入れる側の人数も思いも全てが細く弱くなってしまっている状態だと思います。


  税と社会保障の一体改革・・・社会保障の方を下げるという前提はあり得ないんでしょうね。
 ここまで保護されたら、もう保護なしでは生きられない。

 でも、そういうのを見殺しにもできない。

 キレイゴトを言う連中が実は甘い汁を吸っているために「キレイゴト」で世の中を扇動してるなんて、みんなそんなこと思いたくも無いんでしょうね。

 何となくは感じていても、そうはっきり言葉にできない曖昧な思いみたいな感じでしょうか。


 「じゃあ、どうしましょうか?」

 ってなった時、「その甘い汁を吸ってる連中から、甘い汁を自分たちに取り戻そう!」ってなりますけどね。取り戻した結果、今度はそれが権益になっちゃう。

 面白いものです。
2012/04/08 Sun 06:54:59
URL | フクフク丸:to テツ 師匠様 #oKAhFFW. Edit 
その逆で
ローリスク・ハイリターンを約束されている人達もいますね。

銀行への公的資金注入や、先の事故絡みでの東電への国からの援助。

リスクはみんな持ち、リターンは自分の懐へ…こんな楽な商売ありません(笑)。
結果、庶民はハイリスク・ローリターンな生き方を強いられる…と。


旧共産圏の国々が滅びた原因として

『自分の財布からは考えて金を出すが、他人(みんな)の財布からは考えずに金を出す。』

と言う事を指摘していた経済学者がおりましたっけ。

『日本は世界でも稀に見る成功した社会主義国家(イデオロギーによらない)』
と評されたりしてましたが、旧共産圏の国々の例に違わず、そろそろ構造的な崩壊を迎えているのかも知れません。


私は悪意ある人間についついつけこまれてしまう様なお人好しの日本の国民性は大好きです。

しかし、穴が開いた容器にどんなに水を入れても、いつまでも満ちる事が無い様に、我々庶民がどんなに誠実に勤勉に日々働いても、穴が開いている限り、報われる事は無い様に思います。

今回の税と社会保障の一体改革にしても

中学生が不良に

「おい!お前ら一人頭3000円カンパしろよな!」

などと、体の良いカツあげを受けているのと、どう違うのか疑問です。
2012/04/06 Fri 17:28:18
URL | テツ(肉体改造家) #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1546-5b7e4b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。