フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2011/06/29 Wed  16:10:20» E d i t
 » キン肉マン GO FIGHT! 
 心に愛がなければスーパーヒーローじゃないのさ!


 キン肉マンは、なぜか若さとシブさの間で揺れるナイス30代には語られにくいマンガだと思うのだ。かつてあれほどの人気を誇り、それはある程度男女問わずな部分もあるのだが、私自身もそうだが80~90年代ジャンプのマンガを熱く語る場合、その題材は「ジョジョ」「北斗の拳」「男塾」になっている事実。



 そういえば、ドラゴンボールもそんなに熱く語られない。なぜだ?



 
 人気があり過ぎたのと、中盤以降ストーリーが単純化してキャラクターを入れ替えて同じような事が繰り返すようなループにハマったからなのだろうか?それとも、主人公のドジさや軽さ、頭の悪さが感情移入しにくいのか。もしかしたらキン肉マンとドラゴンボールに共通した事と言えば「途中で飽きてしまった」ということだ。



 飽きるということは、魅惑されてなかったってことかなぁ。


 
 いや、待てよ。あぁ。そうか。私の場合・・・友達もほぼ同時期にだから「私たちの場合」か・・・、キン肉マンから生身のプロレスに興味が移ったんだった。キン肉マンの奇想天外な技がマンガだけの技になってくるのと同時期に、猪木を知って馬場を見て、ハンセン、ブロディ・・・実在する「超人たち」が繰り広げるロマン無限のファイトに興味が移ってしまったんだ!

 
 そもそも私がブログを書く時に主に使っている「私」という一人称は猪木発~キン肉マン経由~なのだ。




 私は(ドジで)強い(つもり)のキン肉マンに、私は憧れていたんだった。


 
 しかし、それにしてもアニメ主題歌の「キン肉マンGO FIGHT!」は良い歌だ。難しくない歌詞と、テンポ良く熱い気持ちとギャグがミックスされたメロディーが端的に「キン肉マン」の世界観を表現していて、とっても好きだ。

 
 
 我が家の子供たちは2歳からこの歌を歌えるように仕込まれることになっている。なっている・・・というか、私がそのように指導しているのだが(笑)。
 つまり8歳の長女ですでに6年、6歳の長男で4年の「心に愛がなければスーパーヒーローじゃないのさ」歴があるのだ。
  


 結果、何の疑問も持たずに他の童謡と共に歌のレパートリーにこの歌が入ることになり、誰かがふと口ずさむと家族みんなで大合唱できてしまうという、他所から見たら異常事態が発生することになるのだ。
 

 最近、近所のTSUTAYAにてキン肉マンのDVDを発見し、順番に借りて来て家族で見ている「我が家」です。ちなみに現在、アニメの中で2度目(第23回らしい)の超人オリンピックでウォーズマンとの決勝戦を前に、大雪山に籠って特訓、キン肉バスターを初披露した辺りです。
 ものすごく面白いです。
 えー、こんなに面白かったけか?って思うほど面白いし、見ていてワクワクする。

 他のアニメ番組のパロディーとか、野球選手のギャグとか、ものすごく表現の自由度が高いんですよね。
 
 子供の頃はストーリー進行の邪魔にしか思えなかったキン骨マン軍団の話も、アデランスの中野さんも、与作さんも、あぁもう、あれもこれもがこれほどまでに愛おしく思えるとは!!

 DVDを見ている時は、8歳の長女と同じ年頃にリアルタイムで同じ番組を見ていた頃の私に戻っているに違いないのです。そして、とりあえずアニメに出てくる技は弟や友達とすべからく試してみたあの頃と同じように、今なお同じように肉体にキン肉マンを染み込ませている我が家です。



 
 特に長男 まるもい の中のトキメキパワーが爆裂し、毎日のように「お父さん、キン肉バスター掛けてみて」「ねぇねぇ、ザ・摩雲天をやっつけたテリーマンの技って、ブレーンバスターって言うんだよね?」「初代キン肉マングレートと、2代目グレートって何が違うの?」とか、実に・・・実に、実に好ましい質問攻めに、父は喜びを隠せぬのです。

 
 

 ちなみに「我が家」のなかに嫁さん。も含まれてしまう所が我が家の強みです

 割と子供のチャンネル権が無くて、(子供にとっては)つまらないナイター中継ばかりを見せられてアンチ巨人どころかプロ野球そのものを嫌いになってしまうような育ち方をしてきた嫁さん。の一家もなぜかキン肉マンだけは見せてもらえたらしいです。

 


 屁のつっぱりは、いらんですよ。


 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
悪魔にだって友情はあるんだーッ!
 ファミコンのキン肉マンで、ブロッケンJr.の使用禁止条例が可決されたのはいつの頃でしたか。
 作中にて彼の毒ガス攻撃という物を拝見した事がございませんが、ラーメンマンにラーメンにされてしまった彼の父親が使用しておりましたことを先日、アニメで確認しました。

 
 そんなはぐれ残虐超人の私です。王位争奪編の頃にはすでにリングアウトしておりました。スクリューキッドのように。

 大人の太い足で締める首四の字固めがこんなに苦しかったなんて知らなかったあの頃、テリーマンなんて正義超人最弱だと思っていた自分を強く恥じる今日この頃です。
 思えば彼は体重500kgを誇る柔道着を着た岩石悪魔をブレーンバスターしたこともあるではないですか!義足だなんて、遠い昔のタワゴトさ・・・


 是非、近いうちにGO FIGHT! しましょう。
 その際には 「ぴっこ&まるもい vs きすけ&フクフク丸」 の夢の超人タッグマッチをメインイベントに開催いたしましょう。 
2011/07/05 Tue 14:18:49
URL | フクフク丸:to きすけ 殿 #oKAhFFW. Edit 
恐らくマッスルスパークを丸殿が体得されていた頃、私は毛布によるミイラパッケージを兄に繰り出されていた事と思います。

そんな兄への復讐としてベルリンの赤い雨を練習しましたが、あえなく張り手一閃で撃沈。

薄れゆく意識の中、テリーマンが義足だった事をふと思い出しながらゆっくりとダウンするのでした。

素晴らしい家族ハーモニーに是非私も今度交ぜて下さい(・∀・)走って滑って見事に転んで見せましょう。
2011/06/30 Thu 14:58:43
URL | きすけ #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1473-f93b044c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。