フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/08/02 Mon  17:33:21» E d i t
 » 巡り来る人生 
 人生は多くの人たちと共に歩む、自分だけの道だ。

 時代を共有する人たちの中には、その時の自分を大きく成長させてくれたり、どこかで心に引っ掛かっていてそれが長い時間を経た後に芽が出て膨らんできたりするような、自分の人生を左右するような存在が必ずいる。

 青春時代に先輩として登場した人々が繋いでくれた「縁」を辿り辿って、今、私がここにいることを思い返していたら、そのうちの一人から電話が掛かって来て久しぶりにお会いして来た。


 先輩から繋がる「縁」、先輩から離れて後、私が自分自身で作り上げてきた「縁」。


 今思えば、若い頃に畏れ憧れていたのは先輩達が持っていた「縁」だったのだろうと思う。何をそんなに恐れていたのだろうと今ならば思うが、学生生活から解放されたと思いきや「縛りの無くなった不安」の中に迷い込み、世間を渡って行くにあたって何も持っていない自分の頼るべきものが「資格」や「技能」「知識」だけだという間違った認識を、ゆっくりと解きほぐしてその呪いじみた勘違いから解放してくれたのはその時、その場所、そのタイミングで出会った人々との繋がりであり、それを大切に温めて来る中で育まれた「縁」という、新しい「縛り」だった。

 それは自分を自分に繋ぎとめておくための「縛り」であり、自らの動きを制限することもあれば、飛躍的に自分を高めてくれる場合もある。縁を大切に育むこと、その育んだ縁によって自分を向上させてもらえるように自分自身を変えて行くこと。

 それこそが、何もないと感じていたあの頃の自分が求めていたもの。


 今、たくさんの「縁」によって自分は支えられ、また、押さえつけられている。


 それが成長したということなんだろう。

 
 久しぶりにお会いした先輩はますます縁を広げ、強めていて、私は私の縁を作り上げていて、そうして縁と縁とが重なりあって、私の人生は進んで行くのだと思いを新たにした。


 縁を大切に育み、また、それによって育まれるような自分であろう。

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1330-74c83dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。