フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2012/02/08 Wed  18:02:32» E d i t
 聞いた話によればどうやら2012年というのは人類にとってターニングポイントだと言うではありませんか。



 宇宙人が人類の前に姿を現すとか、人類が滅亡するとか、マヤの予言がどうだとかこうだとか私が大好きなトンデモ情報が「2012年」というのをひとつのキーワードのように語っている辺りが興味深いですね。実際に、予言や終末観が大好きな我が国では実際にその引き金ともなり得るような天変地異や自制の利かない文明進歩がもたらした人災が発生し続け、人々の心も疲れ果てていますからそういう話にすがりたくなる気持ちは良く分かります。


 すがってるんですよ。


 この先、明るい未来を思い描くことができませんから「どーせなら終わっちゃわないかなー」って考えて。しかも「どーせ終わるんなら思いっきりドラマチックで、誰も言い訳不可能、説明不可能な終末が来ないかなー」って。
 例えば我が国で言えば経済が破綻して思いっきりド貧乏になって餓死者が出たり病気が蔓延してしまったり、お隣の国の政情不安が飛び火して来て国土が戦場と化してたくさんの人たちが犠牲になったりという、現実的に起こり得ることには目を向けません。

 だって、あまりにもリアル過ぎて怖いから。
 

 だから、現実逃避なんですよ。それでも2012年というキーワードはずっと前から提示されていたものですし、それに向かって人類が跋扈する世界の方は明らかに破滅の方向に向かって来たことは疑いようのない事実ですから、それを懲らしめるために「神様」とか「宇宙人」が登場して欲しいと願うのは、怪獣が暴れ回っているからウルトラマンに出て来て欲しいと願うのと同じことです。ただ「怪獣」が自分たちと同類の「人類」だったというだけの話で。

 どこかで誰かにブレーキを掛けて欲しい。
 でも「誰か」がどこかで踏み込んだアクセルを離さない。
 アクセルを離してスローダウンした世界も想像できない。
 だから自分もアクセルを離せない。
 自分だけはいつでもアクセルを離せると思い込んでいる。
 なのにいつの間にか踏み込んだアクセルが足を離しても戻って来ない。

 どこかでアクセルを離さない「誰か」が「自分」だとみんな実は気が付いている。


 さて、「その状態で大きなカーブに突っ込むよ」というのが今の時代の正体でしょう。
 見通しの良い直線道路は終了。

 
 どうなる?
 上手く曲がりきったとしても先は見えない。

 ブレーキ掛けてゆっくり曲がってもその先の道がどうなってるかなんて分からない。

 いっそフルスピードでカーブに突っ込んで一か八かドリフトでも掛かればタイヤはまた擦り減るけどこのコーナーはやり過ごせるか。路外に逸脱して大炎上するか、意外にも逸脱した先に誰も見たことのない新しいコースが広がっているのかもしれない。


 カーブ突入は避けようのない事実。
 幾ら目を逸らしても事実。だから、目を逸らす。

 言い訳不可能なくらい、説明不可能なくらいの「神風」でも吹かないだろうかと。


 
 そんなもん、吹きませんよ。
 人類が滅ぶような事は起こらない。起こってくれない。


 昨年、東北地方を襲ったあの大地震、大津波。
 それを延々とテレビ画面を通して見続けていた日本。無力感。脱力感。全てにおいて圧倒された。
 原発事故。不安。絶望。戸惑い。誰も真実を伝えない、何も信じられないことの再確認。

 生きる希望と力強さという表面的な報道と、冷酷すぎるほどシビアな現実。


 
 私たちはみんな、たくさんの事を一気に経験したのです。
 そして、私はひとつの答えを先日見ていたDVDのセリフの中に見つけました。


 「私、中の下じゃないですか。だから、頑張るしかないんですよ。頑張るしかないんだよ。」
  (『川の底からこんにちは』木村佐和子:満島ひかり)
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・ 

 私、頑張るの嫌いです。
 背伸びなんて大嫌いだ。面倒臭いことは増えて来るし、今までしなくて良いことしなきゃならなくなるなんて嫌だ。


 でもね、やりますよ。
 頑張るなんて言葉は嫌いだ。なんて余裕かましてる場面じゃないですから。
 だから頑張る。

 私が頑張るからあんたも頑張れなんて言わないですよ。
 私は私のために勝手に頑張って行くだけです。

 
 「明日 世界の終わりが来ても ダンスナンバーで 踊り続けよう」(ダンスナンバー)
 「見て来たことや 聞いたこと 今まで覚えた全部 でたらめだったら面白い」(情熱の薔薇)
 「ドブネズミみたいに美しくなりたい」(リンダリンダ)


 なぜか、ブルーハーツのあれやこれやが胸に去来するこの頃なのです。
 生きるために必死になる姿は汚くて、臭い。でもそれが美しい姿なのだとそういう思いをもう一度思い出さなきゃならないだろ。
 

 ・・・・・・・・・
 

 いろいろ考えるのですよ。
 「UFOって“未確認飛行物体”だからUFOなんだよね。じゃあ、フツーに確認された後はただの“飛行物体”すなわちFOになるのかな~」とか「長年に渡って全人類のファンタジーであり続ける宇宙人が姿を現す時が来るとして、その目撃者になれるんだったらそれはラッキー」とか。



 そんな自分と、あんな自分が混ざり合いながら今日も私は鼻歌を歌いながら生きてます。
 
 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ、その手があったか!
 >放射能除去装置!

