フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/03/24 Sat  03:40:43» E d i t
 » 歴史 
 フクフク丸のあずましいblog を始めたのが2005年3月24日。


 今日はこのブログの誕生日。


 例年、この日は自分で自分を褒めるような内容の記事を面白おかしく書いて来たのだが、去年は東日本大震災があり、全然こんなことを自分自身で祝う気になんてなれなかった。ならなかった。塵も積もり積もったり7年分。ここには私と私を導いて下さる皆様との思索と雑談の「歴史」がある。


 「十年ひと昔」と言われるが、最近では世の中の移り変わりが早くて「三年ひと昔」とも「去年は遠くなりにけり」とも聞いたりする。「三年ひと昔」だとするならば、すでにふた昔ちょいも前のコミュニケーションツールを大切に使い続けていることになり、ブログというコミュニケーション手段は実にしっくりと私の性格と生活に馴染んでいるのだろうと我ながら思う。

 
 例えば、道を進んで来た自分は道を歩み始めた頃の自分と比較して「優れている」だろうか?と自問する。よく「成長」「進歩」という言葉が使われるが、確かに文章を書き込む速度くらいは明らかに進歩していると言えるが、それ以外は変わった部分もあれば、変わらない部分もある。

 だから比較などできないというのが答えになる。
 
 確かに写真を撮影してみたりもしてその部分は例外として、自分のブログを読み返していて思うが、少なくともブログを書くことそれ自体の「成長」や「進歩」を私は目指していないのだと思う。だから、これを読む皆様にとってすぐに役立つような情報なんてほとんどないだろうし、目新しさを追い掛けない分とくに話題になるような記事もあまりないはずだ。


 何度も推敲するでもなく記事をアップ、ただひたすらに現在の自分を見つめ、現在の思いを自分の言葉で書き綴っていることで何度か焼き直しのように似たような文章もあれば、同じようなテーマでも時間の経過とともに微妙に別な意見が出て来たりしている。人間として、男として「成長」できているかどうかは別として、自分という存在と歩みの形跡を刻んできている事には違いない。

  
 悪くない。


 出発の時点で何かに専門化することを放棄、気を抜いたり入れたりしながら自分の興味のある事を更新して行くと宣言しているが、その宣言とおりになっていると思う。


 
 今日はこのブログの誕生日。
 とても特別な日で、とても普通の一日。


 私がこれまでに書いてきたたくさんの記事と、時間を超えて交差するのであろうたくさんの人たちに心から感謝します。過去の記事にアクセスされました際も、コメントを下されば現在のフクフク丸は必ずコメントをお返しします。


 では、今後とも気を抜いたり入れたりしながら更新して参りますのでよろしくお願いいたします。



  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニュートラル
 おはようございます。

 プロレスラー前田日明が三沢の死の際に雑誌インタビューで答えておりました。「投げっぱなし、落としっぱなしの技なんて、人殺しの技なんだよ。俺ら、道場で一番最初に教育されるのはプロレスの技は殺し合いの道具じゃないって。ヤる時には投げのクラッチを外すのが一番早いって。」

 基本、私のブログは「投げっぱなし」をしないように気をつけています。


 私がブログを書くときに気をつけていることは数点あります。

 ・ただの批判で終わらないこと。(荒唐無稽でも自分の意見を提案する)
 ・できるだけ自分が見たり聞いたり触ったり…体験、体感したことを元に記事を書くこと(新聞や雑誌やネットの誰かの意見や報道だけを判断材料にしない)
 ・他者をおとしめるような書き方をしないこと。
  
 それと、7年間の間に特に自分が変化した事と言えば先日もブログ記事に書いた通り「他人に必要以上の期待をしない」自分になって来たということだと感じます。

 いわゆる、本来的な意味での“マイペース”を実現しているというか「自分のペースで更新して行きますので、まぁ、お暇ならどうぞ。」といった内容で、カッコ良くない人生をいかにカッコつけて生きたいのか、また、そう思いながらも全然そうなっていないなりに、それなりに人生で起こる様々な出来事や感じたことなどを書き綴っております。

 
  
 >人は様々な面があり、また変わってゆくものでもありますから、初めから一貫性を求めようとしたり、あるいはのめり込み過ぎても無理があるのだと思うのです。


 そうですね。感覚的には“ニュートラル”でいられるような自分を意識しています。
 よく「中庸」という言葉を聞く時に、バランス良く自分の快適な範囲から出ないことだと思われがちですが、私は右にも左にも縦にも横にも斜めにも自分の可能性は広げた上でありつつも、どこにでもギアを入れる事ができる状態に自分を置いておくことを「中庸」と定義づけています。勝手に(笑)。

 
 マニュアル車のギアみたいな。状況に合わせてギアチェンジ。

 なので「どっちつかず」ではなくて、どっちにもつけるし、どっちにもつかないこともできる。そういう自分でありたいとは思っています。
 そのために色んな事を勉強し、色んな経験を積む。色んな事を考えて、小さくとも…たとえ後からそれが間違いだったと気付いたとしても…自分なりの意見を持つ。自分の「正当性」に固執しないようにする…難しいけど(笑)。

 
 今後ともよろしくお願いいたします!
2012/04/02 Mon 03:41:10
URL | フクフク丸:to テツ師匠 様 #oKAhFFW. Edit 
遅ればせながらおめでとうございます!
私自身振り返ればこの7年、様々な事があったな…と。

文章を書く事自体は放棄していませんが、ブログと言う表現方法としては挫折して現在に至る私です。

丸さんが7年同じブログを続けていられる秘訣と言うものを私なりに考えてみたのですが、ブログと言うものに対する距離感と言うか、熱のいれ方と言うかが、ご自身でも指摘されている様に適正であったのだと思います。

人は様々な面があり、また変わってゆくものでもありますから、初めから一貫性を求めようとしたり、あるいはのめり込み過ぎても無理があるのだと思うのです。

結局のところ、私の場合、自由な表現手段と思っていたブログに様々な横槍が入る事によってやめてしまいましたが、よくよく考えてみれば人の目につく以上、完全に自由な表現の場などないのだなと言う結論に達しています。

それは肥っている人を目前にして、「肥っていますね」と言えば、紛れもない事実であっても角が立つと言うのと一緒です。

現象があったとして、それをありのままに吐き出すと言うのではなく、現象を通じて自分が何に気付き、何を思い、何を決意したのか、当たらず触らずでありながら伝えたい核心を捉えた文章…そんなものに私は憧れますが、継続と言う事も含めて、まだ書く自信はありません。

この7年、読んでいて噴飯ものの面白い記事もありましたし、考えてさせられる記事もありました。

ただ一貫して言える事は丸さん自信が書く文章をとても大切にしていると言う事、自分の本意でなくても何かの手段のために言葉を吐き捨てたり、垂れ流したりしないと言う責任感、そう言う文章に対する誠意を常に感じて、私はいつも気持ち良く読ませていただいておりました。

これからも、どう言う形であれ、ご自身に納得の行く形で、愛情に溢れたブログを続けて行かれる事を切に希望いたします。

7周年おめでとう! 
2012/03/30 Fri 20:39:57
URL | テツ(肉体改造家) #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1544-59bdaadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。