 宇宙戦艦ヤマトのDVDをちゃんと見直して勉強し直しておきます。ヤマトと言えば波動砲とかワープとかデスラーとか沖田艦長とか、キーワードしか知りません。これは勉強不足ッ!!痛恨の極みッッ!!

 カスピ海の湖底に巨大な何かが沈んでいるのが見つかったということですので、多分それが宇宙戦艦だと思います。イスカンダルへ発進!!


 (説明不要とは思いますが)スクールウォーズという青春熱血ラグビードラマを語るうえで大切なエピソードがあります。賢治(説明不要とは思いますが主人公・滝沢賢治=山下真司)が回想シーンで野球部のエースで4番だった中学時代に仲間の失敗をこっぴどく叱責したとき、恩師に 「信じ、待ち、そして許す」ことを諭されるのです。

 それを再再再放送くらいの夕方ドラマでみた中学三年の私は「信じ、待ち、そして許す」という、岩場・・・もとい、言わば人生哲学とも呼べるような一言に出会ってしまったというワケです。

 エースでも4番でもない、さらに野球さえやっていない中学生が、一丁前にもその人生哲学の方だけを胸に掲げ、青春という名の情熱吹き荒れる人生舞台に挑んで行く。フクフク丸15歳の春であった━。

 
 ・・・であった━。じゃなくて・・・


 自分を支えてくれる家族や友人、知人、多くの人々に対しての基本姿勢はそれで良いと思うのです。中にはどうしようもないヤツもいますけど、「基本姿勢」はそれで良いと。
 
 しかし、さまざまな出来事や報道や伝聞や噂話について表面ばかりを撫でまわすかの如く何の疑問も持たずに鵜呑みにして、その裏側にどれだけ多くの真実が隠されているのかを推測もせず、テレビで喋ってる他人の解説を繋ぎ合わせてあたかも自説であるかの如く演説するような者たちを私は信じませんよ。ということです。


 「ヘイYO!せっかく頭がついてるんだし、世の中が学問しても良いんだYO!っていってるんだし、ちゃんと世の中のこと見聞きして、自分の頭で考えろYO!学問はそのためにあるんだYO!偉そうなことばかり言ってるヤツらに騙されるじゃないYO!ヘイ!一人ひとりがきちんと独立して、国がちゃんと独立するんだYO!」

 現代語に訳すると、このような有難い真実を明治維新の頃に言っていたから福沢“ジャストミート”諭吉が壱萬円札の肖像画になっているという事実をもっとみなさん噛み締めるべきです。

 あ、ありがたく礼拝しようと思ったのに、吾輩は猫である人が3人ばかりこちらに微笑みかけている本日の私のお財布サンなのでした。

 
 それと、強く思う事があります。
 
 この前も政府と東電があの大震災から原発事故までに何をしてたのかという調査報告書が発表されましたけれども、それを批判してばかりもいられないということです。

 自分が彼らの立場にあったとしたら、自分ならばどうするのだろうか、本当に彼らを非難できるような判断ができたのだろうか。何が優先で何を後回しにするのか、後回しにした何かを手放す事になったとしてもそれに対しても後悔や批判はずっとついて回る。そういう瞬時の判断指針というものを本当に自分は持っているのだろうか。

 あまりにも無駄に批判や非難にエネルギーを使っている人が多いと思うのです。
 指導者が馬鹿だからこの国が悪くなるのだと思っている人がいるのであれば、それは自分で自分を馬鹿だと言っているに過ぎないのです。それ自覚してて言ってるならまだしも、自分はお利口さんだと思ってるもんだから始末に負えない。

 
 大阪府知事から大阪市長にハシモトさんがなって、マスコミが騒ぎやすい話題を振りまくので彼なら何とかしてくれそうだとか思ってる人たちが多いみたいですけど、本当に自分のことを何とかしてくれる・・・何とかできるのは自分だけだという「肝心要」を置き去りにして「誰かが何とかしてくれる」と他人や制度にすがっている姿は、カルト信者とさほど変わらんと思うのです。
 

 せめて自分が良い、楽しいと思う世界に、自分の手が届く範囲くらいは変えて行きたいと、そういうことで現在、リア充している者です。
 自称、世紀末救世主ということで(笑)。伝説作りましょう!一緒に!!


 そしてぇ~、信者からぁ~、金品巻き上げてぇ~♪えへへ(笑)
2012/03/02 Fri 15:13:30
URL | フクフク丸:to テツ師匠 様 #oKAhFFW. Edit 
何が起きても変じゃない
♪そんな時代さ~ 覚悟は出来てる……いや出来てない(笑)んで、終末論的なものにすがるんでしょうね。

しかし、信じてお任せして来たものが、実は実に頼りにならないものだって気付いてしまった以上、今更大した根拠なく、新たなアヤフヤなものを信じてお任せしようって気にはなれないです。


信じれない、お任せ出来ないって事は、今までとかくネガティブなものと捉えられて来ましたが、311以降、お上にしろ東電にしろ、闇雲に信じてお任せして来た事がいかに危うい事であるかを多くの人が認識したと思います。

疑う事は悪い事ではない。むしろ盲信は罪ですらある。

そう言う流れに人々の意識がシフトして行けばいいなと私は思います。

あらゆる事を疑って、徹底的に検証してゆく必要があると思います。

その結果、地球に飛来する宇宙船とその乗員が信じるに値するものならば、この際委ねてみましょう!地球の未来を。

放射能除去装置(コスモクリーナー)は遥かイスカンダルにしかないそうですからねぇ…。

と言う訳で…

『ヤマト』発進!!

2012/03/01 Thu 00:11:38
URL | テツ(肉体改造家) #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1526-af02e634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。